新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

力動精神医学とは―産業精神医学における力動学的精神療法

力動精神医学とは―産業精神医学における力動学的精神療法
白波瀬 丈一郎 先生

慶應義塾大学 医学部精神・神経科学教室 特任准教授 、慶應義塾大学ストレス研究センター 副セ...

白波瀬 丈一郎 先生

慶応義塾大学ストレス研究センター副センター長の白波瀬丈一郎先生は精神療法をご専門とされ、KEAP(KEIO Employee Assistance Program)という、職場復帰支援を中心としたメンタルヘルス支援プログラムを開発されました。今回は力動学的精神療法についてお話をうかがいました。

精神医学はこれまで職場のメンタルヘルスに医学モデルで対応してきました。「この人はうつ病だから働けなくなりました」「うつ病がよくなれば働けるようになる」というのが医学モデルです。したがって精神科医は「うつ病がよくなったか、よくなっていないか」という点で判断をしていました。

しかし、現場で起きていることは単純ではありません。ある種の不適応が起きているために働けなくなっているのであり、うつ病というのはその要因のひとつに過ぎません。したがって、うつ病だけがよくなったからといって、その人が働けるようになるわけではないのです。

そこにはある種のギャップが存在しており、職場で起きているメンタルヘルス不調に対応するには医学モデルだけでは不十分であると考えます。不適応ということ自体をどう扱うか、つまり、職場に適応できていない現状をどうやって適応させていくかが問題なのです。

ここでも固定的な因果関係―原因があるから結果があるという考え方を持ち込んで「何が原因なのか」「何が悪いのか」という犯人探しをしてしまいがちです。しかし、実際の世の中では、たとえばトヨタの「カイゼン」がそうであるように、何が悪いかではなく、ここをよくしたら全体がよくなるのではないか、ということを考えるべきなのです。

われわれのアプローチも同じことです。本当にそれが原因かどうかは分からなくとも、この不適応状態の中で改善しうるものは何かということを見つけ、それを実践してみる。そのことにより状況のフェーズが変わってうまくいくことがあったり、あるいは新たな問題点や課題が発生したりします。

この場は常に動き続けており、その中で対応できるものには対応しながら、全体としては良い方向に進めていこうという、日々の繰り返しの中で進むプロセスが重要なのだと考えます。

元々の医学モデルは非常にシンプルなもので、感染症はその最たるもののひとつです。悪い原因(微生物)があり、これをやっつければ人間は元気になる、というものです。現在もなお産業の場において、そのような考えにとどまっている部分が見受けられますが、今やそういった単純な図式で解決できる局面は少ないでしょう。

さまざまな因果関係の中で「今」ができあがっていて、ある部分が動けば今の状況も変わっていき、常に動き続けているものであるととらえたときに、われわれが精神医学的な考え方でどうやって関わっていけるのか、それが「力動的精神医学」という考え方です。

動き続けている中で、全体をいかにより望ましい方向へ持っていくかということを試行し続ける、ある種の精神医学的なアプローチであるといえるでしょう。

受診について相談する
  • 慶應義塾大学 医学部精神・神経科学教室 特任准教授 、慶應義塾大学ストレス研究センター 副センター長

    白波瀬 丈一郎 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。