新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

鉄欠乏性貧血の症状・検査・診断 主な症状と検査項目は?

鉄欠乏性貧血の症状・検査・診断 主な症状と検査項目は?
平澤 晃 先生

横浜労災病院 血液内科部長/医師臨床研修センター長

平澤 晃 先生

貧血」は、非常によく聞かれる言葉です。健康診断などで指摘されたことがある方もいるかもしれません。そのなかで最も代表的な貧血は「鉄欠乏性貧血」です。これは、女性の10人に1人程度が該当すると言われるとても頻度の高い貧血です。鉄欠乏性貧血の症状・検査・診断について、横浜労災病院血液内科部長の平澤晃先生にお話をお聞きしました。

鉄欠乏性貧血の主な症状は以下の11点です。

  • 動悸
  • 息切れ
  • だるさ
  • 頭が重くなる
  • 疲れやすくなる
  • 味覚がおかしくなる
  • 顔色が悪くなる(血色がなくなる)
  • 胸の痛みがある
  • 爪がもろくなる(スプーン状爪といって、爪の甲が内側にへこんでしまう)
  • 口角炎舌炎
  • 飲み込みづらくなる(嚥下(えんげ)障害)

これらの他には「異食症」と言われる症状があります。異食症は「氷をばりばりと食べたくなる」などが典型的な症状ですが、かつては「壁紙を食べたくなる」など、食物以外のものをも口の中に入れてしまうとも言われていました。

なお、眠気と貧血の関係についてはよく聞かれる質問のひとつですが、眠気は特異的な症状とは言えません。そして、よく貧血と失神が混同されますが、これらも全く別物の症状です。

主な検査項目で、鉄欠乏性貧血を診断するものは以下の5つです。

  • 赤血球数(赤血球の量)
  • ヘモグロビン(ヘモグロビンの量)
  • MCV(赤血球の大きさ)
  • 血清鉄(血中の鉄の量)
  • 血清フェリチン(血中のフェリチンの量)

5つ目のフェリチンという項目は「貯蔵鉄」の指標になります。つまり、どれだけ予備の鉄が体内に蓄えられているかを示しています。
以下に参考とする正常値を示します。ちなみに正常値は施設により計測方法が違うため、大きく異なります。ですからあくまでも参考としてご覧ください。

赤血球数 男性 400~539 (×10⁴/㎜³)
  女性 360~489 (×10⁴/㎜³)
ヘモグロビン 男性 13.0~16.6 g/dl
  女性 11.4~14.6 g/dl
赤血球の大きさ(MCV) 男性 80-100 fl
  女性 80-100 fl
鉄 μg/dl 男性 60-210
  女性 40-170
フェリチン ng/ml 男性 20-200
  女性 10-90

繰り返しとなりますが、施設により計測方法が違うため正常値は大きく異なるうえ、人それぞれで安定している状態も違います。ですから、なかなかこの数値だけですべてを診断するのは難しいと言えます。

一般的にはヘモグロビン値が10を切ったら鉄剤を処方して飲み始めますが、必ずしもその基準(ヘモグロビン10以下で鉄剤を飲み始める)に当てはまらないケースもあります。つまり、治療を開始してからもヘモグロビンの数字に関しては、多少の数値の変動ならばあまり気にするほどのものではないということです。数値に関しては「一喜一憂しない」のが大切で、医師の指示に従いしっかりと鉄剤を飲み続けることが必要です。

受診について相談する
  • 横浜労災病院 血液内科部長/医師臨床研修センター長

    平澤 晃 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が16件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「鉄欠乏性貧血」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。