片山 一朗 先生のプロフィール

片山 一朗 先生

かたやま いちろう

片山 一朗 先生

大阪大学医学部附属病院皮膚科 診療科長 大阪大学大学院医学系研究科情報統合医学皮膚科教室 教授

専門分野

アレルギー性皮膚疾患、膠原病の病態解析と治療法の開発、表皮と真皮の相互作用、痒みのメカニズムの解析、皮膚と生体リズム

紹介

長年にわたって大阪大学を中心に北里大学、東京医科歯科大学及び長崎大学で学生の教育、皮膚科専門医の育成と皮膚疾患患者の診療、アトピー性皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎、痒疹などのアレルギー性皮膚疾患や白斑の診療ガイドラインの策定、皮膚科学の研究に一貫して携わり、我が国の皮膚科学、アレルギー学の発展に貢献をしている。

略歴

1977年 北海道大学医学部卒業
1977年 大阪大学医学部附属病院において臨床補助の研究に従事
1977年 医員(研修医)(大阪大学医学部附属病院)
1982年 医員(シニア非常勤)(大阪大学医学部附属病院)
1985年 国立大阪病院皮膚科(厚生技官)
1986年 北里大学医学部助手
1987年 北里大学医学部講師
1990年 東京医科歯科大学助教授医学部 
1986年 長崎大学教授医学部
2002年 長崎大学教授大学院医歯薬学総合研究科
2004年 大阪大学教授大学院医学系研究科

所属学会・資格・役職など

皮膚科専門医
アレルギー専門医

所属学会
日本研究皮膚科学会評議員(1990〜)
日本アレルギー学会評議員(1994〜)
日本アレルギー学会試験委員(2001〜2005)
日本皮膚科学会代議員(1996〜2006)
日本乾癬学会評議員(1996〜)

受賞・著書・論文など

Books

1) Nishioka K, Katayama I, Matsumoto K. Angiogenetic factor in immune response. "Basic aspect of microcirculation" Ed by TuchiyaM, Asano M, and Oda M(Elsevier Scientific Publ.Amsterdam. )pp190-195、1981

2) Katayama I, and Nishioka K. A humoral factor affecting basophils in contact sensitivity "The biological role of proteinases and their inhibitors in skin" ed by Ogawa H et Ogawa H, Lazarus JD, Hub H (Univ.Tokyo Press) . pp277-283、1985

3) Katayama I and Nishioka K The role of mast cells and their mediators in the pathogenesis of scleroderma. Current topics in scleroderma (e

Books

1) Nishioka K, Katayama I, Matsumoto K. Angiogenetic factor in immune response. "Basic aspect of microcirculation" Ed by TuchiyaM, Asano M, and Oda M(Elsevier Scientific Publ.Amsterdam. )pp190-195、1981

2) Katayama I, and Nishioka K. A humoral factor affecting basophils in contact sensitivity "The biological role of proteinases and their inhibitors in skin" ed by Ogawa H et Ogawa H, Lazarus JD, Hub H (Univ.Tokyo Press) . pp277-283、1985

3) Katayama I and Nishioka K The role of mast cells and their mediators in the pathogenesis of scleroderma. Current topics in scleroderma (ed by Mori S) pp181-186, 1992.
4) Katayama I, Murota H, Igawa K, Satoh T, Nishioka K, Yokozeki H. Allergy Frontiers: Future
Perspectives (Targetting STAT6 in atipic eczema/dermatitis)167-178, Springer, 2009.


5) Katayama I, Murota H. Therapy of skin diseases:A worldwide perspective on therapeutic approaches and their molecular basis:Eosinophilic dermatosis. Ed by Krieg T, Bickers DR, Miyachi Y. Springer, 2010
6) Takahashi A, Tani S, Murota H, Katayama I. Histamine Modulates Sweating and Affects Clinical Manifestations of Atopic Dermatitis. Curr Probl Dermatol. 2016;51:50-6. Ed by Yokozeki h, Murota H, Katayama I. Karger, 2017

7) Katayama I.. Curr Probl Dermatol. 2016;51:62-74. Abberant Sudomotor Functions in Sjögren's Syndrome: Comparable Study with Atopic Dermatitis on Dry Skin Manifestation. Ed by Yokozeki h, Murota H, Katayama I. Karger, 2017

5 selected publications
1) Maeda Y, Nishikawa H, Sugiyama D, Ha D, Hamaguchi M, Saito T, Nishioka M, Wing JB, Adeegbe D, Katayama I, Sakaguchi S. Detection of self-reactive CD8⁺ T cells with an anergic phenotype in healthy individuals.
Science 2014.346(6216):1536-40.
2) K Ezzedine, HW Lim, T Suzuki, I Katayama, I Hamzavi, CCE Lan, BK Goh et al.
Revised classification/nomenclature of vitiligo and related issues: the Vitiligo Global Issues Consensus Conference.
Pigment cell & melanoma research 2012. 25 (3): E1-E13.
3) Kotobuki Y, Tanemura A, Yang L, Itoi S, Wataya-Kaneda M, Murota H, Fujimoto M, Serada S, Naka T, Katayama I. Dysregulation of melanocyte function by Th17-related cytokines: significance of Th17 cell infiltration in autoimmune vitiligo vulgaris.
Pigment Cell Melanoma Res 2012. 25(2):219-30.
4) T Yamamoto, S Takagawa, I Katayama, K Yamazaki, Y Hamazaki, Animal model of sclerotic skin. I: Local injections of bleomycin induce sclerotic skin mimicking scleroderma. J Invest Dermatol 1999. 112 (4): 456-62.

5) N Teramoto, I Katayama, H Arai, H Eto, K Kamimura, M Uetsuka, S Kondo, et al. Annular erythema: a possible association with primary Sjögren's syndrome
J Am Acad Dermatol 1989. 20 (4):596-60

Awards:
(1) 6th Ogawa-Seiji Memorial Award (for Dermatological Researcher, 2015 )

続きを見る

片山 一朗先生 の所属する医療機関

大阪大学医学部附属病院

TEL: 06-6879-5111

大阪大学医学部附属病院

大阪府吹田市山田丘2-15

大阪高速鉄道(大阪モノレール)国際文化公園都市線(彩都線)「阪大病院前駅」 徒歩1分

JR東海道本線(京都線)「茨木駅」 バス利用可能(近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車) 車15分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 原則紹介制(予約は医療機関経由のみ) 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科

片山 一朗 先生 の記事