すぽーつしょうがい

スポーツ障害

最終更新日
2021年04月30日
Icon close
2021/04/30
更新しました

概要

スポーツ障害とは、スポーツよって骨、筋肉、靱帯、腱、関節などにダメージが加わって引き起こされる外傷の総称のことです。

スポーツ障害に含まれる外傷は多岐にわたり、打撲捻挫骨折といったスポーツによる突発的な外力が加わることによって生じるもの、疲労骨折野球肘テニス肘などのようにスポーツによって慢性的な外力が加わることによって生じるものに分けられます。

いずれも軽症な場合は、理学療法、装具やギプスによる固定・安静、鎮痛剤などを用いた薬物療法などを行えば改善します。しかし、重症な場合には手術が必要になるケースも少なくありません。

発症を予防するには、過度な運動は避け、スポーツ前のストレッチやウォーミングアップ、適切な用具の使用などを心がけることが大切です。

原因

スポーツ障害にはさまざまな外傷が含まれており、原因も外傷の種類によって異なります。

しかし、いずれもスポーツを行うことによって骨、筋肉、靱帯、腱、関節など運動に関わる器官に外力が加わってダメージを受けることが根本的な原因となります。特に、足、膝、肘、肩などスポーツの際に負担がかかりやすい部位に発症することが多く、ジャンプやダッシュなどの動作が多いスポーツほど発症リスクは高くなります。

またスポーツ障害はスポーツによる外力だけでなく、栄養状態の低下、疲れや睡眠不足の蓄積、スポーツをする場面に相応しくない靴の着用なども要因として挙げられます。

症状

スポーツ障害は症状の現れ方も外傷の種類と重症度によって大きく異なります。

テニス肘やゴルフ肘、オスグッド病など慢性的な外力が加わることによって引き起こされるスポーツ障害は関節のひっかかりや運動時の痛みなど軽度な症状から現れ、悪化すると安静にしていても痛みを感じるようになります。一方、慢性的な外力によるスポーツ障害の中でも疲労骨折は、下肢・肋骨(ろっこつ)・腕などの骨に徐々に亀裂が入って骨折を引き起こしますが、急激な痛みを引き起こすケースも少なくありません。

また、突発的な外力によって生じる打撲捻挫・骨折・脱臼などは受傷時に強い痛みが生じ、患部の腫れ、発赤、熱感、内出血などを引き起こすのが特徴です。重症な場合には周囲の神経などを傷つけてしびれや感覚低下などを伴うこともあります。

検査・診断

スポーツ障害が疑われるときは、発症部位や疑われる外傷の種類によって次のような検査が必要に応じて行われます。

画像検査

骨、筋肉、靱帯、腱、関節などに異常がないか調べるために画像検査が行われます。外傷の種類により、X線、CT、MRI、エコーなどが用いられます。

骨の異常が疑われる場合はX線検査が有用ですが、筋肉、靱帯、腱、関節内の状態を詳しく調べるにはCTやMRI検査が有用です。

関節鏡検査

前十字靱帯損傷半月板損傷など、関節内にダメージが引き起こされるタイプのスポーツ障害では関節鏡検査を行うことがあります。

関節鏡検査は、皮膚を小さく切開し、カメラが内蔵された機器を挿入して関節内部の状態を確認する検査です。体に負担がかかりますが、治療方針を決めるうえで有用な検査です。

治療

スポーツ障害に含まれる外傷は多岐にわたりますが、基本的には患部を安静にすることが大切です。軽度な外傷であれば、多くは患部の安静を維持することや理学療法で症状は改善します。

症状が改善しない場合は、装具やギプスなどによる固定、鎮痛剤などを用いた薬物療法を行うこともあります。そして、これらの保存的療法では十分な効果が得られない場合は、手術を行わなければならないケースも少なくありません。

予防

スポーツ障害はウォーミングアップやストレッチの不足、単調な運動の繰り返し、偏った筋肉の付き方、スポーツをする場面に相応しくない靴などが発症の要因となります。

スポーツをするときは適度な準備運動をしっかり行い、体をバランスよく使うよう心がけましょう。また、スポーツをした後に体の一部に痛みが生じる場合は、軽く考えずにできるだけ早く医師の診察を受けることが大切です。

医師の方へ

スポーツ障害の詳細や論文等の医師向け情報を、Medical Note Expertにて調べることができます。

この病気の詳細を調べる

「スポーツ障害」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

関連の医療相談が4件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

スポーツ障害を得意な領域としている医師

  • 元 さいわい鶴見病院 関節外科 部長

    • 変形性膝関節症
      • 膝周囲骨切り術
      • 関節鏡
      • 人工膝関節置換術
    • スポーツ障害
      • 分裂膝蓋骨
      • オスグッドシュラッター病
      • ACL損傷
      • 離断性骨軟骨炎
    • 外反母趾