しかん

子癇

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

子癇とは、妊娠20週以降に初めてけいれん発作を起こし、その原因として、てんかんや二次性けいれんが否定されるものです。つまり、明らかな原因のない妊娠中のけいれん発作と定義づけられています。

発作の発症時期により、妊娠子癇・分娩子癇・産褥(さんじょく)(分娩が終わった後の期間)子癇に分けられます。

 

原因

子癇の危険因子としては、以下が挙げられます。

  • 妊娠高血圧症候群
  • 10代での妊娠
  • 初産婦
  • 双胎妊娠
  • 子癇の既往歴
  • HELLP症候群

など

子癇の病態の詳細はまだ明らかになっていませんが、高血圧に伴う一過性の脳浮腫が原因といわれています。

血圧が急激に上昇すると、脳の血管は収縮して、脳に流れる血液の量を一定に保とうとします。しかし、血圧の高さが限界を超えると、脳の血管は拡張し、脳に一気に多くの血液が流れ込みます。

この血液量に血管が耐えられなくなると、血管から外へ血液の成分が流れ出し、脳浮腫(のうふしゅ)を引き起こします。

症状

子癇の症状としてはまず、子癇前症とよばれる、頭痛・眼華閃発(がんかせんはつ)(目を閉じると花火のような光を感じる現象)・上腹部痛・反射亢進が挙げられます。これらの症状が出現した場合は発作が起きる可能性があるため、注意深く経過をみます。また、妊娠期に子癇前症が出現した場合には、早期の分娩が考慮されることもあります。

子癇発作を反復すると脳浮腫が悪化するため、脳ヘルニアを引き起こすことがあり、場合によっては死に至る可能性もあります。また、発作中は呼吸が停止した状態になるため、胎盤(たいばん)に酸素がいかず、胎児機能不全・胎児低酸素血症・胎児死亡などが起きる可能性もあります。

その他にも、常位胎盤早期剥離(じょういたいばんそうきはくり)、肺水腫、多臓器不全などを発症するケースがあります。

検査・診断

子癇の発生するメカニズムは詳細までわかっていませんが、血圧が上昇することが誘因のひとつであることは確かです。そのため、妊婦健診での血圧の変動に注意し、血圧が急激に上昇するようであれば入院管理などを行います。

また、子癇を発症した場合は、脳の状態(脳卒中の有無など)の評価のためにCTや、必要であればMRIを行うことがあります。

治療

子癇の治療には、以下の3つの要素があります。

救急救命処置

子癇が起きたまさにそのときに行う治療です。まず、呼吸できるようにするため、気道確保を行い、その後、酸素を送り込みます。また、誤嚥(ごえん)防止のために顔を横にします。けいれん時は口を激しく開閉することがあるため、舌を噛まないよう、舌圧へらなどの医療器具を使用します。

発作の制御と再発予防

子癇発作は強い光や大きな音に反応して起こることがあるため、静かな暗い部屋で安静を保ちます。ときにはアイマスクなどを使用することもあります。

さらに、けいれん発作の予防のために硫酸マグネシウムを持続点滴し、血圧を下げるための薬を使用します。発作時の鎮静のための注射を行う場合もあります。

早期の分娩

妊娠・分娩中の子癇の場合には、胎児の状態に注意を払います。子癇発作後には、胎児の状態が急速に悪化(胎児機能不全)しやすいため、早期の娩出を検討します。すぐに分娩ができそうになければ、原則的には帝王切開での分娩となります。分娩後は血圧が下がり、多くの場合は寛解(かんかい)します。