【疾患啓発タイアップ】

乳がんの初期症状とは?しこりとセルフチェックについて

公開日 2017 年 11 月 30 日 | 更新日 2017 年 11 月 30 日

乳がんの初期症状とは?しこりとセルフチェックについて
田中 覚 先生

独立行政法人 国立病院機構 大阪南医療センター

田中 覚 先生

目次

2017年現在、乳がんは、女性が罹るがんのなかで最も罹患率の高いがんです。しこりなど、気になることがあれば早めに乳腺外科を受診することが大切です。今回は記事1『乳がんの種類-ステージ判定にも影響するサブタイプとは?』に引き続き、国立病院機構 大阪南医療センター 乳腺外科医長の田中覚先生に乳がんの初期症状やセルフチェックについてお話を伺いました。

乳がんの初期症状は?

第一に挙げられるのがしこり、変形

乳がんの初期症状として、第一にあげられるのがしこりです。がんによるしこりは石のように硬く、大きさはその度合いによってさまざまです。また、しこりのできる位置が乳頭の下などですと、乳頭が陥没、変形してくることで明らかになることもありますし、皮膚に近い位置にできると、皮膚がえくぼのように陥没することもあります。

乳がんができる場所は?

半数近くが外側上部

乳がんは胸の外側上部にできることが最も多いといわれています。以後は内側上部から下部と続き、乳頭乳輪の真下に発生することもあります。セルフチェックを行う際にはぜひ参考にしてみてください。

痛みのある乳がん、ない乳がんがある

基本的には痛みがないものが多い

乳がんは、実は痛みのないものがほとんどです。胸や脇の周りに痛みを感じて乳がんを疑い乳腺外科を受診された方でも、痛みが乳がんによるものではなく、月経に伴う痛みや、筋肉痛、神経痛などと考えられることもしばしばあります。

その一方で、炎症性乳がんや神経に浸潤した乳がんなど特殊な乳がんの場合には、痛みを生じることがあります。

乳がん
炎症性乳癌(左側) 田中先生よりご提供

乳がん、その他の症状

リンパの腫れ

乳がんは、リンパの腫れを引き起こすこともあります。しかし、胸の周りのリンパは単なる炎症でも腫れることがあるため、必ずしも乳がんによるものとは限りません。また、リンパの腫れの原因が乳がんである場合には、進行したがんであることも考えられます。

骨転移など乳がんの転移について

まれに転移の症状から発覚することも

乳がんが進行した場合に、転移しやすい場所として挙げられるのは肺・肝臓・骨です。頻度としては低いのですが、転移の症状がきっかけで病院を受診し、乳がんが発覚するケースもあります。

たとえば、ただ歩いているだけで骨折してしまった方を、単なる骨折としてではなく、何らかの病気によって骨がもろくなったことによる病的骨折と診断し、詳しく調べたところ、その原因として乳がんがわかったというケースもあります。

まずはセルフチェックを

セルフチェックの行い方

乳がんの多くは、セルフチェックによって発見されます。ここでは基本的なセルフチェックの行い方についてご説明いたします。乳がんのセルフチェックは主に3つの観点から行います。

<乳がんのセルフチェック>

  • 目で見る
  • 手で触る

目で見てわかること

乳がんの症状として目で見てわかることは、乳房の変形・変色やただれ、左右の大きさに差がないかどうかです。起立した状態で、鏡をみてチェックするとよいでしょう。

手で触ってわかること

入浴時に石鹸の泡などをつけ、手の滑りをよくした状態で乳房全体から脇の下あたりを触り異変がないかを確かめます。また、乳頭を軽くつまみ、分泌物や出血がないかどうか確認することも大切です。さらに、就寝時など仰向けになり乳房を触ることで異変に気づくこともあります。

しこりを探すのではなく、月に1回異変がないかを確認する

乳がんは他のがん同様、早期に発見することができればそれだけ効果的な治療を行うことができます。検診へ足を運ぶことももちろん大切ですが、セルフチェックを行うことも必要です。

実際当院へ受診される患者さんも、ご自身でしこりに気づき受診される方が多いです。「しこりを探そう」という意識でセルフチェックを行うと、一般の方ですとなかなか判別しにくいこともあると思いますが、月に一度自己触診を行い、先月と違ったことはないかどうか、確認することが大切です。少しでも気になることがあれば、ぜひお近くの乳腺外科を受診してください。

増加する高齢の乳がん患者さんをどのように治療するか

高齢女性

患者さん1人1人に合わせた治療が大切

当院は、地域にご高齢の方が多くお住いということもあり、高齢の乳がんの患者さんも多く受診されています。ご高齢の患者さんの場合、乳がんの他にもいくつかの病気を持たれていたり、体力が落ちていたりと、乳がん治療を行う際に注意が必要となるケースも多々あります。また患者さんご本人が「乳がんを治したい」というよりも、「痛み、辛さを取り除いてほしい」などと望まれることもあります。患者さんそれぞれの病状、ご希望に応じて、1人1人に合わせた治療を行うことが求められるでしょう。

 

乳がん (田中覚先生)の連載記事

関連記事

「乳がん」
のページへ