新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

細菌性腟症の治療方法

細菌性腟症の治療方法
尾上 泰彦 先生

プライベートケアクリニック東京 院長

尾上 泰彦 先生

細菌性腟症は、帯下(たいげ。「おりもの」のこと。)の臭いやグラム標本を用いたNugent法、炎症の所見などから総合的に診断されます。細菌性腟症と診断されると、どのような治療が行われるのでしょうか。国内における性感染症治療の第一人者である尾上泰彦先生に引き続き伺いました。

細菌性腟症の治療方法は腟錠(腟坐剤)を使用する局所療法と、薬の経口摂取による内服療法があります。

  • クロラムフェニコール腟錠100mg (クロマイ腟錠®、クロロマイセチン腟錠®100mg)
  • メトロニダゾール腟錠250mg(保険適応外)(フラジール腟錠®250mg)

いずれかを1日1回1錠を後腟円蓋部に挿入します。これを6日間1クールとして治療を行います。 もしくは、クリンダマイシン(ダラシン®)クリーム(2%、5g)を自家調整(保険適応外)して就寝前の挿腟を3~5日間続けます。このとき薬剤の効果を高めるために、治療初期には滅菌蒸留水もしくは生理食塩水で腟内を洗浄します。帯下の量が多い、もしくは臭いが強い時には、0.025%塩化ベンザルコニウム液、もしくは10%ポピドンヨード液で腟内の洗浄をすることがあります。

保険適応外となりますが、メトロニダゾール1回500mgを1日2回、7日間連続して服用する方法もあります。

細菌性腟症と早産・流産には因果関係があるといわれているため、妊娠中の女性が細菌性腟症と診断された時には、積極的に治療を行うことが望ましいとされています。

妊娠中の女性に治療をする際には、ペニシリン薬のアンピシリン(ABPC)もしくはアモキシシリン(AMPC)2,000mgを1日4回に分けて、7日間服用すると効果を確認することもあります。しかし、これは効果が確立された方法ではないということに留意する必要があります。

萎縮性腟症は比較的高齢の女性にみられることが多く、細菌性腟症に準じた治療もしくはエストリオール腟錠や内服薬による治療が行われるのが一般的です。更年期症状が強くあらわれているときには、ホルモン補充療養のほかに漢方薬を使用する東洋医学的治療が併用されることもあります。

局所療法や内服療法による治療が終了したら、腟内容物の性状検査、グラム染色標本の観察などを観察、自他各所見から判定を行います。この治癒判定は薬物療法終了後から1ク ール後に行われますが、これは不完全な治療を避けるために休薬期間を設けるからです。

受診について相談する
  • プライベートケアクリニック東京 院長

    尾上 泰彦 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

関連の医療相談が10件あります

※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。