きゅうせいかのうせいにゅうせんえん

急性化膿性乳腺炎

乳房

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

急性化膿性乳腺炎とは、鬱滞(うったい)性乳腺炎の状態に、細菌感染が起こった状態を指します。

軽症の乳腺炎や慢性乳腺炎というタイプの乳腺炎に比べて発症経過が早く、症状が強いという特徴があります。また、乳頭から排膿(はいのう)(膿が分泌されること)がみられることもあります。

乳腺炎は、産褥期(さんじょくき)に見られる乳腺の炎症ですが、そのうちほとんどは、乳汁の鬱滞(うったい)(流れが滞ってしまうこと)を原因とする鬱滞性乳腺炎です。

基本的に授乳中の女性に起こる病気であり、鬱滞性乳腺炎が起こりやすい方には、この急性化膿性乳腺炎も発症しやすくなると考えられます。

原因

乳腺炎の多くは乳房の構造的な問題、つまり乳頭や乳管という部分の構造にわずかな異常が存在することが根本的な原因と考えられています。

また、鬱滞性乳腺炎の原因は、授乳回数が少ない、効果的な吸啜(きゅうてつ)(赤ちゃんが母乳を吸うこと)が行われていないなどにより、母乳が乳腺の出口に詰まってしまうことによるものと考えられています。その状態で、なんらかの理由で細菌が乳腺まで侵襲してしまうことで、化膿性乳腺炎が発症します。

症状

炎症と感染による膿瘍(のうよう)形成が起こるため、まずは乳房の軽度の痛みとしこりが出現することが多いです。急性化膿性乳腺炎の場合は、悪化のペースが早いため、短時間で38℃以上の高熱や、わきの下のリンパ節の腫脹(しゅちょう)(腫れること)などの症状も同時に出現することがあります。

また、乳輪近辺の皮膚から排膿(白〜黄色がかった、もしくは微量の血液混じりの、粘稠な液体が分泌されます)がみられることもあります。

多くは左右どちらかの乳房に発生します。また、高熱に伴い、寒気や頭痛、全身のだるさが同時に起こることも少なくありません。

検査・診断

授乳の状況や、発症経過から多くの場合には問診と身体診察のみで診断でき、特別な検査が必要になることは通常ありません。

ただし、高熱が出ている場合や体調不良により脱水が疑われる場合などは、採血検査を行い全身状態や炎症の程度を確認する場合もあります。また、原因菌を同定するために排膿された膿汁の細菌培養試験が追加されることもあります。

乳房の中に膿瘍の溜まりがあり、切開排膿など処置が必要と考えられる場合には、超音波検査により膿瘍の位置や深さ、大きさを評価することも必要になります。

治療

鬱滞性乳腺炎の治療は基本的に助産師の行う乳房マッサージです。詰まっている乳腺の出口をマッサージにて解除し、乳腺の中に貯留していた母乳を排泄させます。

ただし、急性化膿性乳腺炎では医師の診察も必要であり、ほとんどのケースで薬物療法(抗生物質など)が行われ、重症の場合には切開排膿(乳房の皮膚を小さく切開して乳腺の中にある膿を排出させること)が必要となることもあります。

また、再発予防のためにも、普段の授乳方法を確認することも大切です。赤ちゃんを連れてきていて、授乳の様子が見せられるようであれば受診時に確認をします。吸着が浅くなっていないか、授乳回数は少なくないかなどの問診が行われます。

この記事をみた人は、
こんな病気も調べています。