S414x320 b9614a20 5f85 4082 a40b 405f2252c20a

インタビュー

公開日 : 2015 年 09 月 07 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

トリガーポイント注射-生理食塩水の注入が効果的

木村ペインクリニック
木村 裕明先生

原因不明の痛みの原因であることが多いトリガーポイントですが、一般的にこれに対して行われる治療は「トリガーポイント注射」というものです。この注射は具体的にどのようなものなのでしょうか。また、ブロック注射との違いや、鍼との違いはどこにあるのでしょうか。引き続き、木村ペインクリニックの木村裕明先生にうかがいました。

トリガーポイント注射について

健康保険の適応となっている「トリガーポイント注射(TP 注射)」は、1994年に硬膜外ブロックの保険点数を削減する目的で導入されたもので、「圧痛点(圧迫したときに痛む点)に局所麻酔剤あるいは局所麻酔剤を主剤とする薬剤を注射する手技」という定義のもとで、MPSにおけるトリガーポイントの治療と無関係に(「局所神経ブロック」という概念で)認可されました。

注射部位についても「患者に痛みの一番強い部位を指先で示してもらい、施術者が同部を指で圧迫して索状硬結(Taut band:TB)として触れる過敏点を確認し、同部位に注射する」と述べられています。このため多くの臨床医は、患者が自覚しにくく実際の患者の症状の原因となっているトリガーポイントではなく、患者が自覚する関連痛の部位に注射していることが多いため、十分な治療効果を得ていないことが多いと思われます。

神経ブロックとトリガーポイント注射の違いは?

「神経ブロック」は、主として末梢神経に薬剤を作用させて一時的に神経機能を停止させる治療です。神経ブロックの意義は、鎮痛効果・血行改善・筋弛緩効果などがあり、痛みの悪循環を断ちきる効果にあります。また、神経ブロックは病変部位に限って治療できる点も特徴的です。
これに対して一般的なトリガーポイント注射は、トリガーポイントに主に局所麻酔薬を注射針で注入する方法です。