S414x320 604c5c3e 74b2 45f9 8dd8 e0440283489a

ニュース

公開日 : 2017 年 08 月 31 日
更新日 : 2017 年 08 月 31 日

総合診療医細田瑳一先生が考える健康な成人と健全な社会とは 

※総合診療医=研究する専門領域を持ちながら患者さんに対しては全人的に対応する医師

「地域を支える医師とは、一般的倫理を行動原理とし健康な人が健全な社会で円滑に社会生活することを支援する衛生保健、予防など社会医学的視点を持つ存在である。」

このように述べる榊原記念病院最高顧問の細田瑳一先生は、ご自身が医学界だけに留まらない広いコミュニティを持ち、専門にとられることなく多角的な視点から患者さん全体を診ることに人生を捧げ、常に総合診療医として行動してきました。

細田先生の総合医としての軸を強固にした東京大学学生時代のご経験や、現在にまで活かされている42日連続の当直で得た信条について、お伺いしました。

京都大学理学部から東京大学医学部へ

細田瑳一先生が医師の道へと歩を進めたきっかけとは

「道」

私は医師の多い親族の中で育ち、周囲から当然のごとく医師になることを期待されていました。しかし、幼少期から謡曲、漢文や英語に音楽、馬術に和船をあやつり漁にと、様々な文化や社会と親しみながら育ったためか、私の心の内には自身の社会は医学界のみではないという思いがありました。そのため、高校生の時から医学ではなく、当時目に見えて著しく進歩していた生化学の道に進みたいという思いが芽生え、京都大学理学部に進学したのです。

東京大学医学部転入学後も、広いコミュニティを持ち続ける

京都大学入学から2年後の昭和27年に東京大学医学部へと入学したのは、理学部進学に関し親戚一同から猛烈な反対を受け、学費を出さないとまでいわれてしまったためです。これが、私が医師としての道を進み始めるきっかけとなりました。

しかし、自身に影響を与えたのは、医学界のみではありません。

医師としての長い人生を振り返っても、私が交流してきた世界は狭いものではなく、他の様々なコミュニティがあったからこそ広い視野が得られたのだと感じています。

学内外での活動に力を注いだ東京大学時代

東京大学入学後、私は肺結核を患い、1年生の後半からの半年は自宅で勉強しつつ療養しながら試験を受けるという生活を送りました。

その後は症状も落ち着き、健康な学生と同じように通学し、勉強、社会医学研究会、さらには陸上競技部や硬式テニス部、音楽、合気道部にと学内外での活動に打ち込みました。しかし、この肺結核の既往は、その後私が循環器内科を選ぶまでの道程に大きく関わることになるのです。

午前中は各科のインターン、午後に脳外科で泊まり込み

当時はインターン制度があったため、医学生は大学を卒業したあと1年間の多科ローテートインターンを経て医局に所属し、医師として働き始めました。

私は社会医学研究会で農村を巡った経験から、将来的に無医村で働くことも視野に入れ、当時最も診断技術が進んでいた脳外科もしくは神経内科に進みたいと考えていました。

医師のいない地域で、患者さんの全てを自分ひとりで診るためには、より高い技術を習得する必要があると考えたからです。

連載記事