S414x320 f9580304 b38b 4360 b1e3 e16ad6f4309e

ニュース

公開日 : 2017 年 07 月 22 日
更新日 : 2017 年 08 月 01 日

がん教育を日本全国の子どもたちへ届ける–林和彦先生の取り組み

記事2『がん教育はなぜ重要か?がんを正しく理解してもらうための林和彦先生の試み』でご紹介したような取り組みを経て、現在東京女子医科大学 がんセンター長、林和彦先生は診療の傍ら日本全国で子どもたちへのがんの授業や、医療者や教員に対しての講演を行なっています。しかし、このような授業や講演を行えるようになるまでにはさまざまな困難がありました。

本記事では子どもたちへのがん教育のあゆみと、実際にがん教育を行なってみて気づいたことなどについて、林先生に直接お話を伺いました。

「おばあちゃん、気持ち悪い」と耳にして

ある日私は病院で、抗がん剤の副作用により髪が抜け落ちた患者さんに対し、お孫さんが「おばあちゃん、気持ち悪い」といっているのを目にしました。「この子はなんてことをいうのだ!」と初めは驚き、とても悲しい気持ちになりました。

しかし、よく考えてみれば子どもたちはがんのこと、抗がん剤の副作用のことを何も知らないのです。何も知らなければ、髪が抜けることを奇妙に思うのも仕方ありません。この出来事は非常に衝撃的で、これが子どもたちへのがん教育の必要性を感じた瞬間でもありました。

「がん教育を学校で」という思いを胸に教育現場へ

がんを知らない子どもたちにがんに対する正しい知識を伝えるために私が考えたこと、それが学校でのがん教育です。私は自分自身が学校に赴き、子どもたちにがんの知識を伝えることを決心しました。

しかし、がんについて学校の生徒にお話する時間を設けるためには、多くの困難が待ち受けていました。その当時、学校の先生方はがん教育について、何もご存知ありませんでした。電話で教育委員会に電話で掛け合ってもたらい回しにされ、養護教諭たちにがん教育についてのプレゼンテーションをした際には、ただでさえ忙しいのに、これ以上仕事を増やすなといわんばかりの剣幕で否定されました。

しかし途方にくれる私に手を貸してくれたのはがんと深く向かい合った経験のある方々です。がんでお子さんを亡くした教育委員会の先生、元看護師の養護教諭の先生、がん経験者などが私の取り組みに賛同してくださり、共にがん教育を子どもたちに伝える活動に協力してくれるようになりました。今では多くの学校から「がん教育をうちの学校でもやってほしい」というご要望を頂くようになりました。