【疾患啓発(スポンサード)】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 82ccf567 c6a1 411c 9eb1 fd094aa11ae4
網膜の病気で行われる「硝子体手術」とは?手順や合併症について
硝子体手術は、目の手術のひとつです。網膜剥離や黄斑前膜、糖尿病網膜症などの治療で用いられます。目に対して行う手術のため、痛みや不安を覚える方も多いことでしょう。しかしながら、近年では手術器具など...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

網膜の病気で行われる「硝子体手術」とは?手順や合併症について

公開日 2017 年 09 月 20 日 | 更新日 2018 年 09 月 21 日

網膜の病気で行われる「硝子体手術」とは?手順や合併症について
佐藤 拓 先生

高崎佐藤眼科

佐藤 拓 先生

目次

硝子体手術は、目の手術のひとつです。網膜剥離や黄斑前膜、糖尿病網膜症などの治療で用いられます。目に対して行う手術のため、痛みや不安を覚える方も多いことでしょう。しかしながら、近年では手術器具などの進歩により、非常に低侵襲で日帰りでも手術が行えるようになってきています。本記事では硝子体手術の概要や適応疾患、写真でみる術中のようすなどを、群馬県高崎市の高崎佐藤眼科 院長 佐藤 拓先生に解説いただきました。

硝子体手術とは

硝子体手術とは、目の奥にある硝子体と呼ばれる部分に対し実施する手術全般を指します。硝子体とは、水晶体(ものをみるためのレンズ部分)の後ろに存在する、コラーゲンからなるゼリー状の組織です。眼球の内側はこの硝子体で満たされており、硝子体があることで眼球のまるい形を保ち、外から圧力や衝撃がかかったときにそれらを分散させる役割を担っています。

硝子体手術は、糖尿病網膜症や網膜剥離など、網膜になにかしらの異常が起きている際、網膜を守るための手術ともいえます。なぜなら、網膜を含む目の奥の神経は一度悪くなってしまうと現代の医学では治すことができないからです。

硝子体手術の適応疾患

目が見えにくい

硝子体手術の適応疾患の一例は以下のとおりです。

網膜剥離

網膜剥離の広角眼底撮影写真(佐藤拓先生提供)

網膜剥離の広角眼底撮影写真(佐藤拓先生提供)

網膜剥離は、外部からの衝撃や強度近視で眼球の変形が生じ網膜が剥がれやすくなってしまうなど、何らかの原因によって網膜に破れ目(網膜裂孔)が生じて、網膜が網膜色素上皮という部分から剥がれてしまう状態を指します。網膜剥離が起こると視力の低下、放置してしまうと失明するおそれがあります。硝子体手術では剥がれた網膜をガスやレーザーなどにより、復位させる治療を行います。

 

黄斑前膜(おうはんぜんまく)

黄斑前膜は網膜の中心部(黄斑)の全面に膜が張ってしまうことで、黄斑が遮られものが歪んでみえたり視力低下を引き起こしたりする病気です。後述する黄斑円孔よりも発症頻度が高く高齢者や女性に起きやすいといわれています。硝子体手術では黄斑の前に生じた膜を取り除く作業を行います。

黄斑円孔(おうはんえんこう)

黄斑円孔のOCT撮影写真(佐藤拓先生提供)

黄斑円孔のOCT撮影写真(佐藤拓先生提供)

黄斑円孔は網膜の中心部(黄斑)に穴が開いてしまう病気です。穴がごく小さくても、目の中心という視力にかかわる最重要な部分に穴が開いてしまうため、視野の中心がみえないなど多大な影響を生じます。高齢者や近視の方に比較的多く発症します。硝子体手術では、空気やガスなどを使って穴を押して塞ぐ手術を行います。

 

 

加齢黄斑変性

加齢黄斑変性のOCTA撮影写真(佐藤拓先生提供)

加齢黄斑変性のOCTA撮影写真(佐藤拓先生提供)

加齢黄斑変性は加齢によって黄斑が障害を起こし、視力低下や視野の歪み、中心が暗くてみえないなどといった症状を呈する病気です。加齢が主なリスク要因となるため、誰もが加齢黄斑変性を発症する可能性があります。近年では高齢化や食生活の変化などで患者数は増加傾向にあります。

硝子体手術では、加齢黄斑変性で生じた新生血管を抜去するなどの治療が行われていました。しかしながら、最近では抗VGEF薬療法などの内科的治療の進歩により、加齢黄斑変性で硝子体手術を行うことは少なくなってきています。現在では、新生血管からの硝子体や網膜下の大量出血を取り除く目的に硝子体を行います。

加齢黄斑変性については以下の記事をご覧ください。

記事1『加齢黄斑変性とはー症状・原因・治療法を専門医が解説』

記事2『加齢黄斑変性の予防とセルフチェック―ものが歪んでみえたら注意!』

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症の広角眼底撮影写真(佐藤拓先生提供)

糖尿病網膜症の広角眼底撮影写真(佐藤拓先生提供)

糖尿病網膜症は糖尿病による合併症のひとつです。血糖値が上昇することで、網膜の血管が閉塞することにより生じる、網膜表面の新生血管から生じる硝子体出血や黄斑浮腫に対して硝子体手術を行います。日本では後天的な緑内障に次いで後天的な失明要因の第2位にも挙げられています。硝子体注射や硝子体手術の進歩により、助けられる症例が増えてきましたが、進行してしまうと現代の医療でも失明してしまう症例もあります。糖尿病を指摘され、HbA1cが7%以上であれば早めの眼科受診をおすすめします。

 

網膜静脈閉塞症 

網膜静脈閉塞症の眼底撮影写真(佐藤拓先生提供)

