日本を代表する心臓血管外科医になる

「日本を代表する心臓血管外科医になる」

トップランナーを目指し、心臓外科手術のスキルを磨き続ける岡本一真先生のストーリー

社会医療法人愛仁会 明石医療センター  心臓血管低侵襲治療センター長

岡本 一真 先生

はじめは「建築家」になろうと考えていた。

高校生のときに思い描いていた夢は「外科医」か「建築家」になることでした。当時から会社に通い、デスクワークを黙々とこなす、そんなサラリーマンになるつもりは1mmもありませんでした。自分で腕を磨き、その腕で仕事をこなし、最終的にそれが人の役に立つ。そんな人間になりたいと思っていました。

受験が近づき、外科医になるか、建築家になるかで悩むことになります。そのとき、より明確にイメージできた職業が建築家でした。人の生活に直結する住空間を作り、そこに住む人を支えていく。建築家の仕事に魅力を感じた私は、医学部ではなく理学部や工学部に進学する東京大学理科一類へと進学したのです。

熱い思いを抱いて入学した理科Ⅰ類でしたが、入学後半年程度でドロップアウトすることになります。というのも、実は夏休みを楽しみすぎて、秋に学校に行くことをすっかり忘れてしまったのです。気が付いた頃には、すでに学校が始まってから2週間が経過しており、これが私の後の人生に大きな影響を与えることになります。

大学1年生は「体育」が必修科目なのですが、休んでいる間に私の選択競技が「卓球」に決められてしまっていました。卓球が嫌いというわけではなかったのですが、なんとなくそのまま体育の授業を投げ出してしまいます。お伝えしたように「体育」は必修科目だったので、この単位が取れないと早々に留年が決定してしまいます。さらに私が志望していた建築学科は非常に人気で、各教科の平均評価が高くないと進学できません。体育といえども出席日数が少なくて評価が低いとしたら建築学科への進学は厳しいことが予想されました。

このまま大学に留まる道もありましたが、せっかくだし医学部の受験でもしてみようか、という気持ちが湧いてきました。幸い現役で大学に進んでいたので一年くらいまわり道しても長い人生を考えるとたいしたことないだろうと考えました。私は紆余曲折を経て医師の道を目指すことになりましたが、そのきっかけが「体育」の授業だったとは当時の私には予想もつきませんでした。こんな弱い動機での再受験でしたので、3月になって無事医学部に合格したときにだいぶ悩みました。医学部に進むか、このまま一年留年でやり直すか。入学金支払いのぎりぎりまで振り込みをする郵便局の前で悩みましたが、結局は医者と建築家、最初にどっちをやるかというと医者だろうという、よくわからない理由で医学部進学を決めました。今思えばそのまま理学部、工学部に進学してもまた楽しい人生があったとは思いますけどね。

南米の手術見学で目にした凄まじい現状の数々

無事、医学部に進学し、最終学年6年生の夏休み。その夏休みを全て使って南米に留学し、ブラジル、メキシコ、グアテマラ、コロンビアで南米の医療の現状を学ぶ機会を得ました。

ブラジルの病院では、銃で頭やお腹を打ちぬかれた患者さんが毎晩10人は運び込まれてきました。生きて運び込まれる患者さんだけで10人です。現場で息絶えてしまった人はいったいどれくらいいたことでしょうか。そうした環境のなか、毎日当直に駆り出され、手術に対応しました。日本ではあまり見ないような状態の患者さんを目にし、散弾銃の弾を一つずつ取り除くような手術を経験していくうちに、外科医の役割の大きさを実感し、「外科って面白いな」と感じるようになりました。

海外へ行きたい!強い想いをもって道を拓く

医師免許を取得し、研修を終えた私は慶應義塾大学病院に勤めます。しかし、担当できる手術の数は思っていたより少なく、このままのペースで果たして一流の外科医になれるのだろうかという悶々とした気持ちが芽生えてきました。

「なんとか海外に留学し、腕を磨きたい」

次第にそういう思いを強めていったものの、当時私が身を置いていた環境には海外へのルートがなく、自分で留学先を切り拓いていく必要がありました。

そうしたなか、ある学会で大きなチャンスが訪れます。ベルギーの医師が内視鏡で心臓手術をするという発表をしていました。「これや!」と思った私はすかさず「そちらの病院で研修させてください」と打診。すると即座に「OK」の返事をいただいたのです。

