ちゅうすいえん

虫垂炎

大腸・小腸

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

虫垂炎とは、大腸の一部である盲腸の虫垂(ちゅうすい)に炎症が生じている状態です。一般的に「盲腸」と呼ばれることも多い病気です。小児から高齢者まで、幅広い年齢層において発症することのある、頻度の高い病気のひとつです。

虫垂炎では右下腹痛や吐き気、食欲不振などの症状が現れます。ただし、必ずしも典型的な症状がみられるわけではありません。そのため、非常にありふれた病気ではあるものの、正確な診断が難しいこともあります。

軽度であれば、抗生物質により炎症を抑え込む治療が行われます。ある程度進行した虫垂炎は、手術による治療が必要です。手術には、お腹を開く「開腹術」と、腹腔鏡を用いた「腹腔鏡下術」があります。どのような手術方法を選択するかは、病気の進行具合や全身状態などにより変わります。

原因

虫垂の閉塞

小腸から大腸に移行する部分には、盲腸と呼ばれる部位があります。盲腸から出ている親指のような突起物を「虫垂」と呼びます。虫垂の一方の端は盲腸に開いていますが、反対側の端は行き止まりになっています。そのため、虫垂のなかに堅い便が詰まったり、虫垂の壁が腫れて内腔を塞いだりすると、虫垂内の圧力の逃げ場がなくなります。

虫垂内の圧力が上昇すると、虫垂の血流が障害を受け、虫垂粘膜に十分な血液が行かなくなったり、血の塊が形成されたりするといった変化が起こります。さらに細菌感染を合併することで炎症は助長され、虫垂炎の発症に至ります。炎症が進行すると虫垂の外にも炎症が波及し、「腹膜炎」と呼ばれる状態になります。

虫垂が塞がる原因

虫垂が閉塞する原因のひとつである硬い便は糞石と呼ばれます。糞石の形成には、食物繊維が少ない食生活が関与しているとの考えもあります。また虫垂壁の脹れは、ウイルス性胃腸炎などに関連すると考えられています。

症状

虫垂炎の症状は、時間経過に応じて変化するという特徴があります。初期の段階では食欲低下や気持ち悪さ、へその周囲の不快感などが自覚されます。炎症が波及するにつれて、痛みの症状は正中部から右下腹部へと移動するようになります。炎症が腹膜に広がると、高熱が出たり、痛みのために歩行困難にもなったりします。

子どもの虫垂炎

最近では虫垂炎の発症年齢が低化し、小学校低学年での発症が増えました。ときには幼稚園児にも起こるようになっています。小さなお子さんの場合、虫垂炎になっても自分で症状をうまく伝えることができず、診断が難しくなることがあります。お子さんが不機嫌な様子だったり、いつもより泣いたりするといった症状を見落とさないことが重要です。

検査・診断

虫垂炎の診断は、時間経過による症状の変化を確認することが重要です。検査時には、虫垂がある右下腹部を中心とした痛みがあるか、腹膜へ炎症が及んでいないかを確認します。初期には炎症の状態が血液検査の結果に反映されないこともあるため、腹部エコー検査やCT検査などといった画像検査により、虫垂の炎症状況を確認します。

治療

虫垂炎の治療方法は、(1)腸管の安静を保ちながら経過を見る保存療法と、(2)虫垂切除を行う手術療法の二つが大きく存在します。軽い症例には保存的治療、中程度の場合は手術というように、治療方法は進行の程度に応じて選択されます。

手術の方法には、比較的負担が少ない腹腔鏡下手術と、お腹を開く開腹手術の2つがあります。重症例の場合は開腹手術が選択されることも多くなります。

虫垂炎は、炎症が進行して重症化すると虫垂壁が破れる「穿孔(せんこう)性虫垂炎」に至ります。穿孔性虫垂炎のうち、時間が経過していない症例には手術が行われます。時間が経過して膿瘍(のうよう)を形成している場合は、抗菌薬による保存的治療を一定期間行い、一旦手術を回避したあとにタイミングを待って手術を行うこともあります。

「虫垂炎」に関連する他の記事
もっと見る