【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 d03fb5b9 45b7 4fa9 8ab0 aa4d17388c23
SGLT2阻害薬を処方された時に気をつけること
SGLT2阻害薬とは?糖尿病治療薬の多くはインスリンに働きかけて血糖を下げる効果を持ちますが、この薬はインスリンに関係なく血糖を下げることが出来ます。SGLT2阻害薬は腎臓に働きかけ、糖を尿中に...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

SGLT2阻害薬を処方された時に気をつけること

公開日 2015 年 03 月 28 日 | 更新日 2017 年 05 月 07 日

SGLT2阻害薬を処方された時に気をつけること
宮川 高一 先生

医療法人社団ユスタヴィア理事長 クリニックみらい国立院長

宮川 高一 先生

菅野 一男 先生

医療法人社団桜一会かんの内科院長

菅野 一男 [監修]

貴田岡 正史 先生

イムス三芳総合病院 内分泌内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター長

貴田岡 正史 [監修]

SGLT2阻害薬とは?

  • 糖尿病治療薬の多くはインスリンに働きかけて血糖を下げる効果を持ちますが、この薬はインスリンに関係なく血糖を下げることが出来ます。
  • SGLT2阻害薬は腎臓に働きかけ、糖を尿中に出しやすくするので、血糖値を下げる効果を持ちます。
  • 体重を下げる作用がありますので、肥満体型でかつ若い方に向いている薬です。

どのような薬剤がある?

イプラグリフロジン(スーグラ®)、ダパグリフロジン(フォシーガ®)、ルセオグリフロジン(ルセフィ®)、トホグリフロジン(デベルザ®、アプルウェイ®)、カナグリフロジン(カナグル®)、エンパグリフロジン(ジャディアンス®)などがSGLT2阻害薬に含まれる薬剤です。

SGLT2阻害薬を飲む時に気をつけることは?

1. 脱水と脳梗塞、心筋梗塞

SGLT2阻害薬を使うことにより、脱水が生じ、その結果として脳梗塞、心筋梗塞を起こしやすくなってしまいます。したがって、高齢者には使用する場合は慎重に検討する必要があります。この副作用を防ぐ為、水分をよく摂取するようにしましょう。

また、シックデイ、食事が出来ない時にはこの薬を飲まないようにして下さい。

2. その他、尿路感染症など

頻尿・多尿(トイレに頻回行くようになること)、尿路の感染症、性器感染症、便秘などの副作用も知られています。頻尿、残尿感、外陰部のかゆみなど生じたら,恥ずかしがらずに主治医に相談してください.

医療法人名のユスタヴィアは、フィンランド語で「友人たちを」という意味で、患者さんや地域の方々、医療従事者が共に支えあって医療に取り組んでいく事を理念としている。フィンランドは1型糖尿病の発症率が世界で一番高く、関わり方の多くをフィンランドから学んだことに由来している。治療に患者さんの生活を合わせるのではなく、多岐に渡っている患者さんの生活に治療を合わせ、各方面からサポートしている。患者さんが治療内容に納得し、継続した治療に向けてのモチベーションを引き出すことに努め、①見守る②待つ③ほめる④支える⑤選択してもらう、の5つのモットーを大切にしながら職員と共に日々邁進している。

2008年4月1日に、三鷹駅南口に、糖尿病・内分泌疾患・内科専門の「かんの内科」を開設。東京医科歯科大学、武蔵野赤十字病院、糖尿病学会、内分泌学会などでの診療・活動を通じて培った経験を、糖尿病・高血圧症・高脂血症・甲状腺疾患・動脈硬化症(脳梗塞、狭心症・心筋梗塞、足壊疽)などで苦しんでいる患者さんの診療に役立てており、メタボリックシンドロームなどで明らかな症状のない方の動脈硬化を進ませないようにするためのアプローチにも重点をおいている。食事療法、運動療法を駆使し、必要に応じて最適な薬の選択を行い、元気に長く豊かな人生を楽しむためのサポートをするために経験豊富な専門医、専門看護師、管理栄養士、運動トレーナー、フットケア専門家が一体となっている。
内分泌専門医として、甲状腺疾患、下垂体・副腎疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、先端巨大症、プロラクチノーマ、尿崩症など)の診断・治療を行う。

北多摩地域の中核病院である公立昭和病院の内分泌・代謝内科部長として地域に根差した糖尿病治療を実践。加えて、NPO法人西東京臨床糖尿病研究会理事長として、糖尿病治療情報の共有および治療標準化を目指して、専門医、開業医間のネットワークを構築、専門的知識を持つ人材の育成等の活動を行っている。