ニュース(スポンサード)

心臓病と闘う会「スポーツ心臓リハビリテーションゴルフ」2018年春

心臓病と闘う会「スポーツ心臓リハビリテーションゴルフ」2018年春
沼田 裕一 先生

横須賀市立うわまち病院 病院管理者、公益社団法人 地域医療振興協会 副理事長

沼田 裕一 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

 横須賀市立うわまち病院 心臓病と闘う会では、心臓病の患者さんが積極的に運動に親しみ、生活を改善し、心疾患(心臓病)を克服することを目的として、さまざまな活動を行なっています。2018年5月27日(日)には、葉山国際カンツリー倶楽部にて「スポーツ心臓リハビリテーションゴルフ」が開催されました。本記事では、当日の様子をレポートします。

 

心臓病と闘う会についてのお問い合わせは、横須賀市立うわまち病院HP

横須賀市立うわまち病院 心臓病と闘う会の他イベントについては以下をご覧ください。

記事1:2018年5月12日(土)心臓リハビリテーション教室

記事2:2018年5月26日(土)心臓リハビリテーションハイキング

スポーツ心臓リハビリテーションゴルフについて

 心臓リハビリテーション(以下、心臓リハビリ)において、運動療法は大切な要素のひとつです。心臓リハビリは、心筋梗塞や心臓病の術後など心臓病を患った患者さんの二次予防(同じ病気に再度かからないようにすること)や生命予後の改善、心不全の予防、そしてQOL(生活の質)の改善などを目的としています。当会は、ハイキングやゴルフなどのイベントを通して日々の運動療法のモチベーション向上を図るとともに、体を病んだ方々にもスポーツを楽しむ機会を一緒に取り戻していただきたいという強い気持ちを持って活動に取り組んでいます。

 横須賀市立うわまち病院 心臓病と闘う会では、2018年5月27日(日)に神奈川県の葉山国際カンツリー倶楽部にて「スポーツ心臓リハビリテーションゴルフ」を開催しました。心臓病を持っている患者さん、病院職員を含めた総勢25名が参加し、ゴルフを楽しみました。

プレイ中

医師やコメディカルなどが医療面をサポート

 横須賀市立うわまち病院からは、リハビリテーション科の職員、医師、コメディカル(医療従事者)を含めて19名のスタッフが参加し、医療面のサポートを行います。また、医師会からは医師が4名参加し、医療の専門家として安全なプレーを指導します。さらに、1台のドクターカーが緊急時に備え待機します。

病院スタッフ

ドクターカー

受付後、メディカルチェックを行う

 ゴルフのプレー前、前半終了後、そしてプレー後には「メディカルチェック」を行います。メディカルチェックの内容は、以下の通りです。

  • 問診票の記入
  • 血圧測定
  • 体重測定

ドクターカー

メディカルチェック

開会式

沼田裕一先生からのメッセージ

 開会式では、伝言にて、横須賀市立うわまち病院 院長の沼田裕一先生からのメッセージが読まれました。

 「本日はご多忙のなか多数のご出席を賜り、まことにありがとうございます。心臓リハビリテーション教室では、これまでウォーキングを主体とした運動療法を行ってきましたが、2015年からはゴルフを始めました。この度、第5回スポーツ心臓リハビリテーションゴルフを開催する運びとなりました。ご存知の通り、運動療法は、心筋梗塞や心不全などさまざまな病気を予防し、生活の質を改善する可能性があります。ぜひ、この教室を通じて、運動を習慣化していただけたらと思います。」

参加者の自己紹介・挨拶

 続いて、参加者の自己紹介と挨拶の時間が設けられました。また、事務局によるルール、注意事項の説明が行われました。

準備体操でウォーミングアップ

 ゴルフのプレー前には、準備体操を行いました。記事1でご説明したように、高齢者の場合は運動時に転倒しやすいため、運動前のウォーミングアップは非常に重要です。

集合写真の撮影

 準備体操のあとは、集合写真の撮影を行いました。

プレー開始。それぞれの組に医師がついて医療面をサポート

 いよいよプレー開始です。それぞれの組には、医師会から参加した医師、横須賀市立うわまち病院の医師や看護師が同行し、心臓リハビリテーションの啓発と普及について指導するとともに、緊急時には迅速に対応できるように備えます。カートには薬やAEDも完備され、心臓病の経験者でも安心してプレーできる環境が整っています。

プレー中

プレー中

 途中、適宜休憩を挟みながらそれぞれのペースでゴルフを楽しみました。

 午前中のプレー終了後には再びメディカルチェックを行い、各自昼食をとりました。約1時間の休憩後には、午後のプレーを楽しみました。

プレー終了後、メディカルチェックを行う

 プレーが終了し、到着した方から再びメディカルチェックを行い、シャワーを浴びて汗を流しました。

閉会式・懇親会

 全員が集合し、岩澤先生の挨拶によって閉会式が始まりました。

 「本日はスポーツ心臓リハビリテーションゴルフにご参加いただき、ありがとうございました。体調に気をつけて楽しくプレーでき、たいへん嬉しく思います。これをよい機会にして、今後も楽しく運動を継続していただけると幸いです。」

 その後、食事や飲み物が配られ、懇親会が行われました。

 患者さんや病院スタッフ、医師会の方々は、プレーのことや日常的な健康管理の方法などについて、和気あいあいと歓談しました。

表彰式

 表彰式では、岩澤先生より、ニアピン賞や準優勝、優勝などの受賞者それぞれに表彰状と賞品が授与されました。また、参加した患者さんには参加証書が手渡されました。

閉会式

 閉会式では、岩澤先生より閉会の挨拶がありました。

 「本日はありがとうございました。みなさまのおかげで、スポーツ心臓リハビリテーションゴルフを楽しく開催することができました。怪我なく無事に終えることができ、感謝します。今後も、無理なく運動する習慣を継続していただけるようお願いします。以上をもちまして、第5回スポーツ心臓リハビリテーションゴルフをお開きとします。」

 このようにして、スポーツ心臓リハビリテーションゴルフは無事に終了しました。