S414x320 2cd9dc79 24d3 4669 b7cd 3f72e39d8908

ニュース

公開日 : 2017 年 08 月 30 日
更新日 : 2017 年 08 月 31 日

専門だけを診る姿勢は地域医療での臨床には適さない-細田瑳一先生が実践する全人的総合医療とは

年間1500件以上の心臓血管手術を行う榊原記念病院は、国際的にも認められるトップクラスの心疾患とその関連疾患の治療実績を持つ病院として知られています。

長きにわたり榊原記念病院の院長として経営とスタッフの教育を担い、現在は最高顧問を務める細田瑳一先生は、病院に勤務する医師に対し、「全ての疾患の治療を自力で行おうとするのではなく、その患者さんにとって適切な医療を提供できるよう、全力で対応すること」を指導しています。

患者さん一人ひとりにとって最もよい医療とは何を指すのでしょうか。また、患者さんに最良の医療を提供できる医師とは、どのような能力を備えた医師のことをいうのでしょうか。細田瑳一先生にお伺いしました。

専門以外の病気にも対応できない者は真の医師とはいえない

患者さんに対して最もよい医療を見極め、対応すること

真の医師とは、どのような患者さんにも対応できる総合医であると、私は考えます。これは全ての患者さんの治療(手術などの処置)をする者ということではありません。総合医とは、その患者さん一人一人に対してよい医療は何かを判断して、実践あるいはそれぞれに適切に説明し、その地域で手術などを施してくれる医師を紹介できる医師です。

榊原記念病院は、診療を求める患者さんを受け入れ、診察、検査、診断をして、適切かつ有効な治療を行える場合は実施し、治療する技術が不十分な場合は適切に判断して治療できる施設または医師に連絡して紹介します。地域からの心臓、血管病を中心に、急性期の患者さんを治療しているので、急性心筋梗塞、大動脈解離や心不全の患者さんが多く、年間300~400人を治療し、肥大型心筋症の患者さんは1500人以上も登録され、外来に通ってもらっています。また、外科では先天性心臓病、心臓弁膜症、狭心症、心筋梗塞、大動脈瘤を中心に、年間1500件を越える心臓血管手術を行っており、トップレベルの心臓外科施設として知られています。したがって、受診された患者さんが即時に手術を開始すべき心疾患であると判断した際には、速やかにチームを集めて治療を開始します。

他施設に紹介することが患者さんにとって最良の医療であることも

しかしながら、受診された患者さんに消化器からの下血がみられたりしていて、医師が「自分にも治療できないことはない」と考えているときの対応は異なります。

この場合、当院の医師が治療にあたることは、その患者さんにとって最良の医療提供とはいえません。明らかに別の施設の他の医師のほうが自分たちよりも高い技術を持っていると確信できるときには、患者さんを説得し、よりよい治療が期待できる医師のもとへと送ることが適切な医療提供です。これは、たらい回しにはなりません。

医師と医師が連絡を取り合うようす

患者さんは病名を胸に貼って病院に来るわけではない

初診の患者さんの中には、”私は○○病です“と言ったり、紹介される場合もあります。しかし、それが正しいのか、他にも悪いところがあるかを診察や検査、資料で確かめてから、どう対応するのがよいかを決め、説明して納得していただかなければなりません。このような場合でも、心疾患以外の病気の大半には、検査をして適切な施設を決めるための数時間の猶予は与えられています。ただし、心臓血管病の場合は一刻を争って治療を開始せねば手遅れになる突然の重度不整脈、心筋梗塞、大動脈解離、心不全やショックということもあります。

そのため、循環器や呼吸器を専門とする医師は、最初に患者さんをみる役割を担うのに適しているといえます。当院のように心疾患を扱う病院の医師が、「専門外の病気は誰に紹介してよいのかもわからない。診られない。」あるいは「満床です」とシャッターを下ろすような姿勢をとることは、医師として相応しいものではありません。息苦しいという主訴で来られた患者さんを、心疾患のエキスパートたる自分が治療すべきか、あるいは悪性腫瘍による重症貧血なのか、呼吸器科や神経内科に紹介すべきか。当院の医師には、適切な見極めを短時間で行える技量が求められます。急な大出血、呼吸器の病気や脳梗塞なども救急処置が必要な場合が少なくはありません。そこで、初期対応で止血処置、輸血、補助呼吸や血栓溶解療法を行なうことが望ましいのです。

連載記事