インタビュー

マイコプラズマ肺炎の検査と診断ー治療を始めるタイミングとは?

マイコプラズマ肺炎の検査と診断ー治療を始めるタイミングとは?
尾内 一信 先生

川崎医科大学医学部小児科科学主任教授  川崎医科大学小児医療センター小児科部長

尾内 一信 先生

マイコプラズマが主に引き起こすのはマイコプラズマ肺炎です。ご自身でも分かるマイコプラズマ肺炎の典型的な症状のひとつは、乾いたしつこい咳です。では、病院ではマイコプラズマ肺炎を診断するために、どのような検査をしていくのでしょうか。マイコプラズマの検査と診断から治療の流れについて、川崎医科大学小児科学教授の尾内一信先生にお話をお伺いしました。

マイコプラズマ肺炎の検査と診断とは

胸部レントゲン撮影

マイコプラズマ肺炎を疑った際にまず行う検査は、胸部レントゲン撮影です。乾いたしつこい咳などの症状があるうえに、胸部レントゲンで異常が見つかった場合には、必要に応じて健康保険が適用されるマイコプラズマの検査(①迅速診断法 ②核酸増幅法 ③血清抗体価測定)を行って、マイコプラズマ肺炎を特定していきます。

迅速診断法、核酸増幅法、血清抗体価測定

迅速診断法は、喉の奥をこすって菌がいるかどうかを調べる検査です。喉の奥をこすった後、20分ほどで結果が出ます。すぐに結果が出る非常に簡便な検査です。

核酸増幅法も、喉の奥をこするか、または痰を調べる検査です。これは結果が出るまでに少し日数がかかるため、すぐに治療に入るときには少し不便です。

一般的な検査としては、上記の迅速診断法に加え、血液検査でマイコプラズマの血清抗体価を測定し、それを組み合わせることによって診断する方法があります。

血液検査における白血球

細菌感染などが生じた場合、血液検査を行うと白血球数の上昇がみられます。一方で、マイコプラズマ肺炎の場合は白血球が正常あるいは低下することが特徴的です。

マイコプラズマ肺炎の検査、診断から治療へ

次に、治療の流れについて説明します。検査により診断を確定してから治療、という流れになることもありますが、症状や胸部レントゲン検査の結果からマイコプラズマ肺炎が疑われる場合は、診断が確定する前に治療を開始することがほとんどです。

治療に使う抗菌薬と対症療法

治療に使用される抗菌薬は、マクロライド系のエリスロマイシンなどが主になります。抗菌薬を10~14日間内服し、効果がではじめると徐々に熱が下がり、咳などの症状も軽減して回復が早まります。

ただし、熱や咳などの症状が強い場合は、解熱剤や鎮咳薬を処方することもあります。マイコプラズマは、抗菌薬ですぐには死滅せず、数週間にわたって体内に生息します。他の人に感染することもあり、咳エチケットなど生活には留意する必要があります。

治療についての詳細は、「マイコプラズマ肺炎の治療について」をご参照ください。

  • 川崎医科大学医学部小児科科学主任教授  川崎医科大学小児医療センター小児科部長

    尾内 一信 先生の所属医療機関

    川崎医科大学附属病院

    • 内科血液内科リウマチ科外科心療内科精神科神経内科脳神経外科呼吸器外科消化器外科腎臓内科心臓血管外科小児科小児外科整形外科形成外科美容外科皮膚科泌尿器科産婦人科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科歯科口腔外科麻酔科乳腺外科呼吸器内科循環器内科腫瘍内科消化器内科肝胆膵内科胃腸内科糖尿病内科内分泌内科代謝内科脳神経内科総合診療科
    • 岡山県倉敷市松島577
    • JR山陽本線(岡山~三原)「中庄駅」 徒歩10分
    • 086-462-1111
    Noimage s150x150

    関連記事

  • もっと見る

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「マイコプラズマ肺炎」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください