新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

大阪大学大学院医学系研究科 心臓血管外科 教授

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医 日本心臓血管外科学会 心臓血管外科専門医・心臓血管外科修練指導者 日本再生医療学会 再生医療認定医・理事 日本移植学会 移植認定医 日本人工臓器学会 理事 関西胸部外科学会 評議員 日本胸部外科学会 評議員

宮川 繁 みやがわ しげる 先生

公開日
2021/05/28

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 心臓血管外科
  • 【疾患名】虚血性心筋症【治療法】ハートシート移植術
  • 【疾患名】大動脈弁閉鎖不全症【治療法】大動脈弁置換術
  • 【疾患名】心サルコイドーシス【治療法】左室補助人工心臓植え込み術
  • 【疾患名】心不全【治療法】左室補助人工心臓植え込み術
  • 【疾患名】冠動脈硬化症【治療法】冠動脈バイパス術
  • 【疾患名】僧帽弁形成術後僧帽弁閉鎖不全症【治療法】僧帽弁置換術
  • 【疾患名】重症心筋症【治療法】心臓移植、左室補助人工心臓植え込み術

資格・学会・役職

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医
日本心臓血管外科学会 心臓血管外科専門医・心臓血管外科修練指導者
日本再生医療学会 再生医療認定医・理事
日本移植学会 移植認定医
日本人工臓器学会 理事
関西胸部外科学会 評議員
日本胸部外科学会 評議員
  • ドイツ連邦共和国 Berufserlaubnis 取得
  • 大阪大学大学院医学系研究科 心臓血管外科 教授

所属病院

大阪大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 老年内科 漢方内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 大阪府吹田市山田丘2-15
  • 大阪モノレール彩都線 阪大病院前 徒歩1分 京都線 茨木 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 阪急京都本線 茨木市 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 北大阪急行電鉄 千里中央 阪急バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 大阪モノレール彩都線 阪大病院前 徒歩1分 京都線 茨木 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 阪急京都本線 茨木市 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 北大阪急行電鉄 千里中央 阪急バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス
  • 06-6879-5111
公式ウェブサイト
大阪大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1994年 大阪大学 医学部 卒業
1998年 大阪大学大学院 医学系研究科 心臓血管外科学 博士課程
2002年 大阪大学医学部附属病院 未来医療センター 研究員
2004年 桜橋渡辺病院 心臓血管外科 医員
2006年 大阪大学医学部附属病院 心臓血管外科 非常勤講師
2006年 ドイツ・ケルクホッフクリニック心臓外科 客員医師
2006年 マックスプランク研究所 リサーチフェロー
2009年 大阪大学大学院 医学系研究科 心臓血管外科学 助教
2009年 大阪大学医学部附属病院 院内講師
2012年 大阪大学大学院 医学系研究科 心臓血管外科学 講師
2014年 大阪大学大学院 医学系研究科 免疫再生制御学共同研究講座 特任准教授(常勤)
2016年 大阪大学大学院 医学系研究科 先進幹細胞治療学共同研究講座 特任教授(常勤)
2018年 大阪大学大学院 医学系研究科 最先端再生医療学共同研究講座 特任教授(常勤)
2021年 大阪大学大学院医学系研究科 心臓血管外科 教授
2021年 現在に至る

論文

  • 1. An Application of a Patient-Specific Cardiac Simulator for the Prediction of Outcomes after Mitral Valve Replacement: A Pilot Study  Journal of Artificial Organs, 2021 Mar 19. doi: 10.1007/s10047-021-01248-6. Online ahead of print. 

    Masuda H, Miyagawa S, Sugiura S, Washio T, Okada J, Ueno T, Toda K, Kuratani T, Hisada T, *Sawa Y.

  • 2. Prediction of aortic valve regurgitation after continuous-flow left ventricular assist device implantation using artificial intelligence trained on acoustic spectra. Journal of Artificial Organs, 2021 Feb 4. doi: 10.1007/s10047-020-01243-3. Online ahead of print. in press 

    Misumi Y, Miyagawa S, Yoshioka D, Kainuma S, Kawamura T, Kawamura A, Maruyama Y, Ueno T, Toda K, Asanaoi H, *Sawa Y.

