新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

下肢静脈瘤の症状−初期症状はある?

下肢静脈瘤の症状−初期症状はある?
木川 幾太郎 先生

医療法人横浜未来ヘルスケアシステム戸塚共立第2病院 心臓血管外科部長、 横浜戸塚下肢静脈瘤セン...

木川 幾太郎 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

下肢静脈瘤というと足の血管がボコボコと浮き出ている様子を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。下肢静脈瘤には、このような症状以外にもいくつかの特徴的な症状があります。

今回は下肢静脈瘤で起こり得る症状とその経過について、戸塚共立第2病院心臓血管外科部長である木川幾太郎先生にお話を伺いました。

下肢静脈瘤の症状は、足の皮膚のすぐ下を流れる静脈(表在静脈)が拡張し、皮膚表面にボコボコとした(こぶ)状の血管の盛り上がりがみられることです。初期段階では、血管がわずかに浮き出る程度で、気付かれないことも多いです。近年、下肢静脈瘤という病気に対する認知度が高まってきたためか、このようなわずかな症状でも病院を受診される方が増えています。

 

下肢静脈瘤の症状写真

 

下肢静脈瘤の症状写真 木川幾太郎先生ご提供

下肢静脈瘤が進行すると、足のむくみやだるさ、こむら返り(足がつること)などの症状がみられます。

また、血管が浮き出ている部分に、ピリピリとした痛みを感じることもあります。

ふくらはぎ

下肢静脈瘤が重症化すると、皮膚に炎症が起こるうっ滞性皮膚炎が生じます。すると、皮膚にかゆみや赤くポツポツとした湿疹ができます。また、かゆみを我慢できずにかくと、その部分が茶色くシミのようになる色素沈着がみられます。

これらの皮膚症状が出始めた場合は、血液の逆流が強く、心臓へ向かっていく血液の流れが著しく低下しているサインです。早めに病院を受診するようにしましょう。

先述の皮膚症状が重症化すると、皮膚潰瘍(かいよう)が生じます。皮膚潰瘍とは、皮膚が深くえぐれたようになった状態を指し、痛みを伴うことがあります。皮膚潰瘍は、足の内くるぶしあたりにみられることが多いです。

ここまでお話ししてきたことは下肢静脈瘤の典型的な症状ですが、そのほかに以下のような症状がみられることもあります。

血管がボコボコと浮き出ている部分が何かと接触して傷が生じると、傷口から血液が噴き出すように出血することがあります。

これは、下肢静脈瘤の静脈圧が非常に高くなっているためです。ほんの少しの傷口であっても血液が噴出するため、びっくりして救急車を要請される方もいます。この出血は圧迫していれば、時間が経つにつれて止まります。

静脈内で血液が滞り続けると、静脈内に血栓(血のかたまり)ができ、静脈内に炎症が生じる「血栓性静脈炎」を発症することがあります。血栓性静脈炎を発症すると、静脈瘤の部分が突然赤くなり、強い痛みが現れます。

血栓性静脈炎は軽度の下肢静脈瘤で起こることはほとんどありません。血栓性静脈炎の症状が出てはじめて病院を受診され、重度の下肢静脈瘤と診断される方もいます。

先述の血栓性静脈炎で生じた血栓が、血液の流れに乗って肺に飛ぶと、肺動脈に血栓が詰まる「肺塞栓症」を発症することもあります。

ただし、下肢静脈瘤から肺塞栓症を起こしたりすることは極めて少ないため、過度な不安を抱く必要はありません。

受診について相談する
  • 医療法人横浜未来ヘルスケアシステム戸塚共立第2病院 心臓血管外科部長、 横浜戸塚下肢静脈瘤センター センター長

    木川 幾太郎 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「下肢静脈瘤」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。