【インタビュー】

クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S664x430 2db55e4c 400c 4dbd a103 98ae680b03a9
子どもの肺炎予防―予防接種の重要性
 2018年現在、子どもの肺炎予防に有効な薬はありません。普段からの風邪予防に加えて、予防接種を適切に行うことが重要です。今回は、子どもの肺炎予防法について、国立成育医療研究センター感染症科の小...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

子どもの肺炎予防―予防接種の重要性

公開日 2018 年 06 月 04 日 | 更新日 2018 年 06 月 05 日

子どもの肺炎予防―予防接種の重要性
小川 英輝 先生

国立成育医療研究センター 生体防御系内科部 感染症科

小川 英輝 先生

石黒 精 先生

国立成育医療研究センター 教育センター センター長  臨床研究センター 副センター長・臨床研究教育部長(併任) 血液内科診療部長(併任)

石黒 精 [監修]

目次

 

2018年現在、子どもの肺炎予防に有効な薬はありません。普段からの風邪予防に加えて、予防接種を適切に行うことが重要です。

今回は、子どもの肺炎予防法について、国立成育医療研究センター感染症科の小川英輝先生に詳しくお話を伺いました。

子どもの肺炎予防法

肺炎の予防効果が大きいのは予防接種

ワクチン

肺炎の原因になる微生物による感染を予防できるワクチンは以下の5種類です。(2018年2月現在)

  • インフルエンザ菌b型(Hib)ワクチン
  • 肺炎球菌ワクチン
  • BCGワクチン
  • インフルエンザワクチン
  • 四種混合ワクチン(百日咳・ジフテリア・破傷風・不活化ポリオ混合(DPT-IPV)ワクチン)

子どもがかかる肺炎の原因は、ウイルスが最も多いです。

気道に感染するウイルスで特に有名なのは、インフルエンザウイルスです。インフルエンザウイルスワクチンを接種することで、肺炎での入院を減少させることが報告されています(注1)

また、細菌が原因になる肺炎に関しては、肺炎球菌とインフルエンザ菌b型によるものが多いです。肺炎球菌ワクチンやインフルエンザ菌b型(Hib)ワクチンを接種することで髄膜炎や菌血症が減りますが、肺炎も減ることが報告されています(注2)

まれですが、百日咳菌や結核菌による肺炎もあります。同様に四種混合ワクチンやBCGワクチンを接種することで、これらの感染症が予防することできます。

しかし、残念ながらこれらのワクチンの効果は一生涯続くものではありません。百日咳菌に対する抗体は5年程度で減弱し、BCGワクチンで結核を予防する効果も10〜15年間程度といわれています。

注1:JAMA. 2015,314:148801497

注2:Cochrane Database Syst Rev. 2009;4:CD004977, Eur J Clin Microbiol Infect Dis. 2006:25:90-97

肺炎の治療や予防の薬はある?

肺炎の治療薬

ウイルスによる肺炎の場合は抗菌薬が無効ですが、ほとんどの場合は自然に治ります。根本的な治療法がないため、対症療法(症状を和らげる治療)で様子をみることが唯一の方法です。

一方で小児では、肺炎球菌やインフルエンザ菌b型による肺炎の場合は抗菌薬が有効ですが、ウイルスによる肺炎ほどかかる頻度は高くありません。

また、マイコプラズマ、クラミジア、インフルエンザ、百日咳などの特定の病原体に対しても、抗菌薬や抗ウイルス薬を投与することがあります。

これらの治療を受けることで、症状が緩和されたり、これらの病原体の伝播(でんぱ)を防いだりする可能性があります。

ワクチン以外の薬による肺炎予防は難しい

ワクチン以外で、肺炎を予防する効果が医学的に証明されているものはありません。

医療機関を受診すると、去たん薬や咳止め薬を処方されることが多いと思いますが、これらの薬は現在の症状を少し和らげるための薬であって、肺炎を予防してくれる医学的な根拠はありません。

子どもの肺炎予防のために抗菌薬は使用しない

バツ

理由① 抗菌薬に肺炎の予防効果はほとんどないため

『子どもの風邪*1 における抗菌薬の役割』を検討した、いくつかの主要論文の結果から検討したところ、抗菌薬をつかわなかった場合の肺炎*2 発症リスクは計算上、3.8/10,000だったと報告されています(注1)

これはつまり、抗菌薬はつかわないという選択をしても、肺炎を発症するこどもは10,000人のうち3〜4人程度ということです。

その一方で、抗菌薬の副作用による下痢が出現したり、抗菌薬に対するアレルギーが出現したりと、抗菌薬投与による欠点が利点を上まってしまう可能性もあります。

医師は、患者さん一人一人を個別に判断し、適切にリスク・ベネフィットを考えて抗菌薬を処方しています。抗菌薬について、患者さんもこのようなデータを知っておくことが大切だと思います。

1 子どもの風邪…急性中耳炎(AOM)、咽頭痛、上気道感染(URTI)、副鼻腔炎などを含む小児期の呼吸器感染症

2 肺炎…上気道感染症の重大な合併症

注1:Curr Opin Infect Dis. 2010;23:242-248.

理由② 肺炎はウイルスが原因の場合が多いため

ウイルス

アメリカのデータですが、約2,400人の入院をした小児の肺炎の原因微生物を調べると、約7割がウイルス性であったと報告されています(注)。このように、入院が必要となった肺炎ですら、その多くはウイルス性ということです。ウイルスに対して抗菌薬は無効ですので、肺炎の子ども全員に対して抗菌薬が必要というわけではないのです。

注:N Engl J Med. 2015;372:835-845.

理由③ 耐性菌が増えるリスクを避けるため

抗菌薬を不適切に使用することで、薬剤耐性菌が増えてしまい、将来的に肺炎の治療が難しくなる可能性もあります。

耐性菌の出現を防ぐためにも、風邪に対する不要な抗菌薬治療や、肺炎の予防目的の抗菌薬投与は避ける必要があります。

薬剤耐性菌…抗菌薬に対して抵抗力を持ち、抗菌薬が効かなくなった細菌

日常生活でできる肺炎予防は手洗い・マスク(咳エチケット)

日常生活でできる肺炎の予防方法は、マスクなどの咳エチケットや手洗いを適切に行うことです。一般的な風邪の予防方法と同じです。

手洗い・マスク(咳エチケット)などを適切に行うことでウイルス感染症を予防し、さらには細菌性肺炎などの重症な肺炎の予防にもつながる可能性があります。

詳細はこちら『子どもの肺炎はうつる?うつらない?』

予防接種と手洗い・マスク(咳エチケット)で肺炎予防を!

手洗い

予防接種をしっかり行うことで重症な肺炎を予防することが大切です。

また、手洗いやマスク(咳エチケット)を適切に行うことで、ウイルスによる感染症を予防することも重要です。

肺炎 (小川 英輝 先生)の連載記事

小児感染症を専門とする医師。国立成育医療研究センターに勤め、小児感染症の研究に精力的に取り組んでいる。

血液学をはじめ多分野に精通している小児医療のスペシャリスト。国立成育医療研究センターの血液内科の診療部長を併任している。また、教育研修センター・センター長として若手医師やメディカルスタッフの育成に力を入れ、臨床研究の教育を重点的に実践している。

関連記事