しかし、そのあとが大変でした。よくあることかもしれませんが、その後、なかなか音沙汰がありません。何度もメールを出しましたが返事はありませんでした。しかし、研修に出ていた地方の病院で、珍しい症例の英語論文を執筆しました。論文執筆の指導してくれる人はいませんでしたが、一人で書き進め、なんとか実績を作ろうと無我夢中で動いたのです。すると幸運にも割と有名な雑誌に論文が掲載され、これをベルギーの医師に伝えました。するとすぐに「来ていいですよ」との連絡。こうして私は念願の海外留学を果たすことになるのです。

(やはり英語論文は、ある意味名刺代わりになるのかなと思います。特に日本人の場合は、英語をしゃべれるのかどうか、ちゃんとした人物かどうか、と疑問視されている節があると思います。向こうからしたら僕らのことなんにも分かりません。そういう意味では、ひとつでも英語論文を書いておくのは最低条件かも知れないですね。)

留学時代に得た確かな自信

ベルギーのあと、イタリアで経験を積み、次はタイに渡りました。タイでお世話になった大学病院は、当時のタイ北部には唯一となる心臓外科がありました。私はここで非常にたくさんの手術を経験させてもらいました。

北部に唯一の心臓外科とあって、広い地域から患者さんが送られてきます。たとえばリウマチ性の僧帽弁疾患に対する手術など、日本ではあまり見ないような、比較的シンプルな手術を非常に数多く執刀することができました。これだけ数多くの手術を担うことができたことは非常に大きな収穫でした。

また、タイでの経験はこれまでのベルギーやイタリアでの経験とは大きく異なる点がありました。それは手術の「責任」の大きさです。それまでは基本的に立場が上の先生が同席し、その先生の指示通りに手術をこなすのですが、タイでは、上の先生が手術現場に入ってきません。手術現場には私と現地のスタッフのみです。場合によっては臨床実習の学生と2名だけで手術をこなすこともありました。

臨床実習の学生相手では技術が半人前というだけでなく、英語も通じずコミュニケーションすら困難でした。そのため、私自身で手術のすべてを完結する必要に迫られます。例えば、手術の手順、手術補佐の役割、使用する糸の種類まで、何もかもです。むしろ、それら全てをひとりで準備しないと、手術が始められない状況だったのです。

このような環境下で手術をこなしていくうちに、ふと新しい自分に気が付きました。ひとりでも、ベルギーやイタリアで行っていたものと変わらないクオリティで手術ができるようになっていたのです。私はそこで初めて「自分で手術する」という感覚をつかみました。

国内にいたら、当時の私のようなレベルの人に手術を任せてもらえる機会はまずなく、必ず立場が上の先生が手取り足取り教えてくれる状況だったでしょう。このタイでの経験は、今の私の人生を支える大きな糧になっています。

「日本を代表する10人の心臓血管外科医」の1人になるために

日本に帰ってきた私は2012年から慶應義塾大学外科学講師、2016年からは明石医療センター・心臓血管低侵襲治療センター長に就任しました。

今後の目標の1つは、明石医療センターを「MICS(小切開低侵襲心臓手術)でトップの病院」にすることです。MICSは私がベルギーに留学していたときに深く学んだ手術手法で、小切開の手術創で手術を行うことで患者さんにとって負担の少ない手術が行えますが、その一方で術野が狭く、特殊な手術器具を用いるため、医師の熟練した技量が求められます。

残念ながらはっきりしたデータはないのですが、2012年の時点では、僧帽弁手術をMICSで年間20例以上やっているのは全国で5つしかありませんでした。それから5年たってもう少し増えているとおもいますが、2016年の段階でも全国で10施設程度ではないかと思います。明石医療センターは昨年19例のMICSを施行しました。2017年は前半だけで25例のMICSを施行していますのでこのままのペースでいけば年間50例前後と全国でも5本の指に入る、MICS手術にかなり専門的に取り組んでいる医療機関といえるとおもいます。MICS手術は高度な技量が求められるだけでなく、麻酔科医師、看護師、臨床工学技師などチーム全体の体制が整った医療機関でないとなかなか取り組みにくい手術ですが、当院ではさらにMICSに力をいれ、MICS手術件数トップレベルを目指していきたいです。

そうして50歳になるころまでには「日本を代表する10人の心臓血管外科医」になりたいという目標があります。簡単ではないと思いますが、この目標を実現していくために、常に技術を磨くのと、いいチームをつくるというのを続けていきたいですね

岡本 一真 先生の疾患記事

医師のストーリー 医師には医師のドラマがある

ストーリー一覧