S414x320 231e5b7b c23b 4008 b5da f4bd3e0add75

ニュース

公開日 : 2017 年 07 月 21 日
更新日 : 2017 年 07 月 22 日

がん教育はなぜ重要か?がんを正しく理解してもらうための林和彦先生の試み

東京女子医科大学 がんセンター長の林和彦先生は正しいがんの基礎知識を一般の方に伝えるべく、教員免許を取得して日本各地の教育機関で授業・講演を行なっています。先生は今までもイベントの開催や、医療ドラマの監修などさまざまな分野からがん啓発に取り組んでいました。

本記事では林先生が医師としてどのようなキャリアパスを歩まれ、今までどのような取り組みをされてきたのかについて伺います。

「がんを治す」その信念のもと邁進した30年間

医師

私は物心ついたときから医師を志しており、中学生のとき、父を胃がんで亡くしたことをきっかけにがんを治す医師になることを決意しました。以来私の医師としてのキャリアは、がんとともにあるといっても過言ではありません。

手術、内視鏡検査、抗がん剤、そして緩和ケア

私は医師になってから、手術、内視鏡、抗がん剤、緩和ケアとさまざまな側面からがん治療に従事してきました。

まず医師になった当初は手術によりがんを切って治すことを目指し、東京女子医科大学の消化器外科に入局しました。しかし、がんが進行してしまい手術のできない患者さんや、手術では治らない患者さんもいるということに気づき、早期発見の重要性を実感します。

そこで内視鏡検査による早期発見、また内視鏡による早期がんの治療にも従事しました。しかし、内視鏡検査でみつけた時には、手術もできないような進行がんであることも多く、抗がん剤やがんの遺伝子について勉強するため、アメリカに留学しました。

そして最終的にはがん患者さんを最期まで見守ることも医師として大切な役目であると感じ、緩和ケアを学び、従事してきました。緩和ケアは1人の力ではできない医療です。医師だけでなく、看護師、薬剤師、ソーシャルワーカーなど、さまざまな職種のプロフェッショナルが必要です。がん患者さんに常に最適ながん医療を提供するため、さまざまな診療科、職種が手を取り合い、10年かけて院内にがんセンターを作りました。

私は医師になって30年あまり、さまざまな角度からがん患者さんやそのご家族に向き合ってきました。そのなかで記事1『知っておきたいがんの基礎知識-6割の患者さんはがんを克服できるようになってきた』でもお話ししたように、日本はこんなにもがんの罹患率が高いにもかかわらず、がんのことを正しく理解できていない方がとても多いということを痛感しました。

あまりにも知られていない、がんの現状

患者さんにがんを告知するのは、私たち医師にとっても辛い瞬間です。がんを告知された患者さんは精神的にショックを受け「なんで私が」と悲嘆します。なかにはがんを告知されたショックで自ら命を絶とうとする方すらいらっしゃいます。

確かにこの先の生活や治療のことを不安に思い、「なんで私が」と感じてしまうことも無理はないと思います。しかし今は診断・治療・緩和の技術が向上し、がん患者さんの60%以上はがんを克服しています。それなのに多くの患者さんはその事実を知りません。私はがんに対する知識不足、情報不足が不安を煽り、患者さんやご家族を必要以上に不安にさせている部分もあるのではないかと危惧しています。

また今や日本国民の2人に1人ががんに罹患する時代であり、いつどなたががんに罹患してもおかしくない状況です。がんがこんなに身近な疾患になっているにもかかわらず、みんな「まさか私ががんになるわけない」と根拠なく信じ込んでいるように思います。