新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

蚊が媒介する伝染病「デング熱」について

蚊が媒介する伝染病「デング熱」について
笹倉 渉 先生

マイメディカルクリニック 院長

笹倉 渉 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

デング熱は、蚊によって媒介されるデングウイルスに感染することで発生する感染症です。主に東南アジア、南アジア、中南米などで多く発生し日本ではまれな伝染病ですが、2014年には日本でも100例以上の国内感染が認められています。

このような近年の流行を受け、日本においてもデング熱への感染を不安視する方が増えているといいます。渋谷に位置するマイメディカルクリニック(東京都渋谷区)は、トラベラーズ外来を有し、国内外の感染症にも広く対応しています。同クリニックでは、患者さんの声に応える形で、デング熱の検査を開始しました。

検査を導入開始後、東南アジア圏から帰国された方が不安に思い、同クリニックまでお問い合わせをいただくケースが最近では多くなっています。

今回は、マイメディカルクリニックの院長でいらっしゃる笹倉 渉先生にデング熱の症状や検査方法、検査の流れについてお話しいただきました。

デング熱とは、蚊(ネッタイシマカ・ヒトスジシマカ)によって媒介されるデングウイルスの感染症を指します。デングウイルスは、4つの血清型(1型、2型、3型、4型)に分類され、比較的軽症のデング熱と重症型のデング出血熱とがあります。

蚊

デングウイルスに感染すると、多くの場合、症状が現れない不顕性感染で終わります。感染者のうちどれくらいが不顕性感染で終わるか正確な数字は定かではありませんが、約50〜80%は不顕性感染であるといわれています。

しかし、感染した方のうち20〜50%の方には、3〜7日(最大2〜14日)の潜伏期間を経て、発熱・皮疹などのデング熱の症状が現れることがわかっています。

さらに、発熱が終わり平熱に戻る頃に、血液中の液体成分である血漿(けっしょう)が血管から漏れでたり、出血の症状が現れる場合があり、これをデング出血熱と呼びます。

お話ししたように、デングウイルスは蚊によって媒介されます。そのため、デング熱の流行地域は、ウイルスを媒介するネッタイシマカ・ヒトスジシマカが多く存在する熱帯・亜熱帯地域、特に東南アジア、南アジア、中南米、カリブ海諸島になります。

東南アジア

また、アフリカ、オーストラリア、中国、台湾においても発生が確認されています。さらに、2014年には、日本においても東京都立代々木公園を中心に100例以上の国内流行が発生しました。

重症化することはまれですが、デングウイルスに感染し重症化しやすい方は、一定の割合でいます。たとえば、免疫機能が正常に機能しない免疫不全の方は感染しやすいかもしれません。また、何らかの基礎疾患(その人が元々もっている慢性的な疾患)を持つ方たちは感染後に重症化しやすいことがわかっています。

このため、免疫不全や基礎疾患を持つ方は感染には特に注意が必要であり、重症化を防ぐためには早期発見が重要になるでしょう。

さらに、デング熱のように蚊が媒介する伝染病は、胎児への影響も大きいといわれており、妊娠中の方は特に注意が必要でしょう。

妊娠中の女性

私たちマイメディカルクリニックでは、健診の一環として、自費診療で5,000円(診察料込み、税別)でデング熱検査を実施しています。

お話ししたような2014年の日本でのデング熱の流行を受け、当クリニックにもデング熱への感染を心配し、検査をしてほしいという声が多数寄せられました。これらの要望を受け、皆さんの不安を解消するためにデング熱検査の実施に踏み切りました。

検査はキットを使って行い、簡単な血液検査で結果がわかるようなものになっています。すべての行程が15分ほどで完了し、その場で結果がわかるので、手軽に受けていただくことが可能です。

感染の不安を感じる方は、検査を受けていただくことで安心して生活していただくことにつながるでしょう。特に、渡航歴があり、症状が見られる方は検査を受けることで安心できるかと考えます。

採血

もしもデング熱の疑いがあるようであれば、専門的な治療を可能とする医療機関で治療を受ける必要があります。当クリニックでも、検査の結果、デングウイルスに感染している疑いが強ければ、大学病院や国立国際医療研究センター病院などへ紹介をします。また、当クリニックにはタイに提携病院があり、デング熱が昔から流行している現地医師から意見を聞くことも可能です。

デング熱の治療は、基本的に現れている症状への対処療法になります。熱がでていれば熱を下げる治療を、かゆみの症状が現れていればかゆみを抑える治療をします。

状態が悪化していていなければ、免疫力を高めることが効果的です。状態が悪化し、熱がなかなか下がらない場合や薬を飲んでも痛みで動けないような場合もあるため、より高度な治療を受けることができる大学病院や専門病院を受診することが重要になるでしょう。

 

マイメディカルクリニック・HPはこちら

 

受診について相談する
  • マイメディカルクリニック 院長

    笹倉 渉 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    「デング熱」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。