新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

これからの放射線科医:専門医制度

これからの放射線科医:専門医制度
西尾 正道 先生

北海道がんセンター 名誉総長、北海道医薬専門学校 学校長、北海道厚生局 臨床研修審査専門員

西尾 正道 先生

放射線科医は、専門医制度に基づいたスペシャリストです。診断医と治療医に区別されており、それぞれ役割が分担されています。しかし以前から放射線科医は少なく、その育成が急務となっています。放射線科医はどのようにしてスペシャリティを獲得していくのでしょうか。そして現在、何を行わなければならないのでしょうか。独立行政法人国立病院機構北海道がんセンター名誉院長の西尾正道先生にお伺いしました。

現在の日本のがん治療は以前よりは良くなっていますが、バランスが崩れてしまっている状態にあります。がんに対しては手術が第一選択として挙げられ、多くの抗がん剤を使用し、放射線治療は上手に活用されていません。放射線治療で十分に治療ができる病態のものですら切り取られてしまっています。

たとえば放射線治療のメリットを最大限活用できる頭頸部腫瘍においても、切って治療する(手術)体制がとられているのが今のがん治療です。このように、がん治療の三本柱は決して同じ太さではなく、手術と抗がん剤の二本柱に放射線治療が付属しているような体制がとられてしまっています。その理由の一つは、放射線治療専門医が少ないからです。

今後、放射線治療の対象となる患者さんは増加していくと考えられます。しかし現状、放射線医療はどちらかというと軽んじられている傾向があり、医学生に対する放射線治療の講義時間があまり設けられていません。そのため、学生が放射線治療を理解しきれていないのが事実です。それゆえに放射線治療を十分に理解した医師が育たず、また放射線腫瘍医(治療医)の人手不足も免れません。

この危機を防ぐためにも、医学部教育段階で放射線治療を十分に学ばせることが必要だと私は考えています。また、放射線診断学と放射線治療学を独立した講座に分離し、各人材をしっかり育成することも大切です。

では、放射線科専門医とはどのようなものなのでしょうか。

2006年度より日本医学放射線学会専門医制度が改訂され、放射線専門医の称号が分離して認定されるようになりました。

放射線科専門医になるためには、放射線科専門医修練機関認定施設で2年以上研修を積み、一次試験を受験してから二次試験を受験します。従来、放射線科専門医は一次・二次双方の合格をもって放射線科専門医と認定されるシステムでした。しかし2006年度の改訂により、一次試験合格者が「放射線科認定医」、二次試験合格者は「放射線診断専門医」または「放射線治療専門医」に分離して認定されることが決定したのです。

以前は、診断だけでなく治療も行っていた放射線科医もいましたが、専門性が高くなり、診断医と治療医に分かれました。上記の実情に対応して放射線科の専門制度が変化し、どちらかにスペシャリティを置くようにされたのです。

診断医は、画像検査から病気があるか否かを診断する技術に長けています。一方治療医は、放射線の当て方などを考えて、実際にがんを治療する放射線科医です。

診断と治療に分化した放射線科専門医の養成は、今後のがん治療に向けて非常に重要な課題といえます。がん治療専門医の育成にむけて、多様化・複雑化するがん治療法に対応し、知識を身につけるために新たな研修システムを構築する必要があると考えています。

修練機関の問題もあり、すぐさま放射線腫瘍医が育つわけではありません。しかし、外科医、内科医を含め、がん治療医の全員が放射線治療を理解しておくことも重要であるといえるでしょう。

受診について相談する
  • 北海道がんセンター 名誉総長、北海道医薬専門学校 学校長、北海道厚生局 臨床研修審査専門員

    西尾 正道 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。