新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

大阪大学 大学院医学研究科 内科系臨床医学専攻 血液・腫瘍内科学 講師

西村 純一 にしむら じゅんいち 先生

1988年川崎医科大学卒業。現在は大阪大学大学院医学研究科 内科系臨床医学専攻 血液・腫瘍内科学 講師。発作性夜間ヘモグロビン尿症を専門とし、患者の会とも積極的な交流を行う。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 血液内科
  • 発作性夜間ヘモグロビン尿症
  • 骨髄不全疾患
  • 溶血

資格・学会・役職

  • 大阪大学 大学院医学研究科 内科系臨床医学専攻 血液・腫瘍内科学 講師
  • 医学博士 取得
  • 日本内科学会 会員
  • 日本血液学会 評議員
  • 近畿血液学会 評議員
  • American Society of Hematology 会員

所属病院

大阪大学医学部附属病院

  • 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 腫瘍内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 老年内科 漢方内科 内分泌外科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 大阪府吹田市山田丘2-15
  • 大阪モノレール彩都線「阪大病院前駅」 徒歩1分 京都線「茨木駅」 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 阪急京都本線「茨木市駅」 近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス 北大阪急行電鉄「千里中央駅」 阪急バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車 バス
  • 06-6879-5111
大阪大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 川崎医科大学医学部卒業
1994年 大阪大学大学院卒業 医学博士取得
2002年 Duke University Medical Center, Assistant Research Professor
2007年 大阪大学大学院医学系研究科 内科系臨床医学専攻,特任助教(常勤),専任
2009年 大阪大学大学院医学系研究科 内科系臨床医学専攻,助教,専任
2010年 大阪大学大学院医学系研究科 医学専攻,助教(学部内講師),専任

論文

Miyata T, Yamada N, Iida Y, Nishimura J, Takeda J, Kitani T, and Kinoshita T. Abnormalities of PIG-A transcripts in granulocytes from patients with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria. N Engl J Med 330:249-255, 1994.
Nishimura J, Inoue N, Wada H, Ueda E, Pramoonjago P, Hirota T, Machii T, Kageyama T, Kanamaru A, Takeda J, Kinoshita T and Kitani T. A patient with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria bearing four independent PIG-A mutant clones. Blood 89:3470-3476, 1997.
Nishimura J, Phillips KL, Ware RE, Hall S, Wilson L, Gentry TL, Howard TA, Murakami Y, Shibano M, Machii T, Gilboa E, Kanakura Y, Takeda J, Kinoshita T, Rosse WF, and Smith CA. Efficient retrovirus-mediated PIG-A gene transfer and stable restoration of GPI-anchored protein expression in cells with the PNH phenotype. Blood 97:3004-3010, 2001.
Nishimura J, Hirota T, Kanakura Y, Machii T, Kageyama T, Doi S, Wada H, Masaoka T, Kanayama Y, Fujii H, Inoue N, Kuwayama M, Inoue N, Ohishi K, and Kinoshita T. Long-term support of hematopoiesis by a single stem cell clone in patients with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria. Blood 99:2748-2751, 2002.
Nishimura J, Kanakura Y, Ware RE, Shichishima T, Nakakuma H, Ninomiya H, deCastro CM, Kanamaru A, Sullivan KM, Mizoguchi H, Omine M, Kinoshita T, and Rosse WF. The clinical course and flow cytometric analysis of PNH in the USA and Japan. Medicine 83:193-207, 2004.
Parker C, Omine M, Richards S, Nishimura J, Bessler M, Ware R, Hillmen P, Luzzatto L, Young N, Kinoshita T, Rosse W and Socin G. Diagnosis and Management of Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria [Review]. Blood 106:3699-3709, 2005.
Inoue N, Izui-Sarumaru T, Murakami Y, Endo Y, Nishimura JI, Kurokawa K, Kuwayama M, Shime H, Machii T, Kanakura Y, Meyers G, Wittwer C, Chen Z, Babcock W, Frei-Lahr D, Parker CJ, and Kinoshita T. Molecular basis of clonal expansion of hematopoiesis in two patients with paroxysmal nocturnal hemoglobinuria (PNH). Blood 108:4232-4236, 2006.
Nishimura J, Yamamoto M, Hayashi S, Ohyashiki K, Ando K, Brodsky AL, Noji H, Kitamura K, Eto T, Takahashi T, Masuko M, Matsumoto T, Wano Y, Shichishima T, Shibayama H, Hase M, Li L, Johnson K, Lazarowski A, Tamburini P, Inazawa J, Kinoshita T, Kanakura Y. Genetic variants in C5 and poor response to eculizumab. N Engl J Med 370:632-639,2014.
Goodship THJ, Pinto F, Weston-Davies WH, Silva J, Nishimura J, Nunn MA, Mackie I, Machin SJ, Palm L, Pryce JW, Chiesa R, Amrolia P, Veys P. Use of the complement inhibitor Coversin to treat HSCT-associated TMA. Blood Advances 1:1254-1258,2017.

著書

発作性夜間ヘモグロビン尿症(PNH) 〜遺伝子異常の解析から新規治療の臨床・開発まで〜、医薬ジャーナル社、2015年
Paroxysmal Nocturnal Hemoglobinuria: From Bench to Bedside、Springer、2017年
内科学 第11版、朝倉書店、2017年

その他

  • 【受賞】 難病医学研究財団 研究奨励賞、2000年

  • 【受賞】Roche Foundation for Anemia Research RoFAR Award、2005年

  • 【受賞】第50回補体シンポジウム 優秀賞、2012年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師