新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
疾患啓発(スポンサード)

腎細胞がんの治療法とは――東京女子医科大学病院で行われている治療について

腎細胞がんの治療法とは――東京女子医科大学病院で行われている治療について
田邉 一成 先生

東京女子医科大学病院 病院長/泌尿器科 教授(講座主任)

田邉 一成 先生

目次
項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

腎細胞がんは早期の段階で発見できれば、外科的治療が可能です。前ページでは、腎細胞がんの原因や症状、検査方法についてご説明しました。今回は腎細胞がんの治療のうち、東京女子医科大学病院で行われている治療を中心に、同病院の病院長兼泌尿器科の教授(講座主任)を務める田邉 一成(たなべ かずなり)(先生にお話を伺いました。

腎細胞がんのステージは、以下の観点から判断されます。

  • がんの大きさ
  • 腎臓の外まで広がっているか否か
  • リンパ節やほかの臓器に転移しているか否か

これらの観点をふまえステージ1~4の状態を示したのが以下の表です。

腎細胞がんのステージ(病期)について

*所属リンパ節:最初にがんが発生した病変と直結したリンパ節のこと。

腎細胞がんのステージ(病期)について

腎細胞がんの治療方法は、標準治療に基づいて患者さんの希望や体の状態によって決定します。ここでは、当院で行われている主な治療法について解説します。

腎細胞がんは、外科的手術が標準治療となります。腎細胞がんに対する外科手術の主な術式は、以下の2つです。

腎部分切除術(腎機能温存手術)

腎部分切除術(腎機能温存手術)は、発生した腎細胞がんを含む、腎臓の一部分のみを切除する術式です。残った腎臓の機能を保てるというメリットがあり、術後のことを長期的に考えたとき、腎機能の低下やそれに伴う合併症のリスクを腎摘除術よりも抑えることができるため、より望ましい術式といえます。

この術式の場合には、開腹(開放)手術、腹腔鏡手術、ダヴィンチ手術(ロボット支援手術)というアプローチが選択できます。当院では99%がダヴィンチ手術で実施されています。

根治的腎摘除術

根治的腎摘除術とは、がんが発生した側の腎臓を全て取り除く術式ですが、現在当院ではほとんど実施しなくなっています。腎部分切除術が困難な場合や透析患者さんの腎細胞がん(腎臓が機能していない場合)に対して選択されます。副腎も切除するかどうかは、がんが発生している位置や副腎への転移の有無をふまえて決定します。

通常は手術で片側の腎臓を摘出しても、もう片側の腎臓のみで日常生活に支障をきたすことはあまりありません。

この術式で多くの場合に選択されるアプローチは、腹腔鏡手術です。開放手術と比較しても効果は同等で、低侵襲のため術後の回復が早いといわれています。

腎細胞がんの薬物療法には、分子標的治療や免疫療法があります。分子標的治療とは、がん細胞に特有の分子をターゲットにして、その細胞の機能を制御する治療法。免疫療法は、人間の体に備わっている本来の免疫力を回復させることによる治療法です。

薬物治療はがんが進行し、ほかの臓器への転移が見られた場合などに選択します。治療によって起こる副作用は、薬剤ごとにさまざまです。

当院でのステージごとの術式とアプローチ方法の大まかなイメージは以下の通りです。最終的には、患者さんの希望や状態もふまえて担当医師と相談することになります。

ステージごとの術式とアプローチ

*当院にて自由診療でロボット手術を実施する場合の目安は、20~50万円程度です。

当院では、腎部分切除を行う際、積極的にダヴィンチ(手術支援ロボット)手術を選択し、原則、がんが7cm未満の場合には保険適用で対応しています。

ダヴィンチ手術は、術者が手術支援ロボットのダヴィンチを操作します。術者はモニターに映る患部の立体画像を見ながら、遠隔操作で手術を進めます。

ダヴィンチ手術を行う術者は、一定のトレーニングを積む必要があり、専門の研修認定施設でトレーニングを受講して認定資格を取得します。

なお、当院の泌尿器科に在籍する医師のうち、このダヴィンチ手術の認定資格をもつ者が20名以上、そのうち腎臓がんのダヴィンチ手術を指導できる医師が2名在籍しています(2020年2月時点)。

当院が積極的にダヴィンチ手術を行う理由は、患者さんへのメリットの大きさにあります。ダヴィンチ手術に関するメリットとデメリットを解説します。

低侵襲のため術後の痛みが少なく、回復も早い

ダヴィンチ手術では患者さんの体に1~2cmの穴を数か所開け、ロボットのアームや内視鏡を挿入します。傷口が小さいため、皮膚や筋肉を切開したことによる痛みが、通常の手術よりも少なくなります。また翌日から食事をとれる場合も多く、入院期間に関しても、ダヴィンチ手術は腹腔鏡手術や開放手術と比較して入院期間が短く、当院では多くの場合、3日ほどで退院となります。

人間の手よりも繊細な作業が可能

ダヴィンチは術者の手と全く同じ動作を行いますが、術者の手ぶれを制御する機能があります。さらに、腹腔鏡の画像と比較して、鮮明に術野をとらえることができます。そのため、人間の手よりも、より繊細に手技を行うことができます。

より腎機能の温存が期待できる

一般的に、腎細胞がん部分切除を行う際には、腎臓へ向かう血流を一時的に遮断するという処置を行います。ダヴィンチ手術では精巧な操作が可能なこともあり、縫合などの処置がスムーズに行えるため、阻血時間の短縮が可能です。阻血時間が短くて済むことで、開放手術や腹腔鏡下手術よりも腎機能の温存が期待できます。

臓器を触った感覚がない

ロボットを介した遠隔手術となるため、触覚がありません。必要以上に臓器を圧迫して、傷つけてしまう可能性もあるため、注意深い操作が必要です。

残った腎臓が正常に機能していれば、生活に支障がでることはあまりなく、日常生活を送るなかで特別注意すべきこともありません。

食事

残った腎臓の機能に問題がなければ、ほとんどの場合、食事制限は不要です。ただし、慢性腎臓病の予防のためには、肥満や塩分の過剰摂取に気を付けるとともに、水分を十分量とることが重要になります。

ほかの病気の影響

糖尿病高血圧など、腎臓の機能を悪くする病気がある場合には、それらを悪化させないように心がけましょう。また、場合によっては、それらの症状を抑えるために服薬が必要となることもあります。

別の医療機関で処方された薬の服用

内服薬や画像検査に用いる造影剤の中には、腎臓の機能に影響を与える薬剤もあります。ほかの医療機関で検査を受けたり、新たに処方された薬を服用したりする際には、事前に担当医師に相談しましょう。

治療後は体の状態やがんの転移、再発がないか定期的に通院をして検査を行います。定期健診で行う主な検査は超音波検査やCT検査、MRI検査です。検査の時期などについては担当医師と相談のうえ決めることになります。

腎がんは治療から10年以上経過してから再発することもあります。定期的な通院が終わった後も、健康診断や人間ドックを受けておくと、再発時の早期発見につながります。

腎細胞がんは早期発見、治療を行うことができれば、比較的、予後が良好ながんといえます。発見されたらすぐに医療機関を受診し、主治医と相談のうえ治療を受けましょう。

受診について相談する
  • 東京女子医科大学病院 病院長/泌尿器科 教授(講座主任)

    田邉 一成 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

    なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。