新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

子どもに口内炎ができる原因と治療、予防法

子どもに口内炎ができる原因と治療、予防法
仲野 道代 先生

岡山大学病院 小児歯科 科長

仲野 道代 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

口内炎は、大人だけがかかるものではありません。小さな子どもであっても口内炎にかかることがあります。この記事では、子どもの口内炎の原因や治療、予防法について解説します。

子どもが口の中を気にする仕草をしていたり、食欲がなさそうに見えたりした場合は、口の中を隅々までチェックしてみましょう。

子どもの口内炎の中には、感染症やそのほかの病気が原因となって生じていることもあります。口の中を観察し、早めに気付いてあげることが大切です。

歯ブラシや食器など口に入れたものが当たってしまったり、運動中にけがをしてしまったり、何らかの理由によって口の中に傷がつくと、口内炎を引き起こすことがあります。

手足口病ヘルパンギーナは、ウイルス感染によって発症する病気で、口内炎が主な症状のひとつとなっています。手足口病で重度の場合は、唇の内側や舌、喉にまで口内炎ができます。ヘルパンギーナは口の中などに小水疱(しょうすいほう)(水ぶくれ)ができて喉にも炎症が起き、高熱が出るのが特徴です。 

口内炎が主な症状のひとつとなる病気に、ベーチェット病などの自己免疫疾患のほか、周期性発熱、アフタ性口内炎、頸部リンパ節炎咽頭炎を主症状とするPFAPA症候群などがあります。比較してみるとほかの原因より頻度は低いですが、口内炎を何度も繰り返したり、治らなかったりする場合には注意が必要です。

大人の口内炎と同様に、子どもでも疲れていたり悩んでいたりすることで心身にストレスのかかる状態が口内炎を発症させることがあります。特に、子どもは大人に比べて環境の変化に弱いため、普段の生活リズムと違う状況のときなどは注意してあげましょう。

子どもの口内炎は、子ども特有の感染症が原因である場合もあります。そのため、歯科、口腔外科以外に、小児科でも受診が可能なことも多いです。かかりつけの小児科で診察が可能かどうかは、電話などであらかじめ確認しておくとよいでしょう。大人の口内炎と同じような白や黄色っぽい小さな円形のものが口の中に一つできるだけであれば、通常1~2週間ほどで自然に治ります。しかし、口内炎の数が多い、状態がいつもと違うなどといった場合には、ほかの病気である可能性もあるため、受診を検討しましょう。

疲れやビタミン不足などが原因となる一般的な口内炎の場合、うがい薬や軟こうなどが治療に使用されます。

手足口病ヘルパンギーナなどの感染症が原因の場合には、病気を根本的に治す薬はないため、発熱や痛みなどの症状を抑える治療が行われます。安静にし、口内炎の症状が改善していくのを待ちましょう。ただし、症状がなかなか改善しない、高熱や嘔吐がある、ぐったりとしている場合には医師に相談するようにしましょう。

子どもの口内炎を防ぐために、日頃から以下のような点に注意して口内炎を予防してあげるようにしましょう。

唾液の分泌量が低下し、口の中が乾いた状態になると、細菌が繁殖して口内炎ができやすい状況になります。体内の水分量が低下すると唾液の分泌量も減ってしまうため、こまめに水分補給することを心がけましょう。

口の中の環境が悪化すると、細菌が増殖して口内炎ができやすくなります。歯みがきやうがいをしっかりと行い、口の中を清潔に保つようにしましょう。

口内炎の予防や改善にはビタミンB群がよいといわれています。

ビタミンBはレバーや緑黄色野菜、納豆などに多く含まれます。子どもが苦手な食材は、ほかの食べやすい食材と一緒に火を通すなど工夫してあげるとよいでしょう。ただし、ビタミンB群は水溶性で、調理などによって栄養素が失われてしまうことがあるため、スープなどにすることがよいと考えられています。

疲労による体力や免疫の低下は、口内炎の原因のひとつと捉えられています。温度や明るさなど睡眠の環境を整えて、夜はぐっすり眠れるようにしましょう。年齢や活動量によっては昼寝が必要なこともあります。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が34件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

    「口内炎」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。