こうせんかびんしょう

光線過敏症

皮膚

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

光線過敏症とは、光を浴びることで皮膚症状が生じる病気です。薬剤や遺伝性疾患、代謝性疾患などを原因として発症することがあります。

光線過敏症では、光を浴びると皮膚が赤くなったり、かゆくなったりします。皮膚症状が現れる状況を詳細に評価し、原因に応じた対応策を講じることが大切です。薬剤が原因となっていることも少なくないため、薬の使用歴も治療方針を決定するために重要となります。

原因

薬剤や遺伝性疾患、代謝性疾患などが原因となります。

薬剤

光線過敏症は、以下のような薬剤を原因として発症することがあります。

  • ニューキノロン系やテトロサイクリン系などの抗生物質
  • 解熱鎮痛剤
  • β遮断薬
  • カルシウム拮抗薬
  • 糖尿病薬
  • 抗がん剤

など

内服薬のみならず、塗り薬や湿布薬が原因となることもあります。また、医薬品以外にも化粧品や日焼け止めなどに含まれる物質が原因となることがあります。

遺伝性疾患、代謝疾患

光線過敏症は、遺伝性疾患や代謝疾患により発症することもあります。具体的には以下のような病気に関連して発症することがあります。

  • ポルフィリン症
  • ペラグラ
  • 色素性乾皮症
  • フェニルケトン尿症
  • 全身性エリテマトーデス
  • 皮膚筋炎
  • シェーグレン症候群

など

症状

光線過敏症では、日光に(さら)された部分を中心に皮膚の発赤や痛み、水ぶくれ、かゆみ、蕁麻疹(じんましん)のような皮膚変化、うろこのような皮膚変化などが生じます。皮膚に生じる変化は、光線による刺激を受けてから早くに現れることもあれば、数日ほど空けてから現れることもあります。

また、まれにアナフィラキシーと呼ばれる状態を起こすことがあります。この場合、頭痛や吐き気、めまい、息苦しさ、ふらつきなどの症状が現れます。

そのほか、光線に対する過敏性が代謝疾患や遺伝性疾患などによって現れている場合には、基礎疾患に関連した症状がみられることもあります。

検査・診断

光線過敏症を診断するためには、下記のような症状出現前後の状況を詳細に聞き取ることが重要です。

  • 日光にあったあとから症状が悪くなった
  • 日光の当たった場所に症状が出ている
  • 以前から原因となりうる内服薬を飲んでいた

など

また、遺伝性疾患や代謝性疾患と関連して病気の発症に至ることもあるため、基礎疾患の確認も重要です。原因疾患を特定するために、血液検査や尿検査、遺伝子検査などが行われることもあります。

光線過敏症が疑われる際には、皮膚のパッチテスト、光内服検査などの検査が検討されます。これら検査では、光に対する皮膚の反応性を評価します。

治療

光線過敏症が疑われる際には、原因を特定したうえで対応策を講じます。

内服薬や外用薬、化粧品などが原因となっている場合には、その物質を中止します。基礎疾患がある場合には病気に応じた治療も検討されます。

また、光線過敏症による症状を緩和させるために、抗ヒスタミン薬やステロイドなどの薬剤が使用されることもあります。

治療の一環として下記のようなことに注意し、そもそもの原因である日光への暴露を極力避けることも大切です。

  • 日中外に出ることを可能な限り控える
  • 外に出る際はできるだけ肌の露出を避ける
  • 日焼け止めの使用を検討する

など

皮膚に疑わしい症状がみられた際には、専門の病院を受診して適切な対応策を講じることが大切です。