新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

大阪大学 大学院医学系研究科 消化器内科学 教授、医学博士

竹原 徹郎 たけはら てつお 先生

1984年に大阪大学医学部卒業後、1993年に医学博士を取得。1998年米国マサチューセッツ総合病院 消化器内科 研究員を経て、2007年に大阪大学大学院医学系研究科 消化器内科学 准教授、2011年には同学の教授に就任。主に、ウイルス肝炎、肝癌、細胞死・免疫研究を専門としている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器内科
  • 肝細胞死の分子機構
  • 肝免疫

資格・学会・役職

  • 大阪大学 大学院医学系研究科 消化器内科学 教授、医学博士
  • 日本肝臓学会 理事
  • 日本消化器病学会 理事
  • 日本内科学会 理事
  • 日本消化器免疫学会 理事
  • 日本肝癌研究会 幹事
  • 日本Cell Death学会 理事

所属病院

大阪大学医学部附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 老年内科 漢方内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 大阪府吹田市山田丘2-15
  • 大阪モノレール彩都線「阪大病院前駅」 徒歩1分 京都線「茨木駅」 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 阪急京都本線「茨木市駅」 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 北大阪急行電鉄「千里中央駅」 阪急バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス
  • 06-6879-5111
大阪大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1984年 大阪大学医学部 卒業
1984年 大阪大学医学部第一内科
1998年 米国マサチューセッツ総合病院 消化器内科 研究員
2001年 大阪大学大学院医学系研究科 分子制御治療学 助教授
2005年 大阪大学大学院医学系研究科 消化器内科学 助教授
2007年 大阪大学大学院医学系研究科 消化器内科学 准教授
2011年 大阪大学大学院医学系研究科 消化器内科学 教授

論文

1. Takehara T, Liu X, Fujimoto J, Friedman SL, Takahashi H. Expression and role of Bcl-xL in human hepatocellular carcinomas. Hepatology. 2001 Jul;34(1):55-61.
2. Takehara T, Tatsumi T, Suzuki T, Rucker EB 3rd, Hennighausen L, Jinushi M, Miyagi T, Kanazawa Y, Hayashi N. Hepatocyte-specific disruption of Bcl-xL leads to continuous hepatocyte apoptosis and liver fibrotic responses. Gastroenterology. 2004 Oct;127(4):1189-97.
3. Hikita H, Takehara T, Shimizu S, Kodama T, Li W, Miyagi T, Hosui A, Ishida H, Ohkawa K, Kanto T, Hiramatsu N, Yin XM, Hennighausen L, Tatsumi T, Hayashi N. Mcl-1 and Bcl-xL cooperatively maintain integrity of hepatocytes in developing and adult murine liver. Hepatology. 2009 Oct;50(4):1217-26.
4. Hikita H, Kodama T, Shimizu S, Li W, Shigekawa M, Tanaka S, Hosui A, Miyagi T, Tatsumi T, Kanto T, Hiramatsu N, Morii E, Hayashi N, Takehara T. Bak deficiency inhibits liver carcinogenesis: a causal link between apoptosis and carcinogenesis. J Hepatol. 2012 Jul;57(1):92-100.
5. Kodama T, Takehara T, Hikita H, Shimizu S, Shigekawa M, Tsunematsu H, Li W, Miyagi T, Hosui A, Tatsumi T, Ishida H, Kanto T, Hiramatsu N, Kubota S, Takigawa M, Tomimaru Y, Tomokuni A, Nagano H, Doki Y, Mori M, Hayashi N. Increases in p53 expression induce CTGF synthesis by mouse and human hepatocytes and result in liver fibrosis in mice. J Clin Invest. 2011 Aug;121(8):3343-56.
6. Nakabori T, Hikita H, Murai K, Nozaki Y, Kai Y, Makino Y, Saito Y, Tanaka S, Wada H, Eguchi H, Takahashi T, Suemizu H, Sakamori R, Hiramatsu N, Tatsumi T, Takehara T. Sodium taurocholate cotransporting polypeptide inhibition efficiently blocks hepatitis B virus spread in mice with a humanized liver. Sci Rep. 2016 Jun 9;6:27782.
7. Tanaka S, Hikita H, Tatsumi T, Sakamori R, Nozaki Y, Sakane S, Shiode Y, Nakabori T, Saito Y, Hiramatsu N, Tabata K, Kawabata T, Hamasaki M, Eguchi H, Nagano H, Yoshimori T, Takehara T. Rubicon inhibits autophagy and accelerates hepatocyte apoptosis and lipid accumulation in nonalcoholic fatty liver disease in mice. Hepatology. 2016 Dec;64(6):1994-2014.
8. Kai Y, Hikita H, Morishita N, Murai K, Nakabori T, Iio S, Hagiwara H, Imai Y, Tamura S, Tsutsui S, Naito M, Nishiuchi M, Kondo Y, Kato T, Suemizu H, Yamada R, Oze T, Yakushijin T, Hiramatsu N, Sakamori R, Tatsumi T, Takehara T. Baseline quasispecies selection and novel mutations contribute to emerging resistance-associated substitutions in hepatitis C virus after direct-acting antiviral treatment. Sci Rep. 2017 Jan 30;7:41660.

その他

  • 【受賞】 日本肝臓学会研究奨励賞(1996年)

  • 【受賞】日本内科学会奨励賞(1998年)

  • 【受賞】日本肝臓学会OTSUKA AWARD(2009年)

  • 【受賞】日本肝臓学会賞(織田賞)(2017年)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師