新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

大阪大学大学院医学系研究科産科学婦人科学教室 教授、日本産科婦人科学会 理事長

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本生殖医学会 生殖医療専門医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医 日本周産期・新生児医学会 指導医

木村 正 きむら ただし 先生

公開日
2020/04/09

1985年より大阪大学と関連病院で産科・婦人科・生殖医療の修練を積む。2006年より現職。2018年~2020年医学部附属病院病院長。2019年より公益社団法人日本産科婦人科学会理事長。

基本情報

診療科

  • 産科
  • 婦人科

主な領域

  • 婦人科癌・合併症妊娠・生殖医療
  • 腹腔鏡手術 ・集学的治療 ・母体救命 ・合併症妊娠 ・胎児診断・胎児治療 ・高度生殖医療 ・がん生殖医療

資格・所属学会

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本生殖医学会 生殖医療専門医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医・婦人科腫瘍指導医
日本周産期・新生児医学会 指導医

役職など

  • 大阪大学大学院医学系研究科産科学婦人科学教室 教授
  • 日本産科婦人科学会 理事長

所属病院

大阪大学医学部附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 老年内科 漢方内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 大阪府吹田市山田丘2-15
  • 大阪モノレール彩都線「阪大病院前駅」 徒歩1分 京都線「茨木駅」 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 阪急京都本線「茨木市駅」 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 北大阪急行電鉄「千里中央駅」 阪急バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス
  • 06-6879-5111
大阪大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1985年 大阪大学医学部 卒業
1986年 大阪労災病院 医員
1991年 大阪大学 助手
1995年 ハンブルグ大学 留学
2001年 大阪府立成人病センター
2005年 大阪大学 講師
2006年 大阪大学 教授
2018年 大阪大学医学部附属病院 病院長(~2020年)

論文

  • Pretreatment tumor-related leukocytosis misleads positron emission tomography-computed tomography during lymph node staging in gynecological malignancies.Nat Commun. 2020 Mar 13;11(1):1364. doi: 10.1038/s41467-020-15186-z

    Mabuchi S, Komura N, Sasano T, Shimura K, Yokoi E, Kozasa K, Kuroda H, Takahashi R, Kawano M, Matsumoto Y, Kato H, Hatazawa J, Kimura T.

  • Functional Hierarchy of Uterotonics Required for Successful Parturition in Mice.Endocrinology. 2019 Dec 1;160(12):2800-2810. doi: 10.1210/en.2019-00499.

    Yoshida M, Takayanagi Y, Ichino-Yamashita A, Sato K, Sugimoto Y, Kimura T, Nishimori K.

  • Copper ions are novel therapeutic agents for uterine leiomyosarcoma.Am J Obstet Gynecol. 2020 Jan;222(1):64.e1-64.e16. doi: 10.1016/j.ajog.2019.07.030.

    Kakuda M, Matsuzaki S, Ueda Y, Shiomi M, Matsuzaki S, Kimura T, Fujita M, Egawa-Takata T, Kobayashi E, Serada S, Yoshino K, Naka T, Kimura T.

  • Epidemiologic and Clinical Analysis of Cervical Cancer Using Data from the Population-Based Osaka Cancer Registry.Cancer Res. 2019 Mar 15;79(6):1252-1259. doi: 10.1158/0008-5472.CAN-18-3109.

    Yagi A, Ueda Y, Kakuda M, Tanaka Y, Ikeda S, Matsuzaki S, Kobayashi E, Morishima T, Miyashiro I, Fukui K, Ito Y, Nakayama T, Kimura T.

  • Beyond resumption of the Japanese Government's recommendation of the HPV vaccine.Lancet Oncol. 2018 Dec;19(12):1563-1564. doi: 10.1016/S1470-2045(18)30573-4

    Ueda Y, Yagi A, Ikeda S, Enomoto T, Kimura T.

  • LSR Antibody Therapy Inhibits Ovarian Epithelial Tumor Growth by Inhibiting Lipid Uptake.Cancer Res. 2018 Jan 15;78(2):516-527. doi: 10.1158/0008-5472.CAN-17-0910.

    Hiramatsu K, Serada S, Enomoto T, Takahashi Y, Nakagawa S, Nojima S, Morimoto A, Matsuzaki S, Yokoyama T, Takahashi T, Fujimoto M, Takemori H, Ueda Y, Yoshino K, Morii E, Kimura T, Naka T.

  • In vivo loss-of-function screens identify KPNB1 as a new druggable oncogene in epithelial ovarian cancer.Proc Natl Acad Sci U S A. 2017 Aug 29;114(35):E7301-E7310. doi: 10.1073/pnas.1705441114.

    Kodama M, Kodama T, Newberg JY, Katayama H, Kobayashi M, Hanash SM, Yoshihara K, Wei Z, Tien JC, Rangel R, Hashimoto K, Mabuchi S, Sawada K, Kimura T, Copeland NG, Jenkins NA.

  • Outcomes for girls without HPV vaccination in Japan.Lancet Oncol. 2016 Jul;17(7):868-869. doi: 10.1016/S1470-2045(16)00147-9.

    Tanaka Y, Ueda Y, Egawa-Takata T, Yagi A, Yoshino K, Kimura T.

  • Hydroxylated fullerene: a potential antiinflammatory and antioxidant agent for preventing mouse preterm birth.Am J Obstet Gynecol. 2015 Nov;213(5):708.e1-9. doi: 10.1016/j.ajog.2015.07.017.