  • 3. Long-term Outcomes of Autologous Skeletal Myoblast Cell-sheet Transplantation for End-stage Ischemic Cardiomyopathy. Mol. Ther 2020, in press 

    Kainuma S, Miyagawa S, Toda K, Yoshikawa Y, Hata H, Yoshioka D, Kawamura T, Kawamura A, Kashiyama N, Ito Y, Iseoka H, Ueno T, Kuratani T, Nakamoto K, Sera F, Ohtani T, Yamada T, Sakata Y, and *Sawa Y.

  • 4. Maturation of Human Induced Pluripotent Stem Cell-Derived Cardiomyocytes by Soluble Factors from Human Mesenchymal Stem Cells. Mol Ther. 2018 Nov 7;26(11):2681-2695. doi: 10.1016/j.ymthe.2018.08.012. Epub 2018 Aug 16.  

    Yoshida S, Miyagawa S, Fukushima S, Kawamura T, Kashiyama N, Ohashi F, Toyofuku T, Toda K, *Sawa Y. 

  • 5. Phase I Clinical Trial of Autologous Stem Cell-Sheet Transplantation Therapy for Treating Cardiomyopathy. J Am Heart Assoc. 2017 Apr 5;6(4). pii: e003918. doi: 10.1161/JAHA.116.003918.  

    Miyagawa S, Domae K, Yoshikawa Y, Fukushima S, Nakamura T, Saito A, Sakata Y, Hamada S, Toda K, Pak K, Takeuchi M, *Sawa Y. 

  • 6. Safety and Efficacy of Autologous Skeletal Myoblast Sheets (TCD-51073) for the Treatment of Severe Chronic Heart Failure Due to Ischemic Heart Disease. Circ J. 2015;79(5):991-9. doi: 10.1253/circj.CJ-15-0243. 

    *Sawa Y, Yoshikawa Y, Toda K, Fukushima S, Yamazaki K, Ono M, Sakata Y, Hagiwara N, Kinugawa K, Miyagawa S.

  • 7. Enhanced survival of transplanted human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocytes by the combination of cell sheets with the pedicled omental flap technique in a porcine heart. Circulation. 2013 Sep 10;128(11 Suppl 1):S87-94. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.112.000366.   

    Kawamura M, Miyagawa S, Fukushima S, Saito A, Miki K, Ito E, Sougawa N, Kawamura T, Daimon T, Shimizu T, Okano T, Toda K, *Sawa Y. 

  • 8. Feasibility, safety, and therapeutic efficacy of human induced pluripotent stem cell-derived cardiomyocyte sheets in a porcine ischemic cardiomyopathy model. Circulation. 2012 Sep 11;126(11 Suppl 1):S29-37.  

    Kawamura M, Miyagawa S, Miki K, Saito A, Fukushima S, Higuchi T, Kawamura T, Kuratani T, Daimon T, Shimizu T, Okano T, *Sawa Y. 

  • 9. Induced adipocyte cell-sheet ameliorates cardiac dysfunction in a mouse myocardial infarction model: a novel drug delivery system for heart failure. Circulation. 2011 Sep 13;124(11 Suppl):S10-7. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.110.009993.   

    Imanishi Y, Miyagawa S, Maeda N, Fukushima S, Kitagawa-Sakakida S, Daimon T, Hirata A, Shimizu T, Okano T, Shimomura I, *Sawa Y. 

  • 10. Does stringent restrictive annuloplasty for functional mitral regurgitation cause functional mitral stenosis and pulmonary hypertension? Circulation. 2011 Sep 13;124(11 Suppl):S97-106. doi: 10.1161/CIRCULATIONAHA.110.013037.

    Kainuma S, Taniguchi K, Daimon T, Sakaguchi T, Funatsu T, Kondoh H, Miyagawa S, Takeda K, Shudo Y, Masai T, Fujita S, Nishino M, *Sawa Y; Osaka Cardiovascular Surgery Research (OSCAR) Group. 

