S414x320 a2eb0f1c 0498 48cc 98cb 2688220e535b

ニュース

公開日 : 2017 年 11 月 29 日
更新日 : 2017 年 11 月 30 日

培養鼻腔粘膜上皮細胞シート移植による中耳粘膜再生治療。治療の流れや今後の展望

東京慈恵会医科大学では、真珠腫と癒着性中耳炎の患者さんを対象に、鼻の粘膜から、粘膜細胞シートをつくり、粘膜欠損部位に移植する「培養鼻腔粘膜上皮細胞シート移植による中耳粘膜再生治療」の研究を行っています。

今回は記事1『近年注目の再生医療とは? 耳鼻科領域でも研究が進んでいる』に引き続き、東京慈恵会医科大学附属病院 耳鼻咽喉科診療部長の小島博己先生に、治療の流れや臨床試験の結果、再生医療の今後の展望についてお話しをうかがいしました。

乳突蜂巣に粘膜を移植することで再発は防げる その方法とは?

記事1『近年注目の再生医療とは? 耳鼻科領域でも研究が進んでいる』でご説明したように、真珠腫・癒着性中耳炎の治療として、鼓室形成術だけを行ったとしても、もともとの原因である乳突蜂巣の空気や粘膜の状態は変わりません。そのため、再発率が高い治療法でした。

乳突蜂巣
乳突蜂巣

そこで、乳突蜂巣の粘膜が欠損している箇所に、新たな粘膜を移植すれば疾患の再発がなくなるという考えが出ました。しかし、もともと患者さんの乳突蜂巣内にある粘膜は少ないため、培養するにも量が足りないといった問題がありました。また、口の粘膜を移植するという方法もありますが、口の中を大きく切ると強い痛みが発生するという障害があります。

鼻の粘膜から取る

我々は、上記の問題を解決するために、鼻から粘膜を採取し粘膜の細胞シートをつくり患者さんに移植するという方法を考えました。培養した粘膜の細胞を耳に移植するという方法は、世界初の医療です。

鼻の粘膜は耳の粘膜と性質が近く、奥まで続いているため安易に必要な量を取ることが可能です。採取時に多少の鼻血は出ますが、電気凝固で止めることができます。

2014年から臨床試験を開始

東京慈恵会医科大学では、培養鼻腔粘膜上皮細胞シート移植による中耳粘膜再生治療の臨床試験を、2014年から開始しました。臨床試験を行うためには、さまざまな審査を通過しなければならず、非常に狭き門です。我々がこの治療について研究を開始したのは2004年だったため、10年かかりやっと臨床試験までたどり着くことができました。

また、耳鼻科領域の再生医療で臨床試験を実施するのは、この治療法が初めてです。治療の対象疾患は、真珠腫と癒着性中耳炎で(真珠腫と癒着性中耳炎の詳しい解説は、記事1耳鼻科領域でも研究が進んでいる再生医療についてをご参照ください)、対象年齢は20歳以上です。

連載記事