新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

歌舞伎症候群とはどんな病気?原因、症状、検査について

歌舞伎症候群とはどんな病気?原因、症状、検査について
大橋 博文 先生

埼玉県立小児医療センター遺伝科 科長

大橋 博文 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

歌舞伎症候群は、ゆるやかな発達の遅れと顔貌に特徴がみられる生まれつきの病気です。それ以外にも症状は多岐にわたりますが、ひとりの患者さんに全ての症状が現れるわけではありません。そのため、病的な部分だけではなく、特別な異常がみられない部分にも目を向け、全身の状態を丁寧に捉えていくことが大切です。

今回は、歌舞伎症候群の概要について、埼玉県立小児医療センター 大橋博文先生にご解説いただきました。

歌舞伎症候群は、遺伝子の異常を原因として発症する生まれつきの病気で、指定難病のひとつです。目元の特徴が歌舞伎の化粧法である隈取(くまどり)と似ていることから「歌舞伎症候群(歌舞伎メーキャップ症候群)」の名前が用いられています。1988年の報告以降、発症率は3万2千人に1人と推定されています。

歌舞伎症候群の原因は、KMT2DKDM6Aという遺伝子の異常とされています。患者さんの50%以上にKMT2D遺伝子の異常、約5%にKDM6A遺伝子の異常が認められることがわかっています。それ以外の30%の症例については、原因が明らかになっていません(2018年時点)。また、KMT2D遺伝子やKDM6A遺伝子の異常は、患者さんからお子さんへと遺伝する可能性があります。

KMT2D遺伝子、KDM6A遺伝子とは?

KMT2D遺伝子とKDM6A遺伝子は、さまざまな遺伝子の発現(遺伝子のもつ情報が具体的に現れること)の制御にかかわる現象に深く関与している遺伝子です。

KMT2D遺伝子やKDM6A遺伝子に異常が起こると、遺伝子の発現や制御にかかわる物質「ヒストン」の「メチル化・脱メチル化」という現象に影響が及びます。メチル化・脱メチル化とは、遺伝子が発現するスイッチのON/OFFを決める現象のことです。

ヒストンのメチル化・脱メチル化に異常が起こると、さまざまな遺伝子が誤ってはたらき、生物の体の大部分を構成する「タンパク質」が正しく合成されなくなります。その結果として、発達の遅れなどの多様な症状が現れると考えられます。

発達の遅れは、約90%の患者さんに共通してみられる症状です。程度は人により差があるものの、軽度から中等度くらいの遅れのことが多く、通常は重度の遅れはみられません。

顔貌の特徴はすべての患者さんに共通しています。外側が薄く弓のような形をした眉、下まぶたの一部が外側に反っていること、切れ長の目、先端が平たんな鼻といった特徴です。

多くの患者さんに筋骨格系の異常がみられます。そのなかでも約30%の患者さんに脊椎側弯(せきついそくわん)がみられます。また、約70%の患者さんに関節弛緩(しかん)(ゆるさ)がみられ、関節弛緩を原因とした関節脱臼(膝、股、肩)を生じることもあります。

たとえば、後ろを振り返るときに体を軽くひねっただけでも膝蓋骨(しつがいこつ)が脱臼することがあります。脱臼を防止するために装具が必要な場合もあります。

多くの患者さんに低身長がみられます。低身長とは、同性同年齢の平均よりも極端に身長が低い状態のことです。生まれたときは問題がなくても、出生後に成長がゆっくりで低身長が現れてくることがあります。

指先に、ポコッと隆起したような膨らみがみられます。この膨らみはフィンガー・パッドと呼ばれており、診断をする際に参考にされる特徴のひとつです。

先に述べた以外にも症状は多岐にわたりますが、ひとりの患者さんにすべての症状が現れるわけではありません。

たとえば、摂食の問題は約70%の患者さんにみられます。滲出性中耳炎を原因とした聴力障害(難聴)は約40%の患者さんにみられます。けいれんは約10%以上の患者さんにみられます。また、体の症状として、先天性心疾患、眼科疾患、尿路異常、歯科口腔異常などが起こることがあります。

<起こる可能性がある合併症>

  • 先天性心疾患…心室中隔欠損症心房中隔欠損症、大動脈縮搾(しゅくさく)
  • 眼科疾患…斜視、ぶどう膜欠損、前眼部異常、視神経低形成、白内障、屈折異常
  • 口蓋裂(生まれつき上あごに割れがみられる病気)
  • 尿路異常…尿管膀胱逆流症、尿道下裂水腎症、腎形成不全、重複尿管
  • 歯科口腔異常…不正な噛み合わせ、歯牙欠損、歯並びの異常

など

歌舞伎症候群は多くの場合、身体所見(診察で体の異常をみること)から診断されます。このような診断方法を臨床診断といいます。歌舞伎症候群では、顔貌やフィンガー・パッドなどの体の特徴が診断の参考となります。

遺伝子検査とは、遺伝子に変化が起こっているかどうかを特定する検査方法です。歌舞伎症候群の検査では、KMT2D遺伝子とKDM6A遺伝子の異常を調べます。どちらかに異常がある場合には診断が確定するため、遺伝子検査を受けることは望ましいと考えられます。ただし、KMT2D遺伝子とKDM6A遺伝子を調べる検査は保険適用されていません(2018年時点)。

遺伝子検査で必ず異常がみつかる?

原因遺伝子が2つ発見されていることから、患者さんのなかでも約70%の方は遺伝子検査により診断を確定することができます。一方、約30%の方は歌舞伎症候群の特徴がみられても、検査では遺伝子の異常が発見されません。その理由として、検査精度に限界があるため、あるいはまだわかっていない他の遺伝子に原因がある可能性などが考えられます。

遺伝子検査は診断を確定するために重要ですが、このように異常が発見できない場合もあることから、歌舞伎症候群では臨床診断が重視されています。検査で異常が発見されなくても顔貌や体の特徴が確認されていれば、歌舞伎症候群と診断されます。

受診について相談する
  • 埼玉県立小児医療センター 遺伝科 科長

    大橋 博文 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が10件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「歌舞伎症候群」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。