阿保 義久 先生のプロフィール

阿保 義久 先生

あぼ よしひさ

阿保 義久 先生

北青山Dクリニック 院長 東京大学医学部腫瘍外科・血管外科非常勤講師

専門分野

血管外科 下肢静脈瘤、がんRNA干渉療法

紹介

下肢静脈瘤の日帰り根治手術を日本で初めて確立したパイオニア。北青山Dクリニック開設以来27,000脚以上を執刀、高い安全性と有効性が評価されている。最先端治療法である血管内レーザー治療の実績は年間約1,000脚。治療の根治性、安全性を最優先し、患者満足度の高い医療を提供している。

略歴

1993年 東京大学医学部卒業
1993年 東京大学医学部附属病院第一外科
1993年- 虎の門病院麻酔科
1994年- 三楽病院外科
1997年- 東京大学医学部附属病院腫瘍外科・血管外科
2000年- 北青山Dクリニック開設
2004年- 医療法人社団DAP開設
2011年- 東京大学医学部腫瘍外科・血管外科 非常勤講師

所属学会・資格・役職など

日本外科学会 外科専門医
日本臨床外科学会
日本血管外科学会
日本脈管学会 脈管専門医
日本静脈学会
日本癌学会
日本癌治療学会
日本再生医療学会
日本大腸肛門外科学会
日本抗加齢医学会

受賞・著書・論文など

【著書】
下肢静脈瘤治療―日帰り・レーザー・根治、医学舎、2015年
がん細胞を正常細胞に戻すCDC6shRNA治療、アイシーアイ出版、2011年
アンチエイジング革命、講談社、2008年
脚と血管のアンチエイジング、本の泉社、2006年

【論文】
Abo, Yoshihisa
Safety and effectiveness of endovenous laser ablation
combined with ligation for severe saphenous varicose veins
in Japanese patients
International Heart Journal 2015

Mashiko T, Abo Y, Kuno S, Yoshimura K.
A novel facial rejuvenation treatment using pneumatic injection of non-cross-linked hyaluronic acid and hypertonic glucose solution.
Dermatol Surg. 2015 Jun;41(6):755-8. doi: 10.1097/DSS.0000000000000359. No abstract available.

【著書】
下肢静脈瘤治療―日帰り・レーザー・根治、医学舎、2015年
がん細胞を正常細胞に戻すCDC6shRNA治療、アイシーアイ出版、2011年
アンチエイジング革命、講談社、2008年
脚と血管のアンチエイジング、本の泉社、2006年

【論文】
Abo, Yoshihisa
Safety and effectiveness of endovenous laser ablation
combined with ligation for severe saphenous varicose veins
in Japanese patients
International Heart Journal 2015

Mashiko T, Abo Y, Kuno S, Yoshimura K.
A novel facial rejuvenation treatment using pneumatic injection of non-cross-linked hyaluronic acid and hypertonic glucose solution.
Dermatol Surg. 2015 Jun;41(6):755-8. doi: 10.1097/DSS.0000000000000359. No abstract available.

Kushiro T, Itakura H, Abo Y, Gotou H, Terao S, Keefe DL.
Long-term safety, tolerability, and antihypertensive efficacy of aliskiren, an oral direct renin inhibitor, in Japanese patients with hypertension.
Hypertens Res. 2009 Mar;32(3):169-75. doi: 10.1038/hr.2008.21. Epub 2009 Jan 23.

阿保 義久
血管のアンチエイジング--動脈硬化を予防するために (特集 食によるアンチエイジング)
Food style 21 12(9), 63-66, 2008-09

Kushiro T, Itakura H, Abo Y, Gotou H, Terao S, Keefe DL.
Aliskiren, a novel oral renin inhibitor, provides dose-dependent efficacy and placebo-like tolerability in Japanese patients with hypertension.
Hypertens Res. 2006 Dec;29(12):997-1005.

阿保義久、重松宏、斎藤英昭、武藤徹一郎
上腸間膜動脈血栓症による短腸症候群
輸血栄養、1999;21(3)201-204

Matsuda K, Watanabe T, Abo Y, Uchida H, Kawamura YJ, Masaki T, Muto T.
Severe complications of ulcerative colitis after high-dose prednisolone and azathioprine treatment.
J Gastroenterol. 1999 Jun;34(3):390-4.

Matsuda K, Masaki T, Abo Y, Uchida H, Watanabe T, Muto T.
Rapid growth of residual colonic tumor after incomplete mucosal resection.
J Gastroenterol. 1999 Apr;34(2):260-3. Review.

Kawamura YJ, Sugamata Y, Yoshino K, Abo Y, Nara S, Sumita T, Setoyama R, Kiribuchi Y, Kawano N.
Endoscopic resection for submucosally invasive colorectal cancer: is it feasible?
Surg Endosc. 1999 Mar;13(3):224-7.

Kawamura YJ, Sugamata Y, Yoshino K, Abo Y, Nara S, Sumita T, Setoyama R, Kiribuchi Y, Kawano N.
Appendico-ileo-vesical fistula.
J Gastroenterol. 1998 Dec;33(6):868-71.

Otani T, Komiyama T, Kitagawa T, Abo Y, Setoyama R, Kiribuchi Y, Kawano N, Makuuchi M.
Clear demonstration of carcinoma of the ampulla of Vater with ultrasonography.
Hepatogastroenterology. 1998 Sep-Oct;45(23):1473-5.

Tanizawa T, Eishi Y, Kamiyama R, Nakahara M, Abo Y, Sumita T, Kawano N.
Reactive lymphoid hyperplasia of the liver characterized by an angiofollicular pattern mimicking Castleman's disease.
Pathol Int. 1996 Oct;46(10):782-6.

阿保義久、長島郁雄、森兼啓太
異時性に肝嚢胞状転移を来した小腸平滑筋肉腫の1治験例.
手術 1995;49:137-142

続きを見る

阿保 義久先生 の所属する医療機関

北青山Dクリニック

TEL: 050-7301-4555

北青山Dクリニック

東京都渋谷区神宮前3丁目7-10 AKERA(アケラ)ビル地下1階

東京メトロ銀座線「外苑前駅」 3番出口 徒歩5分

東京メトロ半蔵門線「表参道駅」 A2出口 徒歩10分

- -

受付時間: 9:30~18:00 土曜17時まで 予約制 臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 脳神経外科 心臓血管外科 皮膚科 婦人科

阿保 義久 先生 の記事