新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

大阪大学医学部附属病院 消化器外科 講師

日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医・消化器外科専門医 日本外科学会 指導医・外科専門医 日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医 日本消化器内視鏡学会 会員 日本消化器病学会 会員

植村 守 うえむら まもる 先生

進行直腸がん・直腸がん局所再発に対する腹腔鏡下手術のエキスパート

低侵襲手術を得意とする大腸がん腹腔鏡下手術のエキスパート。なかでも、進行直腸がんや直腸がん術後局所再発に対する腹腔鏡下手術手技は、国内外の学会で自ら数多く発表しており、これによりその技術は広く知れ渡っている。治療成績向上のための集学的治療や合併症予防対策に対しても積極的に取り組んでいる。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 植村先生の大腸がんに関する得意な領域

    大腸がん、なかでも進行直腸がんや直腸がん術後の局所再発に対する腹腔鏡下手術を専門とする。

    • 大腸がん腹腔鏡下手術
    • 大腸がんロボット手術

資格・学会・役職

日本消化器外科学会 消化器外科指導医・消化器がん外科治療認定医・消化器外科専門医
日本外科学会 指導医・外科専門医
日本大腸肛門病学会 大腸肛門病専門医
日本消化器内視鏡学会 会員
日本消化器病学会 会員
  • 大阪大学医学部附属病院 消化器外科 講師
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 評議員/技術認定医(消化器・一般外科 大腸)
  • 日本がん治療医認定医機構 がん治療認定医
  • 日本癌学会 会員
  • European Society of Coloproctology full member
  • Annals of Surgical Oncology (ASO) : editorial board member 2012-2018
  • Experimental and Therapeutic Medicine: editorial board member 2019-
  • Surgical Case Reports: editorial board member 2020-
  • ダヴィンチサージカルシステム術者 認定資格
  • 大腸疾患外科療法研究会 幹事
  • 医学博士 取得
  • 日本大腸肛門病学会 評議員
  • 近畿外科学会 評議員
  • American Association of Cancer Research active member
  • European Association for Endoscopy Surger member
  • American Society of Colon and Rectal Surgeons member
  • Fellow of American College of Surgeons (FACS) member
  • International Association of Surgeons, Gastroenterologists and Oncologists (IASGO) member
  • 日本ロボット外科学会 会員
  • 日本消化器外科学会 評議員

所属病院

大阪大学医学部附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 老年内科 漢方内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 大阪府吹田市山田丘2-15
  • 大阪モノレール彩都線「阪大病院前駅」 徒歩1分 京都線「茨木駅」 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 阪急京都本線「茨木市駅」 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 北大阪急行電鉄「千里中央駅」 阪急バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス
  • 06-6879-5111
大阪大学医学部附属病院
所属病院について

大阪府の高度救急医療センター、地域がん診療連携拠点病院として地域の治療を支えるとともに、大学病院として医療者の育成にも努める。
通年で、10,700件ほどの手術を実施(2016年4月から2017年3月までの手術室内実施手術の実績)。
初診を希望する場合は、基本的に他医療機関からの紹介状が必要である。

所属診療科について(消化器外科)

主な対象疾患は、消化器がんと臓器移植。
がん治療では、食道がん、胃がん、大腸がんなどの消化器領域に加え、肝胆膵領域のがんにも対応する。
2017年4月から2018年3月までの手術実績は全部で897件、そのうち上部消化管が326件、下部消化管が349件、肝胆膵領域が222件である。

来歴等

略歴

2001年 大阪大学医学部 卒業
2001年 大阪大学 消化器外科 研修医
2002年 大阪府立成人病センター(現 大阪国際がんセンター) 外科 レジデント
2006年 大阪大学大学院医学系研究科 消化器外科学 大学院
2009年 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業(CREST) リサーチアシスタント
2010年 米国Johns Hopkins大学医学部 Postdoctoral Research Fellow
2012年 大阪大学 消化器外科 特任助教
2013年 大阪大学 消化器外科 助教
2015年 国立病院機構大阪医療センター 外科 医師
2019年 大阪大学 消化器外科 助教
2020年 大阪大学 消化器外科 講師

論文

  • 直腸癌局所再発症例に対するギグリ線鋸を用いた腹腔鏡下仙骨合併切除. 手術. 72 (12): 1767-1770, 2018

    植村守, 他.

  • 結腸癌に対する補助化学療法. 日本大腸肛門病学会雑誌. 71 (10): 393-405, 2018

    植村守, 他.

  • 治療法の進歩 大腸癌に対する化学療法、分子標的治療. 綜合臨床. 58巻9号 Page1965-1971, 2009

    植村守, 他.

  • 腸閉塞. 救急医学. 32巻13号 Page1799-1802, 2008

    植村守, 他.

