疾患啓発(スポンサード)

喀血とは?吐血との違いや原因について

喀血とは?吐血との違いや原因について
石川 秀雄 先生

医療法人えいしん会 理事長・病院長 医療法人えいしん会 岸和田リハビリテーション病院 喀血・肺...

石川 秀雄 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

肺や気管支から出血が起こる「喀血(かっけつ)」は、咳や呼吸困難の症状を伴うことが多いことから、生命の恐怖を感じる症状といえます。その喀血の治療がご専門の石川秀雄先生は、「いつまた喀血を起こすかわからない恐怖から患者さんを救い出すことが、喀血治療を専門に行う私たちの役割である」とおっしゃいます。

今回は、岸和田リハビリテーション病院 喀血・肺循環センターのセンター長である石川秀雄先生に、喀血についてお話を伺います。

喀血とは

喀血は、肺や気管支から出血が起こることで、口から血液を吐き出すことを指します。原因不明で起こる喀血もありますが、多くの場合は何らかの病気の症状として現れます。

喀血と間違いやすい「吐血」との違いは?

喀血と同じように、口から血を吐き出す症状に「吐血(とけつ)」があります。吐血は胃や食道、十二指腸などの消化管から起こる出血のことです。

喀血と吐血は、詳しい検査を行うことで鑑別ができますが、症状だけでは判断に迷うケースが多々あります。症状の違いについて強いて挙げるとすれば、以下のようなことが挙げられます。

喀血は真っ赤な血液、吐血は赤黒い血液

一般的に喀血によって吐き出された血液は真っ赤なのですが、吐血した血液は赤黒いことが多いです。これは、吐血の血液は胃液によって酸化されることで、黒く変色するためです。例外的に、食道からの吐血の場合は血液が胃を通過しないため、喀血と同じように赤い血液が吐き出されます。

喀血は血液に泡が含まれていたり、咳を伴ったりすることが多い

喀血は、血液に泡が含まれていることが多いです。これは、血液が気道を通って吐き出されるためです。また、咳や呼吸困難などの呼吸器症状を伴うことが多いです。

喀血を引き起こす原因

喀血を引き起こす原因には、以下のような呼吸器疾患があります(上から発症頻度が多い順)。

  • 気管支拡張症
  • 非結核性抗酸菌症
  • 特発性喀血症(原因不明で発症する喀血)
  • 肺アスペルギルス症
  • 肺結核後遺症
  • 肺がん

そのほか、肺動静脈奇形の破裂や、呼吸器以外の病気として、大動脈が裂ける「大動脈解離」の急性期や手術後に喀血が起こることもあります。

喀血・肺循環センターにおける喀血患者の基礎疾患別分類(2006年5月15日〜2013年10月31日の喀血患者連続833例)

喀血がみられるときに行う検査

造影CT検査(CTアンギオ)

当院では喀血の患者さんに対して、造影CT検査(以下CTアンギオ)を行います。CTアンギオで調べることは、喀血の原因疾患と喀血を引き起こしている血管の2つです。

CTアンギオでこれらを調べたあとに、喀血を引き起こしている血管を詰める気管支動脈塞栓術(BAE)などの治療を行います(※BAEについては記事2『喀血の治療法−カテーテルで行う「気管支動脈塞栓術(BAE)」について詳しく解説』で解説しています)。

下の写真をご覧いただくと分かるように、CTアンギオでは、血管を3Dで映し出すことができます。そのため、治療すべき血管が、どこに、何本、どのような角度で存在しているかを、精密に解析することが可能です。

CTアンギオ

CTアンギオ

CTアンギオ
喀血・肺循環センターにおけるCTアンギオの画像。あらゆる角度から血管などを立体的に捉えることができる

大量の喀血が起きると

大量の喀血が起きると、呼吸不全を引き起こし、人工呼吸を必要とする場合もあります。また血液によって窒息が起こり、最悪の場合には命を落とす危険性もあります。

喀血が起きたときはどうしたらいい?

喀血を我慢すると、血液が詰まって呼吸不全をきたすことも

喀血が生じたときには、なるべく我慢せずに、血液を吐き出してください。なぜなら、喀血を我慢すると血液が気道で固まってしまい、呼吸不全に陥ってしまう恐れがあるためです。

しかし、バスや電車など人が多く集まっている場所で喀血すると、「周りの人をびっくりさせてしまうのではないか…」と恐れ、ぐっと我慢してしまう方は少なくありません。そのため、喀血が起きたときに我慢をしないで済むよう、常に袋を持参するなどの工夫をするとよいでしょう。

喀血が起きたときの受診のタイミング

少量の喀血でも呼吸器内科へ受診を

喀血が起きた場合には、たとえ少量の喀血であっても、まずは呼吸器内科への受診をおすすめします。喀血を引き起こしている原因疾患を調べておくことは、大切なことです。まれに肺がんや結核など命にかかわる病気が隠れていることもあるため、なるべく早めに受診するようにしましょう。

また、喀血が起きたときに、血液を飲み込んではいけないと考えている方も多くいらっしゃいますが、実際には飲み込んでしまっても問題ありません。飲み込むのは気管ではなく食道だからです。

喀血で悩む患者さんへ

石川先生

いつ喀血をきたすか分からない恐怖に怯える「喀血神経症」の方は多い

喀血では、真っ赤な血液を吐き出してしまうことに加えて、呼吸困難を伴うこともあるため、生命の恐怖を感じる患者さんは多いでしょう。

そして、一度喀血を起こすと喀血に対して神経質になり、喀血の恐怖にいつも怯えてしまう「喀血神経症」に悩む患者さんはとても多くいらっしゃいます。

たとえば、喀血になると入浴を禁じられることから、「お風呂に入ったら喀血が起きる」と強く思いこんでしまい、長年にわたってお風呂に入っていない方もいらっしゃいます。しかし実際には、血痰や喀血がみられない限り、入浴しても問題ありません。また、いつ喀血になるか分からない恐怖から、バスや電車に乗れない患者さんもいらっしゃいます。

こうした喀血神経症に悩む患者さんは多くいらっしゃるにもかかわらず、止血剤の投与のような対症療法しか受けられておらず、喀血を何度も繰り返している患者さんは少なくありません。そのような患者さん達を救うのが、喀血治療を専門にしている私たちの役割だと考えています。

喀血の主な治療方法には、カテーテル(医療用の細い管)を血管内から挿入して行う「気管支動脈塞栓術(BAE)」という治療法があります。つづく記事2『喀血の治療法−カテーテルで行う「気管支動脈塞栓術(BAE)」について詳しく解説』では、この気管支動脈塞栓術(BAE)について重点的にお話しします。