新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

医療は究極のサービス―専門医が語る下肢静脈瘤の治療

医療は究極のサービス―専門医が語る下肢静脈瘤の治療
阿保 義久 先生

北青山Dクリニック 院長、東京大学 医学部腫瘍外科・血管外科非常勤講師

阿保 義久 先生

日本で最初に下肢静脈瘤日帰り手術の手法を確立した第一人者である北青山Dクリニック院長の阿保義久先生は、診療を通じて患者さんの深い悩みや苦しみに直面し、潜在的な患者さんの多さを再認識されたといいます。あえて茨の道を選んだ研修医時代、そして「医療は究極のサービス業」という揺るぎない信念についてお話をうかがいました。

私が患者さんからの要望に応える形で、下肢静脈瘤の日帰り手術を成功させてからというもの、いわゆる口コミで、次々に下肢静脈瘤の患者さんが来院されるようになりました。私がクリニックを開設した当初は、下肢静脈瘤だけを専門にしていたわけではありませんでした。しかし、入院施設を持たないクリニックという制約を逆手に取り、技術を突き詰めて治療の質を高めることによって、これまでの常識ではできなかった日帰り手術のコンセプトを提示した結果、下肢静脈瘤の患者さんが多数来院されるようになったのです。

そのような患者さんの治療を通じて、下肢静脈瘤に悩んでおられる潜在的な患者さんがいかに多いかということや、また医療の側でそれに応える治療が十分に提供できていないということを再認識するという経験を重ね、現在に至っています。

外科医には麻酔科での研修が義務付けられており、私が研修医の頃にいた東京大学医学部附属病院第一外科でも、他施設で6ヶ月の研修を受けることが通例となっていました。研修先は本人の希望で選ぶことができたのですが、研修医にとってその半年間は、外科での激務から離れて第三者的に見つめなおすことができるリフレッシュ期間でもあったため、多忙な施設は敬遠される傾向がありました。しかし私は、一度しか経験できない半年間ならば、できるだけ症例が多く修練を積める研修先がよいと考え、同期が誰も手を挙げなかった虎の門病院を希望しました。

噂に違わず非常に症例の多い、多忙を極める研修の日々でしたが、外科的な職人気質の麻酔部長の下で症例を任せていただき、経験を積むことができました。数をこなすだけではなく、硬膜外麻酔や脊椎麻酔など、細かい作業で技術が求められるような症例も多数担当させていただいたのです。

その時の経験があったからかどうかは分かりませんが、自分の中で麻酔に対する敷居の高さや違和感がなかったことが、新しい技術・発想につながったのかもしれないと感じています。

私が大学で担当している臨床講義でも、旧態依然とした講義内容ではなく、新しいアイディアを出していくことに特化した内容の講義を行なっています。医療の進歩とは革新的なイノベーションだけでなく、さまざまな工夫の積み重ねや、既存の技術を突き詰めて治療の質を高めていくことの連鎖によって成し遂げられると考えているからです。

私たちの診療において患者さんの生活の質を改善していくことは大前提なのですが、対象となる下肢静脈瘤の患者さんは多岐にわたっています。年齢も10代から80代までと幅広く、近隣の方もいれば遠方から来られる方もいます。血管の障害の状態についても個人差がかなりあり、多様なバリエーションが存在します。

その分、患者さんのニーズにもさまざまなものがあり、私たちが提供する治療の選択肢も複数のコンビネーションが必要とされます。インフォームド・コンセントを図りながら、患者さんの満足度がもっとも高くなるよう生活の質にこだわり、そのための治療プランを準備・提案するという姿勢を貫いていきたいと考えています。

医療には、QOL(生活の質)よりもまず命を救うのが最優先というような局面ももちろんあります。しかし私たちが取り組んでいる領域に関して言えば、あらゆる技術、そして何よりも患者さんの想いに応えることが求められるという点で、医療は究極のサービス業であると考えています。私たちが提供する治療プランの内容がそのひとつのサンプルとなりうるものであり、実際に多くの患者さんの支持をいただいていることをいつも誇りに思っています。

北青山Dクリニック 下肢静脈瘤レーザー治療センターのHPはこちら

受診について相談する
  • 北青山Dクリニック 院長、東京大学 医学部腫瘍外科・血管外科非常勤講師

    阿保 義久 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が18件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「下肢静脈瘤」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。