新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
編集部記事

“酒さ様皮膚炎”とはどんな病気?~皮膚にかゆみや赤み、ブツブツなどが現れる~

“酒さ様皮膚炎”とはどんな病気?~皮膚にかゆみや赤み、ブツブツなどが現れる~
川村 龍吉 先生

山梨大学医学部皮膚科学講座 教授

川村 龍吉 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

酒さ様皮膚炎(しゅさようひふえん)とは、皮膚にかゆみ、灼熱感などを伴う赤みや丘疹(きゅうしん)(ブツブツ)が現れる皮膚疾患です。酒さ(しゅさ)という皮膚疾患と同じような症状が現れるため“酒さ”という名が付いていますが、酒さとは原因や発症の仕組みが異なります。自己判断で間違った対応をすると逆効果となる可能性もあるため、まずは受診し医師に相談することが大切です。

本記事では、酒さ様皮膚炎の症状や原因、酒さとの違いなどについて詳しく解説します。

酒さ様皮膚炎の主な症状は、ステロイド外用剤を長期間塗布した部位にかゆみ、灼熱感を伴う赤みや丘疹、膿、落屑(らくせつ)(角質が厚くなって剥がれること)などの症状が見られます。

酒さ様皮膚炎の原因は、長期にわたってステロイド外用剤を用いることだと考えられています。ただし、ステロイド外用剤の使用を中止したからといってすぐに症状が改善されるわけではなく、中止後数週間から数か月程度は反跳(はんちょう)現象(いわゆるリバウンド)が起き、症状が悪化することもあります。したがって、自己判断でステロイド外用剤を中止せず、まず医師に相談することが大切です。

また、最近ではタクロリムス軟膏といったステロイドでない外用剤でもまれに酒さ様皮膚炎を発症することがあるという報告もあります。

酒さ”も頬や鼻に赤みや吹き出物、腫瘤(しゅりゅう)などの症状を呈しますが、その原因はアルコールや香辛料、日光、デモデクス(ニキビダニ)、ストレスなどの刺激が関連するとされているため、酒さ様皮膚炎とは異なる病気として扱われます。

酒さ様皮膚炎の診断は、ステロイド外用剤の使用歴の有無、病歴、見た目の症状などを総合的に見て行います。また、アトピー性皮膚炎や接触性皮膚炎との鑑別も大切です。

大人のアトピー性皮膚炎の場合、首や背中などにも症状があり、毛穴と同じ場所には丘疹や膿がない点が酒さ様皮膚炎との違いです。一方、接触性皮膚炎は化粧品などによって引き起こされる皮膚疾患で、化粧品を使用している顔全体に赤みが現れることが特徴です。また、酒さ様皮膚炎がステロイド外用剤によって引き起こされる皮膚疾患であるのに対し、アトピー性皮膚炎と接触性皮膚炎はステロイド外用剤を用いて治療を行います。

このように医師は症状などをみながら慎重に診断するため、まずは受診を検討するようにしましょう。

酒さ様皮膚炎の治療は、原因となるステロイド外用剤の使用を中止します。ただし、使用を中止した後はリバウンドが起こる可能性があり、その後数週間から数か月程度は赤みが増したり、ただれや顔のむくみなどの症状が続いたりすることもあります。このような反跳現象による症状が強い場合は、ステロイド外用剤を完全に中止するのではなく、量を徐々に減らしていく場合もあります。

なお、反跳現象による症状を和らげるためには、通常のニキビと同様の治療(抗菌・抗炎症作用のある外用薬や内服抗菌薬の使用)が行われます。

酒さ様皮膚炎は、酒さをはじめ、アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患とも判別することが難しく、自己判断で間違った対応をすると、逆に症状が悪化する可能性も考えられます。また、治療では、まずステロイド外用剤の中止を検討する必要がありますが、反跳現象によって症状がさらに悪化する場合もあるため、医師が患者の状態を見ながら慎重に治療を行います。そのため、自己判断によるステロイド外用剤の中止は控え、気になる症状がある場合は皮膚科を受診して、正しい診断の下で適切な治療を行いましょう。

受診について相談する
「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が3件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しております。有料会員登録で月に何度でも相談可能です。

「酒さ様皮膚炎」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。