    Wakimoto T, Uchida K, Mimura K, Kanagawa T, Mehandjiev TR, Aoshima H, Kokubo K, Mitsuda N, Yoshioka Y, Tsutsumi Y, Kimura T, Yanagihara I.

  • Uterine cervical cancer displaying tumor-related leukocytosis: a distinct clinical entity with radioresistant feature.J Natl Cancer Inst. 2014 Jun 19;106(7). pii: dju147. doi: 10.1093/jnci/dju147.

    Mabuchi S, Matsumoto Y, Kawano M, Minami K, Seo Y, Sasano T, Takahashi R, Kuroda H, Hisamatsu T, Kakigano A, Hayashi M, Sawada K, Hamasaki T, Morii E, Kurachi H, Matsuura N, Kimura T.

  • Pravastatin induces placental growth factor (PGF) and ameliorates preeclampsia in a mouse model.Proc Natl Acad Sci U S A. 2011 Jan 25;108(4):1451-5. doi: 10.1073/pnas.1011293108

    Kumasawa K, Ikawa M, Kidoya H, Hasuwa H, Saito-Fujita T, Morioka Y, Takakura N, Kimura T, Okabe M.

  • The effect of tumor-associated protein RCAS1 gene silencing on blood pressure and urinary protein excretion in pregnant mouse: a pilot study.Am J Obstet Gynecol. 2010 Oct;203(4):364.e6-364.e12. doi: 10.1016/j.ajog.2010.05.015.

    Tskitishvili E, Nakamura H, Kinugasa-Taniguchi Y, Kanagawa T, Shimoya K, Tomimatsu T, Kimura T.

  • Nicotine restores endothelial dysfunction caused by excess sFlt1 and sEng in an in vitro model of preeclamptic vascular endothelium: a possible therapeutic role of nicotinic acetylcholine receptor (nAChR) agonists for preeclampsia.Am J Obstet Gynecol. 2010 May;202(5):464.e1-6. doi: 10.1016/j.ajog.2010.01.037.

    Mimura K, Tomimatsu T, Sharentuya N, Tskitishvili E, Kinugasa-Taniguchi Y, Kanagawa T, Kimura T.

  • Endometrial carcinoma with extra-abdominal metastasis: improved prognosis following cytoreductive surgery.Ann Surg Oncol. 2010 Apr;17(4):1111-7. doi: 10.1245/s10434-009-0892-8.

    Ueda Y, Enomoto T, Miyatake T, Egawa-Takata T, Ugaki H, Yoshino K, Fujita M, Kimura T.

  • Pervasive social deficits, but normal parturition, in oxytocin receptor-deficient mice.Proc Natl Acad Sci U S A. 2005 Nov 1;102(44):16096-101.

    Takayanagi Y, Yoshida M, Bielsky IF, Ross HE, Kawamata M, Onaka T, Yanagisawa T, Kimura T, Matzuk MM, Young LJ, Nishimori K.

  • Highly efficient and minimally invasive in-vivo gene transfer to the mouse uterus using haemagglutinating virus of Japan (HVJ) envelope vector.Mol Hum Reprod. 2003 Oct;9(10):603-9.

    Nakamura H, Kimura T, Ikegami H, Ogita K, Koyama S, Shimoya K, Tsujie T, Koyama M, Kaneda Y, Murata Y.

  • Expression of oxytocin receptor in human pregnant myometrium.Endocrinology. 1996 Feb;137(2):780-5.

    Kimura T, Takemura M, Nomura S, Nobunaga T, Kubota Y, Inoue T, Hashimoto K, Kumazawa I, Ito Y, Ohashi K, Koyama M, Azuma C, Kitamura Y, Saji F.

  • Expression and localization of human oxytocin receptor mRNA and its protein in chorion and decidua during parturition.J Clin Invest. 1994 Jun;93(6):2319-23.

    Takemura M, Kimura T, Nomura S, Makino Y, Inoue T, Kikuchi T, Kubota Y, Tokugawa Y, Nobunaga T, Kamiura S, et al.

  • Structural organization of the human oxytocin receptor gene.J Biol Chem. 1994 Dec 23;269(51):32451-6.

    Inoue T, Kimura T, Azuma C, Inazawa J, Takemura M, Kikuchi T, Kubota Y, Ogita K, Saji F.

  • Structure and expression of a human oxytocin receptor.Nature. 1992 Apr 9;356(6369):526-9.

    Kimura T, Tanizawa O, Mori K, Brownstein MJ, Okayama H.

  • Studies on the pathogenesis of choriocarcinoma by analysis of restriction fragment length polymorphisms.Cancer Res. 1990 Feb 1;50(3):488-91.

    Azuma C, Saji F, Nobunaga T, Kamiura S, Kimura T, Tokugawa Y, Koyama M, Tanizawa O.

  • The use of serum TA-4 in monitoring patients with malignant transformation of ovarian mature cystic teratoma.Cancer. 1989 Jul 15;64(2):480-3.

    Kimura T, Inoue M, Miyake A, Tanizawa O, Oka Y, Amemiya K, Mineta H, Neki R, Nishino H, Morishige K, et al.

著書

  • 【共著】木村 正 産婦人科疾患 最近の動向 今日の治療指針 2020、2019、2018、2017、2016、2015年版 医学書院

その他

  • 【受賞】令和元年 産科医療功労者厚生労働大臣表彰

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)特設サイト

特設サイトを見る

気になる症状をオンラインで医療チームに相談ができます

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

アプリから医療相談する
初回
無料

東京海上日動火災保険・ 東京海上日動あんしん生命のお客様 は、期間限定無料で医療相談が可能です。