新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

SGLT2阻害薬を処方された時に気をつけること

SGLT2阻害薬を処方された時に気をつけること
宮川 高一 先生

医療法人社団ユスタヴィア理事長 クリニックみらい国立院長

宮川 高一 先生

菅野 一男 先生

医療法人社団桜一会かんの内科院長

菅野 一男 先生

貴田岡 正史 先生

イムス三芳総合病院 内分泌内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター長

貴田岡 正史 先生

  • 糖尿病治療薬の多くはインスリンに働きかけて血糖を下げる効果を持ちますが、この薬はインスリンに関係なく血糖を下げることが出来ます。
  • SGLT2阻害薬は腎臓に働きかけ、糖を尿中に出しやすくするので、血糖値を下げる効果を持ちます。
  • 体重を下げる作用がありますので、肥満体型でかつ若い方に向いている薬です。

イプラグリフロジン(スーグラ®)、ダパグリフロジン(フォシーガ®)、ルセオグリフロジン(ルセフィ®)、トホグリフロジン(デベルザ®、アプルウェイ®)、カナグリフロジン(カナグル®)、エンパグリフロジン(ジャディアンス®)などがSGLT2阻害薬に含まれる薬剤です。

SGLT2阻害薬を使うことにより、脱水が生じ、その結果として脳梗塞心筋梗塞を起こしやすくなってしまいます。したがって、高齢者には使用する場合は慎重に検討する必要があります。この副作用を防ぐ為、水分をよく摂取するようにしましょう。

また、シックデイ、食事が出来ない時にはこの薬を飲まないようにして下さい。

頻尿・多尿(トイレに頻回行くようになること)、尿路の感染症、性器感染症、便秘などの副作用も知られています。頻尿、残尿感、外陰部のかゆみなど生じたら,恥ずかしがらずに主治医に相談してください.

受診について相談する
  • 医療法人社団ユスタヴィア 理事長 、クリニックみらい国立 院長

    宮川 高一 先生

  • かんの内科 院長

    菅野 一男 先生

  • 医療法人社団 明芳会 イムス三芳総合病院 内分泌(甲状腺)・代謝(糖尿病)センター センター長

    貴田岡 正史 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。