新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

尖圭コンジローマの治療は?内科治療と外科治療の2つの選択

尖圭コンジローマの治療は?内科治療と外科治療の2つの選択
尾上 泰彦 先生

プライベートケアクリニック東京 院長

尾上 泰彦 先生

尖圭コンジローマは、ヒトパピローマウイルス(HPV)が原因で発症する性感染症で、性交渉が盛んな若い世代を中心に年間約10万人もの方々が感染すると言われています。たとえイボが消えたとしても、ウイルスは体内にとどまり続けます。そのために尖圭コンジローマは正しい治療を行い完治させなければ再発してしまいます。今回は尖圭コンジローマの治療についてです。

尖圭コンジローマの治療方法には、「外科療法」と「薬物療法」があります。 外科的療法には外科的切除、電気焼灼(しょうしゃく)、凍結療法(液体窒素)、レーザー治療があります。 もうひとつの薬物療法とは、抗癌剤の軟膏などによる治療方法です。 病変部・大きさ・数・性状・再発傾向・治療歴などをふまえて外科治療方法と薬物治療方法を選択、治療を行います。

しかし、目に見える部位の尖圭コンジローマを治療したとしても、ほかの部位へと感染していることも考えられます。そのため、尖圭コンジローマは数週間にわたり繰り返しの治療を行う場合もあります。

肛門部に発生した尖圭コンジローマ
治療によりこのイボが消失したとしても、原因となるウイルスは体内に存在し続ける

現在保険で使用できる外用薬は、イミキモド5%クリーム(ベセルナクリーム5%®)のみとなります。イミキモド5%クリームは、外性器と肛門周囲の尖圭コンジローマに対して優れた効果を発揮します。ウイルスから身体を守る免疫機能を高めるので、HPVの増殖を抑えたり、ウイルスが感染した細胞を障害したりしてイボを治します。

イミキモド5%クリーム(ベセルナクリーム5%®)は、尖圭コンジローマに1日1回、1週間に3回就寝前に患部に塗ります。6〜10時間後の起床時に、塗布した薬剤を石けんなどを使って洗い流します。イミキモド5%クリーム(ベセルナクリーム5%®)は最低2週間程度(8回)塗布すると、イボやその周辺に赤みやただれ、表皮剥離などの皮膚反応が高頻度(約80%)にあらわれます。このころまでにはイボが少し小さくなっています。イミキモド5%クリーム(ベセルナクリーム5%®)は最大16週間まで保険適用となります。尖圭コンジローマは治療に長い時間を要するので、諦めず継続できるように医師と協力して治療するのが重要です。

日本国内の臨床試験でベセルナクリーム5%を使用した64例の中で、53例(82.8%)に副作用がみられました。確認された副作用として、塗布部位の紅斑・びらん・表皮剥離・浮腫・疼痛などがあげられます。このような皮膚反応が激しく見られる時には、イミキモド5%クリーム(ベセルナクリーム5%®)の使用頻度を下げることもあります。

尖圭コンジローマの外科療法には、イボをマイナス196度にも達する超低温の液体窒素で凍らせて取り除く冷凍療法「凍結療法」、イボを電気メスで焼く「電気焼灼」、レーザー治療はイボを炭酸ガスレーザーで取り除く「レーザー治療」、専用の器具でイボを切除する「外科的切除」があります。これらの治療法の中からイボの状態等によって最適な治療法を選択します。

受診について相談する
  • プライベートケアクリニック東京 院長

    尾上 泰彦 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が18件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

「尖圭コンジローマ」を登録すると、新着の情報をお知らせします

処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。