がんポータルサイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

乳房再建手術とは? 手術の種類・それぞれの特徴について解説

乳房再建手術とは? 手術の種類・それぞれの特徴について解説
松本 広志 先生

埼玉県立がんセンター 乳腺外科 科長

松本 広志 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

乳がんの手術後には、切除した乳房の形をつくるため乳房再建手術を行うことがあります。乳房再建手術には、どのような種類があるのでしょうか。また、それぞれの手術の利点と問題点には、どのようなものがあるのでしょうか。

今回は、外科医として乳がんの治療に携わっていらっしゃる埼玉県立がんセンター 乳腺外科の松本 広志(まつもと ひろし)先生に乳房再建手術についてお話を伺いました。

乳房再建手術とは、切除した乳房の形をつくる手術です。切除していない反対側の乳房と同じような形をつくることを目指して乳房を再建し、乳がん手術により失われた乳房を取り戻すことで患者さんに日常生活をより健康に楽しく過ごしていただくために行われます。

乳房再建手術には、乳がんの手術と同時に乳房再建を行う一次再建と、術後時間が経過した後で乳房再建を行う二次再建があります。再建術を行うことが乳がん手術前に決まっている場合には、一次再建を行うことが多いですが、再建術をするか迷っている場合には二次再建を選択します。

また、がんの状態によって局所での再発リスクが高い場合や、術後の治療内容によってがんの手術と同時に乳房再建を行うことが難しい場合にも、二次再建が選択されることがあります。

乳がんの手術から時間が経過していても再建手術は可能?

二次再建は、乳がんの手術後、一般的には半年以上が経過してから行います。乳房を切除した場所に特別な問題がなければ、乳がんの手術から長年経っていても再建術を受けることが可能です。

乳房再建手術には、自分の体の一部を移植する方法(自家組織再建)と、人工物を使用する方法(人工物再建)があります。患者さんのご希望や体の状態、合併症の有無などを考慮しながら適した治療が選択されます。

自家組織再建は、お腹や太もも、背中などの組織を移植して行います。自家組織再建は、乳房を形成できるだけの十分な皮下脂肪を移植できる方が対象となります。乳房の大きさからどこの組織を用いるのかを決定します。たとえば、乳房の大きい方はお腹の組織を使用することが多いです。ただし、お腹の組織の移植は、お腹の手術歴、妊娠のご希望などを考慮に入れる必要があります。

自家組織再建の中には血管をつなぐ手術を伴うものがあり、動脈硬化などの血管病変のリスクが高い場合にも難しいことがあります。そのため、糖尿病喫煙の有無を確認するようにしています。放射線治療を術後に行う可能性が高い場合には、自家組織のほうが適していると思われます。

自家組織再建
埼玉県立がんセンター乳腺外科ホームページを元に作成

自家組織再建の利点と問題点

自家組織再建は、自分の組織を用いるため、自然な形の乳房ができる点が大きな利点であると思います。人工物と異なり、入れ替えなどもなく基本的には永久に使用することができます。ただし、自家組織再建の手術は長時間となることが多く体への負担が大きいですし、術後の合併症が起こる可能性もあります。

人工物を用いる場合には、まず、乳房を切除した後に組織拡張器(エキスパンダー)という円盤状のものを切除した部分に入れます。エキスパンダーにはいくつかの形があり、その中から患者さんに合わせて適した形のものを選択します。そして、日数をかけて少しずつそこに生理食塩水を注入し乳房の形を作っていきます。一般的には半年以上かけて皮膚を拡張し、その後シリコンインプラントという人工乳房に入れ替えられます。

人工物再建
埼玉県立がんセンター乳腺外科ホームページを元に作成

人工物再建の利点と問題点

人工物再建は、自家再建と比べて手術時間も短く体への負担が少ない手術といえます。ただし、長年経過後に入れ替えが必要になることが多いと考えられます。また、継続的に形態などを確認する必要があります。また、インプラントを入れた再建乳房には、まれにリンパ腫が発生する可能性があるといわれています。形成外科医がフォローアップし、毎年超音波検査、必要があればMRIなどを受けていただき、腫瘍を疑う所見がないか経過観察していくことが大切です。

自家組織再建、人工物を用いた再建のどちらがより適しているのか十分にご説明したうえで患者さんのご希望も考慮し治療を選択しています。当院の特徴は、自家組織再建手術(主にお腹、背中、太ももの組織を用いる手術)も行うことが可能であり、患者さんに合わせた治療法を選択していることです。

当院では4名の形成外科医が乳房再建手術を担当しています。日本乳癌学会認定乳腺専門医と日本形成外科学会認定形成外科専門医を両方取得している医師もおり(2021年3月時点の在籍状況)、乳がん治療を専門にしながら乳房形成にも力を注ぐ人材が乳房再建の中核となり、診療・手術に取り組んでいます。

私たち乳腺外科の医師も、乳房再建手術を行う形成外科の医師に、できる限りがんの治療方針などの情報を伝えるようにしています。たとえば、手術の後に薬物療法を行う可能性があるなど、今後の見込みも含めて情報をなるべく伝えるようにしています。そうして乳房再建も含めた治療の流れを相談するよう連携しています。

松本先生

乳房再建は広く行われるようになっているので、近隣の医療施設で乳房再建手術を受けることができると思います。再建を希望されている場合には、がん治療の主治医と早めに相談していただくことをおすすめします。乳房再建手術を行う可能性があるなら、乳がんの治療のスケジュールの組み方が変わるケースもあります。主治医とよく相談して考えていくのがよいと思います。

乳房再建手術にはそれぞれの方法の利点と問題点があります。少ないながら重大な合併症が発生する可能性もあります。そういった説明をよく聞いたうえで選択されることが重要だと思います。

受診について相談する
  • 埼玉県立がんセンター 乳腺外科 科長

    松本 広志 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「乳がん」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。