新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国立国際医療研究センター 国際感染症センター 国際感染症対策室医長

日本感染症学会 感染症専門医

忽那 賢志 くつな さとし 先生

公開日
2020/04/13

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 感染症内科
  • 新興再興感染症
  • チクングニア熱

資格・学会・役職

日本感染症学会 感染症専門医
  • 国立国際医療研究センター 国際感染症センター 国際感染症対策室医長

所属病院

国立国際医療研究センター病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器内科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 乳腺腫瘍内科 膠原病科
  • 東京都新宿区戸山1丁目21-1
  • 都営大江戸線「若松河田駅」 河田口 徒歩5分 東京メトロ東西線「早稲田駅」 2番出口 徒歩15分
  • 03-3202-7181
国立国際医療研究センター病院

医療記事

来歴等

略歴

2004年 山口大学医学部 卒業
2004年 関門医療センター 初期研修医
2006年 山口大学医学部附属病院 先進救急医療センター
2008年 奈良県立医科大学附属病院 感染症センター医員
2010年 市立奈良病院 感染症科 医長
2012年 国立国際医療研究センター 国際感染症センター フェロー
2013年 国立国際医療研究センター 国際感染症センター 医員
2015年 国立国際医療研究センター 国際診療部 副部長(併任)
2017年 国立国際医療研究センター 内科プログラム責任者(併任)
2018年 国立国際医療研究センター 国際感染症センター 国際感染症対策室医長

論文

  • Cholinergic agonist physostigmine suppresses excessive superoxide anion radical generation in blood, oxidative stress, early inflammation, and endothelial injury in rats with forebrain ischemia/reperfusion. Brain Res. 2010 Feb 8;1313:242-9.

    Kutsuna S, Tsuruta R, Fujita M, Todani M, Yagi T, Ogino Y, et al.

  • Rubella rash. N Engl J Med. 2013 Aug 8;369(6):558.

    Kutsuna S, Hayakawa K.

  • The first case of imported relapsing fever in Japan. Am J Trop Med Hyg. 2013 Sep;89(3):460-1.

    Kutsuna S, Kawabata H, Kasahara K, Takano A, Mikasa K.

  • The Usefulness of Serum C-Reactive Protein and Total Bilirubin Levels for Distinguishing Between Dengue Fever and Malaria in Returned Travelers. Am J Trop Med Hyg. 2014 Mar 5; 90(3): 444-448.

    Kutsuna S, Hayakawa K, Kato Y, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, et al.

  • Two cases of Zika fever imported from French Polynesia to Japan, December 2013 to January 2014. Eurosurveillance 19(4) pii=20683

    Kutsuna S, Kato Y, Takasaki T, Moi ML, Kotaki A, Uemura H, et al.

  • Dengue fever. Intern Med. 2014;53(15):1727.

    Kutsuna S, Ohmagari N.

  • アーテメター・ルメファントリン合剤の日本人における使用経験. 感染症誌 88: 833~839, 2014.

    忽那賢志、小林泰一郎、他

  • Travel-related leptospirosis in Japan: A report on a series of five imported cases diagnosed at the National Center for Global Health and Medicine. J Infect Chemother. 2015 Mar;21(3):218-23.

    Kutsuna S, Kato Y, Koizumi N, Yamamoto K, Fujiya Y, Mawatari M, et al.

  • Autochthonous dengue fever, Tokyo, Japan, 2014. Emerg Infect Dis. 2015 Mar;21(3):517-20.

    Kutsuna S, Kato Y, Moi ML, Kotaki A, Ota M, Shinohara K, et al.

  • Comparison of clinical characteristics and laboratory findings of malaria, dengue, and enteric fever in returning travelers: 8-year experience at a referral center in Tokyo, Japan. J Infect Chemother. 2015 Apr;21(4):272-6.

    Kutsuna S, Hayakawa K, Kato Y, Fujiya Y, Mawatari M, Takeshita N, et al.

  • Zika fever imported from Thailand to Japan, and diagnosed by PCR in the urines. J Travel Med. 2016 Jan 18;23(1). pii: tav011.

    Shinohara K, Kutsuna S, Takasaki T, Moi ML, Ikeda M, Kotaki A, et al.

  • Autochthonous chikungunya fever in traveler returning to Japan from Cuba. Emerg Infect Dis. 2016 Sep;22(9):1683-5.

    Tsuboi M, Kutsuna S, Kato Y, Nakayama E, Shibasaki K-i, Tajima S, et al.

  • Chikungunya Fever in Traveler from Angola to Japan, 2016. Emerg Infect Dis. 2017 Jan;23(1):156-158.

    Takaya S, Kutsuna S, Nakayama E, Taniguchi S, Tajima S, Katanami Y, et al.

  • A case of consecutive infection with Zika virus and Chikungunya virus in Bora Bora, French Polynesia. J Infect Chemother. 2016 Sep 2. pii: S1341-321X(16)30142-8.

    Kutsuna S, Kato Y, Nakayama E, Taniguchi S, Takasaki T, Yamamoto K, et al.

  • The first case of imported Borrelia miyamotoi disease concurrent with Lyme disease. J Infect Chemother. 2017 Feb 2. pii: S1341-321X(17)30007-7.

    Oda R, Kutsuna S, Sekikawa Y, Hongo I, Sato K, Ohnishi M, Kawabata H.

  • Importation of Zika virus from Vietnam to Japan, November 2016. Emerg Infect Dis. 2017 Jul;23(7):1223-1225.

    Hashimoto T, Kutsuna S, Tajima S, Nakayama E, Maeki T, Taniguchi T, et al.

  • Risk factors of catheter-related bloodstream infection caused by Bacillus cereus: Case-control study in 8 teaching hospitals in Japan. Am J Infect Control. 2017 Jun 5. pii: S0196-6553(17)30599-0.

    Kutsuna S, Hawakawa K, Kita K, Katanami Y, Imakita N, Kasahara K, et al.

  • Dengue Virus Exported from Côte d'Ivoire 16 to Japan, June 2017. Emerg Infect Dis. 2017 Oct 15;23(10).

    Suzuki T, Kutsuna S, Taniguchi S, et al.

  • Dengue virus type 2 in travelers returning to Japan from Sri Lanka, 2017. Emerg Infect Dis. 2017 Nov.

    Tsuboi M, Kutsuna S, Maeki T, et al.

  • Zika virus infection: Clinical overview with a summary of Japanese cases. Clin Exp Neuroimmunol. 2017 Aug.

    Kutsuna S.

著書

  • 【共著】症例から学ぶ 輸入感染症 A to Z ver2 みるトレ感染症

  • 【共著】FEVER発熱について我々が語るべき幾つかの事柄

  • 【共著】魁!! 診断塾: 東京GIMカンファレンス激闘編

  • 【編集】J-IDEO (ジェイ・イデオ)

  • 【監訳】抗菌薬が効かなくなる ―AMR(薬剤耐性)との闘いに人類は勝てるのか?

その他

  • 【テレビ出演】総合診療医 ドクターG NHK 2017年4月19日、2016年5月18日 、2015年10月27日

  • 【テレビ出演】毎日放送 情熱大陸 2015年4月5日

SNS・ブログ等

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師