【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 6b0a9131 e317 4925 a4dc 3b497e02d0b0
下肢静脈瘤の症状−初期症状はある?
下肢静脈瘤というと足の血管がボコボコと浮き出ている様子を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。下肢静脈瘤には、このような症状以外にもいくつかの特徴的な症状があります。今回は下肢静脈瘤で起こり...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

下肢静脈瘤の症状−初期症状はある?

公開日 2018 年 10 月 05 日 | 更新日 2018 年 10 月 05 日

下肢静脈瘤の症状−初期症状はある?
木川 幾太郎 先生

医療法人横浜柏堤会 戸塚共立第2病院 心臓血管外科部長  横浜戸塚下肢静脈瘤センター センター長

木川 幾太郎 先生

目次

下肢静脈瘤というと足の血管がボコボコと浮き出ている様子を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。下肢静脈瘤には、このような症状以外にもいくつかの特徴的な症状があります。

今回は下肢静脈瘤で起こり得る症状とその経過について、戸塚共立第2病院心臓血管外科部長である木川幾太郎先生にお話を伺いました。

下肢静脈瘤の症状

血管に生じるボコボコとした瘤状の盛り上がり

下肢静脈瘤の症状は、足の皮膚のすぐ下を流れる静脈(表在静脈)が拡張し、皮膚表面にボコボコとした(こぶ)状の血管の盛り上がりがみられることです。初期段階では、血管がわずかに浮き出る程度で、気付かれないことも多いです。近年、下肢静脈瘤という病気に対する認知度が高まってきたためか、このようなわずかな症状でも病院を受診される方が増えています。

 

下肢静脈瘤の症状写真

 

下肢静脈瘤の症状写真 木川幾太郎先生ご提供

下肢静脈瘤が進行すると

足のむくみやだるさ、こむら返りなど

下肢静脈瘤が進行すると、足のむくみやだるさ、こむら返り(足がつること)などの症状がみられます。

また、血管が浮き出ている部分に、ピリピリとした痛みを感じることもあります。

下肢静脈瘤が重症化すると

ふくらはぎ

かゆみや湿疹などの皮膚症状

下肢静脈瘤が重症化すると、皮膚に炎症が起こるうっ滞性皮膚炎が生じます。すると、皮膚にかゆみや赤くポツポツとした湿疹ができます。また、かゆみを我慢できずにかくと、その部分が茶色くシミのようになる色素沈着がみられます。

これらの皮膚症状が出始めた場合は、血液の逆流が強く、心臓へ向かっていく血液の流れが著しく低下しているサインです。早めに病院を受診するようにしましょう。

痛みを伴う皮膚潰瘍

先述の皮膚症状が重症化すると、皮膚潰瘍(かいよう)が生じます。皮膚潰瘍とは、皮膚が深くえぐれたようになった状態を指し、痛みを伴うことがあります。皮膚潰瘍は、足の内くるぶしあたりにみられることが多いです。

下肢静脈瘤でみられるそのほかの症状

ここまでお話ししてきたことは下肢静脈瘤の典型的な症状ですが、そのほかに以下のような症状がみられることもあります。

下肢静脈瘤からの噴き出すような出血

血管がボコボコと浮き出ている部分が何かと接触して傷が生じると、傷口から血液が噴き出すように出血することがあります。

これは、下肢静脈瘤の静脈圧が非常に高くなっているためです。ほんの少しの傷口であっても血液が噴出するため、びっくりして救急車を要請される方もいます。この出血は圧迫していれば、時間が経つにつれて止まります。

強い痛みを伴う血栓性静脈炎

静脈内で血液が滞り続けると、静脈内に血栓(血のかたまり)ができ、静脈内に炎症が生じる「血栓性静脈炎」を発症することがあります。血栓性静脈炎を発症すると、静脈瘤の部分が突然赤くなり、強い痛みが現れます。

血栓性静脈炎は軽度の下肢静脈瘤で起こることはほとんどありません。血栓性静脈炎の症状が出てはじめて病院を受診され、重度の下肢静脈瘤と診断される方もいます。

血栓による肺塞栓症

先述の血栓性静脈炎で生じた血栓が、血液の流れに乗って肺に飛ぶと、肺動脈に血栓が詰まる「肺塞栓症」を発症することもあります。

ただし、下肢静脈瘤から肺塞栓症を起こしたりすることは極めて少ないため、過度な不安を抱く必要はありません。

 

下肢静脈瘤(木川 幾太郎先生)の連載記事

1986年筑波大学医学専門学群卒業。成人の心臓血管手術を専門とし、心臓弁膜症、冠動脈疾患、大動脈解離、動脈瘤、末梢血管、バスキュラーアクセスなど約3000例以上の手術を行ってきた。「医師としての専門知識を患者様にお伝えしつつ、患者様のご希望に沿った最善のテーラーメイド治療を提供すること」をモットーに日々の診療に従事している。

関連記事