インタビュー

マイコプラズマ肺炎の検査と診断ー治療を始めるタイミングとは?

マイコプラズマ肺炎の検査と診断ー治療を始めるタイミングとは?
尾内 一信 先生

川崎医科大学医学部小児科科学主任教授  川崎医科大学小児医療センター小児科部長

尾内 一信 先生

マイコプラズマが主に引き起こすのはマイコプラズマ肺炎です。ご自身でも分かるマイコプラズマ肺炎の典型的な症状のひとつは、乾いたしつこい咳です。では、病院ではマイコプラズマ肺炎を診断するために、どのような検査をしていくのでしょうか。マイコプラズマの検査と診断から治療の流れについて、川崎医科大学小児科学教授の尾内一信先生にお話をお伺いしました。

マイコプラズマ肺炎の検査と診断とは

胸部レントゲン撮影

マイコプラズマ肺炎を疑った際にまず行う検査は、胸部レントゲン撮影です。乾いたしつこい咳などの症状があるうえに、胸部レントゲンで異常が見つかった場合には、必要に応じて健康保険が適用されるマイコプラズマの検査(①迅速診断法 ②核酸増幅法 ③血清抗体価測定)を行って、マイコプラズマ肺炎を特定していきます。

迅速診断法、核酸増幅法、血清抗体価測定

迅速診断法は、喉の奥をこすって菌がいるかどうかを調べる検査です。喉の奥をこすった後、20分ほどで結果が出ます。すぐに結果が出る非常に簡便な検査です。

核酸増幅法も、喉の奥をこするか、または痰を調べる検査です。これは結果が出るまでに少し日数がかかるため、すぐに治療に入るときには少し不便です。

一般的な検査としては、上記の迅速診断法に加え、血液検査でマイコプラズマの血清抗体価を測定し、それを組み合わせることによって診断する方法があります。

血液検査における白血球

細菌感染などが生じた場合、血液検査を行うと白血球数の上昇がみられます。一方で、マイコプラズマ肺炎の場合は白血球が正常あるいは低下することが特徴的です。

マイコプラズマ肺炎の検査、診断から治療へ

次に、治療の流れについて説明します。検査により診断を確定してから治療、という流れになることもありますが、症状や胸部レントゲン検査の結果からマイコプラズマ肺炎が疑われる場合は、診断が確定する前に治療を開始することがほとんどです。

治療に使う抗菌薬と対症療法

治療に使用される抗菌薬は、マクロライド系のエリスロマイシンなどが主になります。抗菌薬を10~14日間内服し、効果がではじめると徐々に熱が下がり、咳などの症状も軽減して回復が早まります。

ただし、熱や咳などの症状が強い場合は、解熱剤や鎮咳薬を処方することもあります。マイコプラズマは、抗菌薬ですぐには死滅せず、数週間にわたって体内に生息します。他の人に感染することもあり、咳エチケットなど生活には留意する必要があります。

治療についての詳細は、「マイコプラズマ肺炎の治療について」をご参照ください。

 

関連記事

マイコプラズマ肺炎の検査と診断①-迅速診断法・イムノカードマイコプラズマ抗体の問題点

マイコプラズマ肺炎の初期症状には、38度以上の高熱や乾いたしつこい咳などがあります。聴診器で聴診しても注意深く聞かないと呼吸音の異常が軽微であったり、画像も淡い陰影であったりするため、初期段階では風邪などと間違われやすく、見逃されてしまう例も多いことがマイコプラズマ肺炎の抱えるひとつの問題点です。

この記事の目次

  1. マイコプラズマ肺炎を診断・治療する前に
  2. 2回の採血による「ペア血清検査」で診断を確定できる
  3. 血清検査の2つの方法-PA法とCF法の違いと特徴
  4. 迅速診断キット・イムノカードマイコプラズマ抗体(IC検査)の問題点

マイコプラズマ肺炎の検査と診断②-起炎菌を特定するための検査

本来、マイコプラズマ肺炎を疑ったときには、細菌を培養して病原菌を同定することが基本とされています。しかし、これには1~2週間ほどの期間がかかるため、早期に疾患を診断することはできません。

この記事の目次

  1. 正確性の高いLAMP法(ランプ法)
  2. 遺伝子検査・LAMP法は全ての病院で受けられる検査ではない
  3. 喀痰のグラム染色で肺炎の原因となる菌を分類できる
  4. 臨床所見と画像所見で積極的に「疑う」こと