とりこもなすちつえん

トリコモナス腟炎

別名:腟トリコモナス症
膣

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

トリコモナス腟炎(腟トリコモナス症)とは、腟トリコモナス原虫(Trichomonas vaginalis)が腟内に定着することで起こる感染症です。

他の性感染症と異なり、中高年の方にもしばしばみられるなど、感染者の年齢層が非常に幅広い点が特徴です。腟トリコモナスは性行為以外の感染経路があることが知られており、性交経験のない女性や幼児にも感染者がみられます。

 

原因

腟トリコモナス原虫の感染経路は、他の性感染症と同じように性行為やオーラルセックス、アナルセックスですが、オーラルセックスでの感染のリスクは低いといわれています。

トリコモナス腟炎は性感染症のなかでも、パートナー間で感染を繰り返す「ピンポン感染」を頻繁に起こします。自分だけ治療をして完治したとしても、トリコモナスに感染したままのパートナーと性行為を行うと再び感染してしまいます。

ごくまれにですがトリコモナス腟炎は、トリコモナスに感染している母体から胎児や新生児へと感染する「垂直感染」が報告されています。その他、浴槽・下着・タオル・便器などに触れる機会があれば感染することが知られています。このことから、トリコモナスは性交経験のない女性や乳児にも感染する可能性があると考えられます。

症状

 

感染から症状が現れるまでの潜伏期間は、10日前後といわれています。トリコモナス腟炎では、潜伏期間を経て次のような症状が生じます。

おりものの異常

黄白色で、泡立ったおりものが増加します。

腟壁発赤(ほっせき)

腟壁の粘膜が通常より赤くなることを指します。

子宮腟部の溢血性点状出血(いっけつせいてんじょうしゅっけつ)

腟に点状や斑状の出血がみられます。

ただし、トリコモナス腟炎の約10~20%は感染していても症状が現れない無症候性感染(むしょうこうせいかんせん)であるといわれています。

検査・診断

トリコモナス腟炎が疑われる場合、一般的に顕微鏡を用いた検査が行われます。腟分泌物を採取し、原因となっているトリコモナス原虫の活動を顕微鏡で確認する検査ににより診断をつけることができます。

ただし、症状などからトリコモナス腟炎の可能性が考えられるものの、顕微鏡検査でトリコモナス原虫を確認できないこともあります。この場合は、トリコモナス専用培地を用いた培養法が行われます。

治療

トリコモナス腟炎では、主に薬による治療が行われます。トリコモナス腟炎の治療に使用される薬剤は5-ニトロイミダゾール系の薬剤であり、メトロニダゾールとチニダゾールがありますが、前者が一般的です。メトロニダゾールの経口薬250mgを1日2錠10日間の内服を行います。投与日数は10日間程度とし、追加治療が必要な場合には1週間程度期間をあけます。パートナーにも同時期に同様の治療を行うのが原則です。

「トリコモナス腟炎」に関連する他の記事
もっと見る
この記事をみた人は、
こんな病気も調べています。