クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Blood vessel
閉塞性動脈硬化症
閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)とは、動脈硬化が進行し血管が狭くなることによって引き起こされる血管病です。主に足の血管が障害されることが多く、50歳以上の男性が発症しやすい...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません
血管

閉塞性動脈硬化症へいそくせいどうみゃくこうかしょう

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)とは、動脈硬化が進行し血管が狭くなることによって引き起こされる血管病です。主に足の血管が障害されることが多く、50歳以上の男性が発症しやすいといわれています。動脈硬化性病変を原因として発症する病気であることから、糖尿病や高血圧、高脂血症や肥満、喫煙習慣などが危険因子となります。

閉塞性動脈硬化症の治療では、薬物療法や運動療法などが行われます。また、血流改善を目的として、カテーテル治療やバイパス術が行われることもあります。糖尿病、高血圧、高脂血症に対する治療も必要であり、禁煙を行うことも大切です。

原因

閉塞性動脈硬化症(へいそくせいどうみゃくこうかしょう)は、動脈硬化が原因となって発症する病気です。血管が狭くなる動脈硬化は、糖尿病や高血圧、高脂血症、肥満、喫煙などがリスク因子となって起こります。そのため、閉塞性動脈硬化症もこれらのリスク因子があると発症する危険性が高まります。また、腎臓の機能が低下した慢性腎不全も、閉塞性動脈硬化症のリスク因子であることが知られています。

症状

閉塞性動脈硬化症は、特に下肢(足)の血管において発症することが多いです。血管が細くなることから血流障害をきたし、歩行障害を起こすことが典型的な症状といえます。

歩行障害では間歇性跛行(かんけつせいはこう)と呼ばれる特殊な障害を示します。この歩行障害では、歩くことに対処するだけの血液供給がないため、しばらく歩くと痛みが現れます。しかし、しばらく休息を取ると徐々に血液の供給が満ちるために痛みが改善します。

このように症状が出たり出なかったりすることが、閉塞性動脈硬化症では特徴的です。痛みの部位はふくらはぎに起きることが多く、その他、だるさやこむら返りなどの症状もみられます。

血流障害の程度が強くなると、足の傷が治りにくくなったり、最悪の場合、下肢を切断せざるを得なくなったりすることもあります。

動脈硬化性病変で現れる症状

下肢の血管以外にも全身の血管が同時に障害を受けていることがあります。動脈硬化を危険因子として発症する病気には、狭心症や心筋梗塞、頚部頸動脈狭窄症による脳梗塞などがあります。
このため、閉塞性動脈硬化症を発症している方では、その他の動脈硬化性病変がないかを確認することが重要です。具体的には胸痛、手足のしびれや麻痺、言語障害などの症状を確認します。

検査・診断

閉塞性動脈硬化症では、上肢(腕)の血圧と下肢の血圧を同時に測定する検査(ABI:足関節上腕血圧比検査)がなされます。上肢の血圧と比べて下肢の血圧が低い場合は、閉塞性動脈硬化症が疑われます。

血管の狭窄(きょうさく)(せばまること)を確認するためには、エコー検査が有効です。エコー検査では、血流の流れを確認することが可能であり、狭窄を起こしている状況をリアルタイムに確認できます。より詳細に血管病変を評価することを目的として、動脈造影検査、CT、MRAといった画像検査も行います。

その他、閉塞性動脈硬化症では運動負荷試験を行うこともあります。閉塞性動脈硬化症では一定時間歩行すると下肢の痛みなどの症状が現れるため、運動負荷試験を行うことで、間歇性跛行の状況を確認します。

さらに、動脈硬化性病変が冠動脈や頸動脈、腎臓等に生じていることもあります。病歴からこうした病変の存在が疑わしいときには、病変局所に対しての画像検査や血液検査が適宜追加されます。

治療

閉塞性動脈硬化症は、動脈硬化が基礎となって発症する病気であるため、高血圧や高脂血症、糖尿病に対する治療が必要です。さらに、禁煙を行うことも重要です。

間歇性跛行が生じる場合には、運動療法や薬物療法が行われます。運動療法は、間歇性跛行が生じるタイミングまであえて運動負荷を行うことで、血流の改善を図る方法になります。

血管狭窄の程度が強くなると、上記の治療方法だけでは不充分であり、血行再建術が必要となります。具体的にはカテーテル治療によるステント留置やバルーン拡張、バイパス術などを行います。

また、閉塞性動脈硬化症では下肢に潰瘍ができることもあるため、足をしっかりと定期的に観察することが重要です。感染が生じている場合には、抗生物質の投与や膿のドレナージ、壊死組織の除去などが行われます。

さらに、閉塞性動脈硬化症は動脈硬化を基礎にして発症する病気であり、同じような血管病変が心臓や首の血管に生じることもあります。心筋梗塞、脳梗塞などの危険性が高いような血管病変がある際には、局所血管に対する治療アプローチをとることも大切です。

閉塞性動脈硬化症の記事を読む

閉塞性動脈硬化症の記事にご協力いただいている医師