網膜静脈閉塞症の眼底撮影写真(佐藤拓先生提供)

静脈閉塞症は、網膜の静脈が詰まり、血液が流れなくなる病気です。眼底出血を起こす主要な原因として挙げられています。高血圧との深い関連があるといわれています。網膜静脈閉塞症での硝子体手術では、黄斑のむくみ(浮腫)を取る、合併症の硝子体出血の治療のために実施されます。黄斑のむくみは硝子体注射でコントロールするのが一般的ですが、注射の反応が低下して、頻回に注射する場合は硝子体手術を検討します。

 

硝子体手術のリスクや合併症

感染症

比較的低リスクだがまれに網膜剥離や感染症などが起きることも

硝子体手術も日々技術が進歩し、非常に小さな切開創、短時間で手術が可能となってきました。それに伴い硝子体手術のリスクも低減しています。しかしながら、いまだリスクはゼロではありません。

術後に起こるリスク・合併症として、感染症、網膜剥離(近視で網膜が薄い患者さんに起こりやすい)、出血が挙げられます。

特に網膜剥離を起こすと、網膜剥離の治療のためにもう一度硝子体手術を実施する必要があります。術後合併症を防ぐため、術後1~2週間の安静と決められた点眼をつけること、見え方の変化が起きた場合はすぐに受診することが必要です。

硝子体手術は入院が必要?日帰りでできる?

入院

施設により異なりますが、硝子体手術は日帰りで手術を受けることが可能です。当院では開院後1年間で300件以上の硝子体手術を実施していますが、日帰りでの手術が難しかったケースはありません。そのため、透析中の場合や、仕事や家庭があっても治療が受けやすくなっています。

治療時間も多くの症例では1時間未満で終了します。軽症であれば15分程度で終了します。麻酔法(点眼麻酔・局所麻酔)も進歩しており、術中の強い痛みを感じることはほとんどありません。

硝子体手術の手順

硝子体手術は、まず白目の部分に3か所の小さな穴を開けます。眼球がしぼまないように灌流液(かんりゅうえき)を入れる器具、眼球内をライトで照らす器具、実際に手術を行う鉗子(かんし)をそれぞれの穴に挿入します。

次に硝子体カッターを用いて、出血や硝子体を切除します。切除した部分には灌流液が入っていきます。このあとは疾患に応じて、新生血管を除去や止血したり、穴が開いた部分をガスの圧を使って塞いだり、網膜の上にある薄い膜を剥がすなど処置を実施します。空気やガスを注入する場合は術後うつむきなど体位の制限があります。

器具挿入時の切開創は0.5mm程度で、ほとんど縫合する必要はなく自然に閉じていきます。ごく小さな切開で済むために感染症のリスクも軽減され、術後の回復が早く、目の違和感も少ないです。

硝子体手術後の見え方は?

視力検査

手術の直後では、硝子体内に空気やガスを入れることが多いため、一時的にみえにくくなることがあります。黒い輪のようなものや細かな点がみえる、水中にいるように視界が揺れてみえることがあります。疾患によりますが、視力回復までには、6~12か月かかるものもあります。

術後は空気やガスが抜けるまで(1~2週間)は安静が必要です。洗顔や入浴は1週間位で通常に戻ります。食事は通常通りで大丈夫です。

硝子体手術を受ける際の病院選び

硝子体手術は近年機器や技術の進歩が早い分野です。しかし発見が遅いことにより、視力予後が異なる場合もあります。軽症例しか扱わない施設や重症例が多い施設など、施設により特徴があります。また医療は医師と患者さんの信頼関係により経過が異なることがあります。そのため、手術担当の医師と手術前によく話をして納得して信頼関係を得てから手術を決断することがいいと思います。是非「目のホームドクター」をもった上で、ホームドクターと相談して専門クリニックを紹介してもらうことをおすすめします。
 

糖尿病網膜症の検査と最新治療―抗VEGF薬からレーザー治療、硝子体手術まで

糖尿病網膜症の検査と最新治療―抗VEGF薬からレーザー治療、硝子体手術まで

名古屋市立大学病院 病院長

小椋 祐一郎 先生

糖尿病網膜症の発症初期には自覚症状が現れないため、気がついたときには手術が必要なほど重症化していることも少なくないと記事1『失明のリスクが高い糖尿病網膜症を予防するには?糖尿病と診断されたら眼科を受診して』でご紹介しました。糖尿病網膜症の予防には、診断後の定期的な眼科受診が必要不可欠です。眼科では眼底検査やOCT(光干渉断層計)といった検査を行い、必要な場合は薬物やレーザー、手術による治療を...

この記事の目次

  • 糖尿病の患者さんに対する眼科検査―何を・どのように検査するのか?

  • 糖尿病網膜症の治療における最新トピック「抗VEGF薬」とは?

  • 抗VEGF薬の課題点―薬価が高く医療費がかかる

加齢黄斑変性(佐藤拓先生)の連載記事

1996年群馬大学医学部卒業後、群馬大学眼科研修医、公立富岡総合病院につとめる。1998年より群馬大学眼科医員、同助手(現助教)、同講師をつとめた。その後2016 年からは眼科クリニック高崎佐藤眼科を開業し、加齢黄斑変性の診断・治療から、硝子体・白内障の手術、硝子体注射、眼科一般診療まで、大学病院で行っている診療を身近に、快適に、患者さんへ提供することをモットーに、患者さんとご家族と一緒に病気に対して向き合う「二人三脚の医療」を行うことで、信頼される眼科クリニックを目指している。

関連の医療相談が14件あります