Img searchbox
神経

坐骨神経痛

目次

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、座骨神経に沿ってお尻から脚にかけて起こる痛みの総称を指します。坐骨神経痛を引き起こす病気としては、腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症を代表とする脊椎疾患を例に挙げることができます。しかし脊椎に関連した病気のみではなく、血管性病変、腫瘍、内科系疾患、婦人科系疾患、精神的要素など数多くの疾患が坐骨神経痛の原因となり得ます。 原因となる疾患が多岐に渡ることからもわかるように、坐骨神経痛に対しての治療アプローチは実にさまざまです。整形疾患として代表的な腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症であれば、安静や固定、痛み止め、理学療法などによる保存的療法や、症状に応じた手術療法が選択されることになります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

原因

脊髄から枝のように全身に伸びている神経を末梢神経といいます。坐骨神経はそのなかでも最も太く長い神経であり、お尻から太ももの後ろ側を通り、ふくらはぎや足先へとつながっています。坐骨神経痛とは、この座骨神経に関連して生じる痛みの総称を指します。

坐骨神経痛を引き起こす病気としては、第一に整形外科的な疾患である脊椎疾患を例に挙げることができます。具体的には腰部椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、変性側弯症などがあります。また「梨状筋(りじょうきん)症候群」という、骨盤内の梨状筋という筋肉によって坐骨神経が圧迫されて痛みが生じる原因もあります。その他座骨神経痛は、閉塞性動脈硬化症や閉塞性血栓血管炎といった血管性病変、骨盤内腫瘍や脊髄腫瘍などの腫瘍性病変に関連しても発症します。 なかでも腰部椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症は、坐骨神経痛としては原因としては代表的な疾患です。椎間板ヘルニアは、椎間板の内容物である髄核(ずいかく)が周囲の線維輪の一部を破って外に飛び出し、神経根を圧迫することによって痛みを引き起こすという疾患です。また、腰部脊柱管狭窄症では、加齢によって神経が通っている脊柱管の中が狭くなり、神経が圧迫されて痛みを引き起こされることになります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください 

症状

座骨神経痛でみる症状の出現の仕方には、座っている時に痛みが増強し歩くと楽になることもあれば、逆に歩くことで痛みが増強することもあります。さらには運動とは関係なく、お尻からふくらはぎにかけての痛みが生じることもあります。腰部脊柱管狭窄症が原因となる坐骨神経痛では、ゆっくり歩く際には症状はなく、長時間立っていたり長い距離を歩いたりすることで痛みが生じる「間欠跛行(かんけつはこう)」という症状を見ることがあります。痛みが生じている時の苦痛は強く、日常生活にも支障を来すことがあります。 腰部椎間板ヘルニアでは、ヘルニアの発生する部位によって症状の出現様式は異なります。たとえば、もっとも多く発生する第4腰椎と第5腰椎の間のヘルニアでは、第5腰椎神経根が圧迫されるので、ふくらはぎの外側や足の甲から親指にかけて痛みやしびれが起きます。その次に多い第5腰椎と第1仙椎の間のヘルニアの場合は、ふくらはぎの裏側から足の裏や小指にかけて痛みやしびれが起こります。多くの場合、左右どちらか片方の脚が痛くなり、左右両方とも痛むことはまれです。痛みは歩くときよりも座っているときに強くなることが多く、くしゃみや咳をすると腰から脚にかけて痛みが走ります。 神経を圧迫することで生じる座骨神経痛の場合、長時間神経圧迫が続くことでさらなる神経障害が前面に出てくることがあります。すなわち、おしっこがちかくなる、排便をしにくくなるなどといった「膀胱直腸障害」が出現することがあります。

より詳しい情報は、記事①記事②をご覧ください  

検査

坐骨神経痛の原因は整形外科的な疾患のみではなく、内科系疾患や婦人科系疾患など多岐に渡るため、問診や身体所見、随伴症状などに応じて適宜必要な検査が実施されます。 坐骨神経痛の代表的疾患である腰部椎間板ヘルニアが疑われる際には、「下肢伸展挙上テスト」と呼ばれる検査が行われることになります。腰部椎間板ヘルニアが存在するときには、仰向けに寝て脚をまっすぐに伸ばしたまま上にあげていくと、途中で痛みのため脚があがらなくなり、垂直まで持っていくことができません。 坐骨神経痛は整形外科関連疾患として生じることが多いため、画像検査が重要な役割を担っています。すなわち、レントゲン写真やCT、MRI、脊髄造影検査などです。これらの検査を組み合わせることで、脊椎の変形の程度や彎曲、椎間腔(椎間の空き具合)から軟骨組織の変性の度合い、脊髄神経の圧迫状況などを評価します。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

治療

坐骨神経痛は原因疾患が多岐に渡るため、適宜治療方法が選別されることになりますが、第一選択としては保存的治療が基本となります。原因によっては手術による治療介入が考慮されるものもありますが、保存的療法に対しての反応性をみてから適応について決定されることになります。 坐骨神経痛の保存的療法としては、患部の安静を保つことが大切です。運動をきっかけとして症状が増悪することもあるため、一時的に運動をやめることも必要になり得ます。消炎鎮痛剤で痛みに対処したり、筋弛緩薬や血管拡張剤を使用することで筋肉の凝りをとったり血行をよくしたりもします。また装具を利用したり温熱療法をしたり、神経ブロック療法が行われることもあります。 こうした保存的治療方法が奏功しない場合や日常生活に支障を来している場合には、手術適応がある疾患であれば手術を行うことも検討されます。たとえば、腰部脊柱管狭窄症であれば神経圧迫を解除するための手術療法が選択されることがあります。

より詳しい情報は、記事①記事②記事③をご覧ください 

坐骨神経痛に関する記事一覧

もっと見る

この病気の記事に協力していただいている先生

病気検索に戻る