  • 11. Impaired myocardium regeneration with skeletal cell sheets--a preclinical trial for tissue-engineered regeneration therapy. Transplantation. 2010 Aug 27;90(4):364-72. doi: 10.1097/TP.0b013e3181e6f201.  

    Miyagawa S, Saito A, Sakaguchi T, Yoshikawa Y, Yamauchi T, Imanishi Y, Kawaguchi N, Teramoto N, Matsuura N, Iida H, Shimizu T, Okano T, *Sawa Y. 

  • 12. Coronary microcirculatory dysfunction in aortic stenosis: myocardial contrast echocardiography study. Ann Thorac Surg. 2009 Mar;87(3):715-9. doi: 10.1016/j.athoracsur.2008.11.078. 

    Miyagawa S, Masai T, Fukuda H, Yamauchi T, Iwakura K, Itoh H, *Sawa Y. 

  • 13. Tissue cardiomyoplasty using bioengineered contractile cardiomyocyte sheets to repair damaged myocardium: their integration with recipient myocardium. Transplantation. 2005 Dec 15;80(11):1586-95.  

    Miyagawa S, *Sawa Y, Sakakida S, Taketani S, Kondoh H, Memon IA, Imanishi Y, Shimizu T, Okano T, Matsuda H. 

  • 14. Myocardial regeneration therapy for heart failure: hepatocyte growth factor enhances the effect of cellular cardiomyoplasty. Circulation. 2002 May 28;105(21):2556-61.  

    Miyagawa S, *Sawa Y, Taketani S, Kawaguchi N, Nakamura T, Matsuura N, Matsuda H. 

  • 15. Analysis of sympathetic nerve activity in end-stage cardiomyopathy patients receiving left ventricular support. J Heart Lung Transplant. 2001 Nov;20(11):1181-7.

    Miyagawa S, Sawa Y, Fukushima N, *Nishimura M, Matsumiya G, Taketani S, Horiguchi K, Ohtake S, Matsuda H. 

著書

  • 1. 宮川 繁, 澤 芳樹 心不全に対する再生治療−細胞移植から組織移植へ循環器レビュー&トピックス 臨床医が知っておくべき27の最新知見、赤石誠、北風政史編医学書院114-123, 2014

  • 2. 宮川 繁, 澤 芳樹, 重症心不全に対する再生治療の現状と展望, 分子細胞治療フロンティア, 外科分子細胞治療研究会編飯田橋パピルス 2015

  • 3. 宮川 繁, 澤 芳樹, 第二節 細胞・組織利用再生医療製品の開発, 第5項 心筋バイオロジクスの開発と品質・安全性確保(下巻), 277-283, 早川暁夫監修, エル・アイ・シー, 2018

  • 4. 宮川 繁, 重症心不全に対する心筋再生治療先進医療,NAVIGATOR, 再生医療・細胞医療の研究と産業課の最前線, 編集・先進医療フォーラム, 企画・岡野光夫, 澤芳樹, 日本医学出版38-41, 2018

  • 5. 宮川 繁, 岡田 潔, 再生医療等の提供を行う医療機関における施設要件と必要な人員, テキストブック 再生医療〜創る、行う、支える〜日本再生医療学会 監修, 2019

  • 6. Shigeru Miyagawa and Yoshiki Sawa, Angiogenic Therapy for Ischemic Cardiomyopathy with Cell Sheet Technology, in THERAPEUTIC ANGIOGENESIS, Yukihito Higashi, Toyoaki Murohara (Eds.), SPRINGER, 2017

  • 7. Shigeru Miyagawa and Yoshiki Sawa, Chapter 9. Induced Pluripotent Stem Cells for Treatment of Heart Failure, in RECENT ADVANCES IN IPSC FOR THERAPY, Alexander Birbrair (volume editor), SERIES ADVANCES IN STEM CELL BIOLOGY, (ed by Alexander Birbrair), ELSEVIER INC. 2020

特許

  • 1. PCT/JP2012/059003 201204 CELL SHEET TRANSPLANTATION JIG AND METHOD FOR UTILIZING SAME 宮川繁、齋藤充弘、澤芳樹、水谷学、原田明希摩

