じゅうもうがん

絨毛がん

子宮

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

絨毛がんとは、絨毛という組織に生じる女性特有の悪性疾患です。

絨毛(じゅうもう)とは妊娠に伴って発生する胎盤の組織で、胎児と母親との間で栄養素や老廃物の交換を可能にしています。この絨毛に発生する病気は絨毛性疾患と呼ばれます。絨毛がんの30-50%は胞状奇胎という異常な妊娠に続発します。また絨毛がんは、転移しやすいがんの1つです。

原因

絨毛がんの30-50%は、絨毛性疾患の大半を占める胞状奇胎という異常な妊娠から発生します。胞状奇胎は絨毛の栄養膜細胞の異常増殖と絨毛間質の浮腫を特徴とする疾患で、胎児成分のない全胞状奇胎と胎児成分のある部分胞状奇胎とに分類されます。全胞状奇胎は、女性側の卵子の不活化に伴い、その卵子に受精した精子の染色体のみで2倍体化することで発生します。一方、部分胞状奇胎は通常3倍体で、正常卵子の染色体が保たれたまま、そこに精子が2個受精することにより発生します。

検査・診断

絨毛がんの多くは胞状奇胎の続発であるため、胞状奇胎への治療後に慎重な経過観察が実施されます。

胞状奇胎の治療後、血中hCG(妊娠性ホルモン)を1~2週間ごとに測定して正常範囲を維持しているか確認します。ホルモンが高値を示す場合には続発症の出現を疑い、胸部レントゲン、子宮の超音波検査など精密検査が行われます。また基礎体温も絨毛がんの早期発見に有用と考えられているため、経過観察期間中は計測をおこないます。

経過観察期間中に血中hCGの急激な上昇、胸部レントゲンや子宮の超音波検査で絨毛がんを疑う異常がみつかった場合、絨毛癌診断スコアと呼ばれる診断法でリスク評価を行い、一定の点数以上であれば臨床的絨毛癌と診断します。絨毛癌診断スコアとは、子宮摘出を行わなくても絨毛がんの診断が可能なように考案された診断法です。子宮摘出術や肺転移巣切除術によって摘出された病巣の病理学的検査で絨毛がんの組織と確定されれば、絨毛がんの確定診断になります。

治療

絨毛がんは悪性度が高く進行の早いがんであるため、早期より血行性の遠隔転移を起こす可能性があることから、基本的には化学療法(抗がん剤)による全身的治療を実施します。局所療法である手術(子宮摘出術や肺転移巣切除術)や放射線治療は、絨毛がんでは補助的な治療という扱いになります。

絨毛がんに対する化学療法では、複数の薬剤を組み合わせて投与する多剤併用化学療法を行うのが一般的です。治療終了後には約1年間の避妊期間と、経過観察が必要になります。

「絨毛がん」に関連する他の記事
もっと見る