  • Laparoscopic surgery using a Gigli wire saw for locally recurrent rectal cancer with concomitant intraperitoneal sacrectomy. Asian J Endosc Surg. Asian J Endosc Surg. 2018 Feb;11(1):83-86.

    Uemura M, Ikeda M, Kawai K, Nishimura J, Takemasa I, Mizushima T, Yamamoto H, Sekimoto M, Doki Y, Mori M.

  • Cancer Stem-like Properties in Colorectal Cancer Cells with Low Proteasome Activity. Clin Cancer Res. 2016 Nov 1;22(21):5277-5286.

    (co-first author, correspondence author ) Munakata K, Uemura M, Tanaka S, Kawai K, Kitahara T, Miyo M, Kano Y, Nishikawa S, Fukusumi T, Takahashi Y, Hata T, Nishimura J, Takemasa I, Mizushima T, Ikenaga M, Kato T, Murata K, Carethers JM, Yamamoto H, Doki Y, Mori M.

  • Long-term outcome of adrenalectomy for metastasis resulting from colorectal cancer with other metastatic sites: A report of 3 cases. Oncol Lett. 2016 Sep;12(3):1649-1654.

    Uemura M, Kim HM, Ikeda M, Nishimura J, Hata T, Takemasa I, Mizushima T, Yamamoto H, Doki Y, Mori M.

  • First-line cetuximab-based chemotherapies for patients with advanced or metastatic KRAS wild-type colorectal cancer. Mol Clin Oncol. 2016 Aug;5(2):375-379.

    Uemura M, Kim HM, Hata T, Sakata K, Okuyama M, Takemoto H, Fujii H, Fukuzaki T, Morita T, Hata T, Takemasa I, Satoh T, Mizushima T, Doki Y, Mori M.

  • Clusterin is a Gene Specific Target of MicroRNA-21 in Head and Neck Squamous Cell Carcinoma. Clin Cancer Res. 2014 Feb 15;20(4):868-77.

    (co-first author) Mydlarz WK, Uemura M, Ahn S, Hennessey PT, Chang S, Demokan S, Sun W, Shao C, Bishop JA, Krosting J, Mambo E, Westra WH, Ha PK, Sidransky D, Califano JA.

  • Serum Antibody Titers Against Hepatitis C Virus and Postoperative Intrahepatic Recurrence of Hepatocellular Carcinoma. Ann Surg Oncol. 2014 May;21(5):1719-25.

    Uemura M, Sasaki Y, Yamada T, Gotoh K, Eguchi H, Yano M, Ohigashi H, Ishikawa O, Imaoka S.

  • Hypoxia-inducible adrenomedullin in colorectal cancer. Anticancer Research. 31(2):507-14, 2011

    Uemura M, Yamamoto H, Takemasa I, Mimori K, Mizushima T, Ikeda M, Sekimoto M, Doki Y, Mori M.

  • The features of late local recurrences following curative surgery for rectal cancer. Hepato-Gastroenterology. 59(118):1800-3, 2012.

    Uemura M, Ikeda M, Sekimoto M, Noura S, Ohue M, Mizushima T, Yamamoto H, Takemasa I, Yano M, Ishikawa O, Doki Y, Mori M.

  • Clinicopathological assessment of locally recurrent rectal cancer and relation to local re-recurrence. Annals of Surgical Oncology. 18(4):1015-22, 2011

    Uemura M, Ikeda M, Yamamoto H, Kitani K, Tokuoka M, Matsuda K, Hata Y, Mizushima T, Takemasa I, Sekimoto M, Hosokawa K, Matsuura N, Doki Y, Mori M.

  • Jumonji domain containing 1A is a novel prognostic marker for colorectal cancer: in vivo identification from hypoxic tumor cells. Clinical Cancer Research. 16(18):4636-46, 2010

    Uemura M, Yamamoto H, Takemasa I, Mimori K, Hemmi H, Mizushima T, Ikeda M, Sekimoto M, Matsuura N, Doki Y, Mori M.

  • Prevention of severe pelvic abscess formation following extended radical surgery for locally recurrent rectal cancer. Annals of Surgical Oncology. 16(8):2204-10, 2009

    Uemura M, Ikeda M, Sekimoto M, Haraguchi N, Mizushima T, Yamamoto H, Takemasa I, Ishii H, Mori M.

著書

その他

  • 【受賞】日本消化器外科学会賞 Young Investigator of the Year 2015年

  • 【受賞】大腸肛門病学会 ESCP(European Society of Coloproctology) Travelling Fellowship 2017年

  • 【受賞】第25回日本消化器関連学会週間 ポスター優秀演題 2017年

  • 【受賞】手術手技研究会 ビデオ賞 2018年

  • 【受賞】The Best Doctors in Japan 2018-2019, 2020-2021

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師