インタビュー

今後の小児がん治療について

今後の小児がん治療について
京都府立医科大学大学院医学研究科小児外科 教授 田尻 達郎 先生

京都府立医科大学大学院医学研究科小児外科 教授

田尻 達郎 先生

神経芽腫は、非常に特殊な病気です。このような小児がんを専門に治療できる高度専門医療施設があるということ自体、あまり知られていないのが今の日本の現状です。京都府立医科大学大学院小児外科学教授の田尻達郎先生に、今後の小児がん治療の今後についてお伺いしました。

 「小児がん拠点病院」について

2013年に厚生労働省は地域の小児がん治療の拠点病院として、指定要件を満たした全国15施設を小児がん拠点病院に制定しました。当院(京都府立医科大学附属病院)もその一つとして指定されています。当院では、現在全国からセカンドオピニオンを求めて来られる患者さんも多数いらっしゃいます。もちろん小児外科だけではなく、必ず小児科や関連科の先生と一緒にセカンドオピニオンの依頼を受けるようにし、患者さんにとって最善の治療方針を考えていきます。このような小児がんを専門とした高度専門医療施設があるということ自体、日本ではあまり知られていないので、まずはその存在を知ってもらいたいと思っています。

【小児がん拠点病院(15施設)】

北海道大学病院

東北大学病院

埼玉県立小児医療センター

国立成育医療研究センター

東京都小児総合医療センター

神奈川県立こども医療センター

名古屋大学医学部附属病院

三重大学医学部附属病院

京都大学医学部附属病院

京都府立医科大学附属病院

大阪府立母子保健総合医療センター

大阪市立総合医療センター

兵庫県立こども病院

広島大学病院

九州大学病院

<参考>

厚生労働省HP

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002v0nz.html

京都府立医科大学附属病院 小児外科HP

http://www.f.kpu-m.ac.jp/k/pedsurg/index.php

小児がん治療の連携について

小児がんは,神経芽腫のように塊で発生し増殖していく固形腫瘍と、白血病などの血液のがん(造血器腫瘍)の2つに大きく分類され、それぞれ別々の臨床研究グループが存在していました.たとえば,神経芽腫の場合は、日本神経芽腫研究グループ(JNBSG)という組織がありました.しかし、ばらばらで臨床試験を行うことはとても効率が悪いため、2014年12月に、全ての小児がんの臨床研究グループが統合され、日本小児がん研究グループ(JCCG)が設立されました(JNBSGは、JCCG神経芽腫委員会となりました)。現在ではこのJCCGと小児がん拠点病院が連携し、新たな小児がん治療の研究が進んでいます。また小児血液・がん学会では、小児科と小児外科の医師が一緒になって小児がんの各種ガイドラインの策定を進めています。このような学会・臨床研究組織・拠点病院の連携が、小児がん治療の強化につながっていくと考えています。

<参考>

JCCG(日本小児がん研究グループ) HP

http://jccg.jp

JCCG神経芽腫委員会(JNBSG)HP

http://www.jnbsg.jp

 最新の研究・治療の紹介

現在、新たに検討されている治療法としては、高リスク群における予後向上を目指した免疫療法があります。従来行われている化学療法+手術+放射線療法という治療に加えて、免疫療法(抗GD2抗体)を投与するという治療計画です。抗GD2抗体は神経芽腫細胞表面のGD2という糖脂質に働きかける抗体であり、この抗体と免疫を活性化する薬を一緒に投与し、がん細胞を攻撃するという治療法です。すでに欧米の臨床試験において治療効果が得られており、アメリカでは、最近、この免疫治療薬が承認されました。日本に於いては、現在、薬事承認をめざして施設限定で医師主導治験が進められており、高リスク群の治療における導入が期待されています。