  • 2. PCT/JP2012/061898 201205 Therapeutic agent for heart diseases and cell sheet for treating heart diseases 濱田吉之輔、松浦成昭、澤芳樹、河口直正、宮川繁

  • 3. PCT/JP2013/074948 20130913 心筋・血管再生デバイスとしての重症心不全治療 澤芳樹、宮川繁、福嶌五月、齋藤充弘、酒井芳紀、松田和久、丸山隆幸

  • 4. WO2014/069401 2013年10月肺疾患特異的治療剤. 澤芳樹、宮川 繁、平将生、酒井芳紀

  • 5. WO2015/056504 2014年9月 薬剤溶出性ステントグラフト 澤芳樹、倉谷徹、戸田宏一、上野高義、宮川繁、福嶌五月、齋藤充弘、渡辺芳樹、酒井芳紀

  • 6. 特願2014-179149 2014年9月 シート状細胞培養物回収システムおよび方法 大橋文哉、鮫島正、宮川繁、澤芳樹、齋藤充弘

  • 7. 特願2014-179150 2014年9月 シート状培養物とフィブリンゲルとの積層体の製造方法 竹内涼平、大橋文哉、鮫島正、宮川 繁、澤芳樹、齋藤充弘

  • 8. 特願2014-188180 2014年9月 多能性幹細胞由来心筋細胞集団の製造法 今西悠基子、関口清俊、宮川 繁、澤芳樹、シルタネン アンッチィ マルクス

  • 9. 特願2014-226682 2014年11月 未分化細胞が除去された分化誘導細胞集団、その利用及びその製造方法 増田茂夫、寒川延子、福嶌五月、宮川 繁、澤芳樹

  • 10. 特願2014-230100 2014年11月 心筋細胞シート 伊勢岡弘子、澤芳樹、宮川 繁、福嶌五月

  • 11. 特願2016-150458 2016年7月 BET阻害剤およびCDK阻害剤による未分化細胞除去方法 増田茂夫、福嶌五月、宮川 繁、澤芳樹、柳裕啓

  • 12. 特願2016-170075 2016年8月 日本で生活する重症心不全患者が有害事象になるリスクを予測する方法 宮川繁、澤芳樹

  • 13. 特願2016-221046 2016年11月未分化細胞が除去された分化誘導細胞集団の製造方法山下 元子, 宮川 繁, 齋藤 充弘, 福嶌 五月, 澤 芳樹, 柳 裕啓

  • 14. 特願2016-8016 2015年1月 心疾患の治療ための移植材料 森 大輔、宮川 繁、福嶌五月、澤 芳樹

  • 15. 特願2017-051394 2017年3月 心臓繊維化モデル 澤芳樹、宮川繁、齋藤充弘、伊勢岡弘子、柳裕啓

  • 16. 特願2017-151788 2017年8月 心筋症および慢性心不全の治療薬澤芳樹, 玉井克人, 宮川繁, 後藤隆純, 木戸高志, 山﨑尊彦

  • 17. 特願2019-218304 20191202  精度の高い呼吸安定時間の計算を可能とした体動センサシート 麻野井英次、澤芳樹、宮川繁、清水厚輝

  • 18. 特願2020-077135 20200424 予測支援システム、予測支援方法、予測支援プログラム、記録媒体、学習用データセット及び学習済みモデルの生成方法 麻野井英次、澤芳樹、宮川繁、池川直

受賞

  • 1. 2001年10月 日本人工臓器学会 オリジナル賞

  • 2. 2002年9月 日本心臓病学会 Young Investigator's Award論文最優秀賞

  • 3. 2003年10月 日本人工臓器学会 JSAO-Grant

  • 4. 2004年6月 アメリカ人工臓器学会(ASAIO)  Medforte Innovation Award

  • 5. 2004年6月 第4回(公社)大阪ハートクラブ医学研究助成 最優秀賞

  • 6. 2005年2月 第8回 日本心臓財団・ファイザー 心血管病研究助成 最優秀賞

  • 7. 2016年8月 産学官連携功労者表彰 厚⽣労働⼤⾂賞

  • 8. 2019年3月 日本再生医療学会 功績賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師