S414x320 f218925f fabe 4e25 b04b 0fbee9caf321

インタビュー

公開日 : 2016 年 05 月 12 日
更新日 : 2017 年 05 月 08 日

子どもの耳の感染症に対する抗菌薬-抗菌薬が必要な場合と、必要ではない場合

耳の感染症にかかる子どもは多くいますが、これは鼓膜の内側にある中耳に感染が起こる場合がほとんどで、細菌やウイルスによって引き起こされます。細菌感染の場合は、抗菌薬を使って治療を行います。抗菌薬は細菌を殺すことのできる強力な薬剤です。

幼児はもちろん、乳児や小児の中にも抗菌薬が必要となる場合はありますが、抗菌薬を投与しすぎると害になる可能性もあります。以下にその理由を示します。

ほとんどの場合、抗菌薬は必要ない

・抗菌薬は、ウイルスによって引き起こされる耳の感染症には効果がありません。

・痛みを和らげる効果はありません。

・通常、ウイルス感染と多くの細菌感染は2~3 日で軽快します。特に子どもが2歳以上の場合ではよく見られます。

まずは医師の診察を受け、痛みに対処すること

子どもが耳の感染症にかかった疑いがある場合は、かかりつけ医に電話して症状を説明しましょう。通常、主治医は、「2~3日待っても改善しないようであれば、子どもを連れてくるように」と指示をするはずです。耳の感染症における主症状は痛みであり、特に初日に起こります。また、熱が出る場合もあります。

子どもに市販の痛み止めを使用してみましょう。例えば以下のようなものがあります。

・アセトアミノフェン(幼児または小児用タイレノール®またはそのジェネリック薬品)

・イブプロフェン(小児用モトリンまたはそのジェネリック薬品)

抗菌薬では、最初の24時間は痛みを和らげることができません。その後続く痛みにわずかに効果を発揮するに過ぎません。そのため、痛み止めは非常に重要ですし、通常、唯一必要な治療とも言えます。

2~3日経過観察すれば、ほとんどの子どもは軽快する

抗菌薬が本当に必要なのかどうか、あるいは「経過観察」でも良いのか主治医に尋ねてみましょう。耳の感染症を起こした子どもは、経過観察をした場合と抗菌薬を投与した場合どちらでも同様に回復します。しかし、2~3日経っても症状が改善しない、もしくは悪化している場合には医師の診察を受けましょう。

抗菌薬には副作用がある

子どもが耳の感染症を起こしてすぐに抗菌薬を投与すると、嘔吐、下痢、アレルギー反応を引き起こしやすくなります。また、抗菌薬は体内に共存している細菌も殺してしまい、下痢など他の症状を引き起こしてしまいます。

抗菌薬の過剰投与が問題に

抗菌薬の投与で、耐性菌を増やしてしまうことがあります。こういった耐性菌を殺すことは通常の菌よりも難しいことが多いです。治りにくい病気になってしまい、治療に更なる費用が掛かってしまうといったことも起こり得るのです。そうなると更に合併症や副作用の危険性が高まります。また、耐性菌が他人に移ってしまうこともあります。

抗菌薬はお金の無駄になる可能性もある

中程度の耳の感染症を患った2歳前後の子どもに抗菌薬を処方すると、11ドル~52ドル(日本円で約1100円〜5500円)の費用がかかります。耐性菌の場合は医師の診察を受ける回数や薬剤も増え、更に費用がかかります。

どんなときに抗菌薬が必要なのか?

感染による痛みが強く、2~3日続く場合には細菌感染が原因になっている可能性があります。この場合、すぐに治療しなければならないこともあります。

以下の様な子どもに対しては、抗菌薬を直ちに投与しなければならないことが多いです。

・6ヶ月以内の乳児

・6ヶ月~2歳の赤ん坊で、中程度以上の痛みがある場合

・2歳以上の小児で、熱が華氏102.2度(★39℃)以上ある場合

治療が困難な病態を有する小児

・口蓋裂

・ダウン症

・免疫不全症

・人工内耳装着

アドバイスコラム

<小児の耳感染症における予防と管理方法-子どもが耳の感染症に罹ってしまう危険性を減らす>

・子どもを煙草の煙から遠ざけましょう

・母乳を6ヶ月、またはそれ以上の期間与えて育てましょう

・生後6ヶ月以上の赤ん坊には、おしゃぶりを与えないでおきましょう

・哺乳瓶を与えたまま赤ん坊を寝かせるのは止めましょう

・頻繁に手洗いを行い、周囲に病原菌を広げないようにしましょう

・具合が悪い人に子どもを近づけないようにしましょう

・子どものデイケアを6人以下で行ってくれる所を探しましょう

・毎年インフルエンザワクチンを子どもに接種させ、他の医師が推奨するワクチンも接種するようにしましょう

<小さい子どもに、以下の様な感染の兆しがあれば主治医に連絡しましょう>

・発熱

・耳を引っ張る

・泣く

・耳から液体が垂れている

・寝付けない

・耳の聞こえが悪い

<耳痛を軽減する>

・温かい布(ただし熱いものは避ける)、温かい水の入ったボトルや加温パッドを痛みのある方の耳に当てておきましょう。

抗菌薬を服用しているかの有無に関係なく、痛み止めが必要になることが多いです。子どもに適切な薬剤と服用量を主治医に聞いてみましょう。

 

※本記事は、徳田安春先生ご監修のもと、米ABIMによる “Choosing Wisely” 記事を翻訳し、一部を日本の読者向けに改稿したものです。

翻訳:Choosing Wisely翻訳チーム 大阪医科大学医学部医学科 前田広太郎

監修:梶有貴、徳田安春先生