困っている人を助けるためなら、どんな努力も惜しまない

DOCTOR’S
STORIES

困っている人を助けるためなら、どんな努力も惜しまない

脳神経外科医として患者さんに誠心誠意向き合ってきた寳金清博先生のストーリー

北海道大学大学院保健科学研究院 高次脳機能創発分野 特任教授
寳金 清博 先生

日本初の心臓移植がきっかけで医師の道へ

医師を志した理由は、ひとつではありません。さまざまな出来事が私を医師に導いたと思っています。なかでももっとも大きなきっかけは、中学生のときに行われた「和田心臓移植」でした。

それは、1968年に実施された札幌医科大学の和田寿郎教授(当時)による日本初となる心臓移植です。心臓移植が行われた札幌医科大学の近くに住んでいたこともあり、加熱する報道を見ながら「医療は心臓まで取り替えることができるんだ」と驚いたことを覚えています。当時の私にとっては非常に衝撃的な出来事で、自分も将来、何らかの形で医療に関わりたいと思うようになりました。

脳神経外科を専門にすることを決意

医療の中でも、漠然とではありますが、外科の道に進むことを決めていました。私を医師へと導いた心臓移植の影響もあり、手術を手がける外科の分野に惹かれたのです。

なかでも、医学部に進学後は、さまざまな授業を受けるうちに脳を専門にしたいと思うようになりました。脳の分野には治療が難しい病気が多く、医学の中でも学びがいがあると思ったのです。自分の医師人生をかけるにふさわしいという思いもあり、最終的に脳神経外科を専門にすることを決めました。

医師として影響を受けたひとりの先生

家族の中に医師はいませんでしたが、通っていた小学校の同級生のご両親の中には、医師が少なくありませんでした。その方たちの影響は少なからず受けていると思います。

たとえば、仲のよい同級生のお父さんは、消化器外科の医師でした。先生の娘さんと私が幼い頃から仲がよかったこともあり、勉強を見てくれるなど、非常に可愛がってくださったのです。医学部に進学後も、自分のところにきて学ぶよう進言してくださいました。実際に、当時先生が勤めていた病院に通いながら、手術技術を教わったこともあります。

知識や技術を学んだことはもちろんのこと、医師として技術を磨き続ける姿勢など、その先生には大きな影響を受けました。医師になり40年近くになりますが、今でも感謝している恩師のひとりといえるでしょう。

「困っている人を助けるために精一杯努力する」親の教えを胸に

医師の仕事に従事するなかで、何よりも親の教えを大切にしてきました。それは、「困っている人を助けるために精一杯努力しなさい」というものです。実際に、私の親は周囲の人々を助けるために努力を惜しまない芯の強い人でした。そのような姿を見ながら、いつの間にか身についていた教えを、医師になってからも大切にしてきたのです。

医師として当たり前のことかもしれませんが、何よりも患者さんを救うために全力を尽くすことを心がけてきました。それは、自分が治療することができる患者さんだけにとどまりません。自分が治療することができない病気を抱えている場合には、手紙を書くなどの手間を惜しまず、専門とする先生に紹介するなど手を尽くすようにしています。

また、患者さんに対して、とにかく親切に接するようにしています。必要があれば、ときには患者さんを注意することもあります。「患者さんのために自分ができることであれば何でもする」という心構えで、常に患者さんと向き合うようにしています。

自分の治療がきっかけで看護師になった患者さん

医師になってから、印象的な患者さんにたくさん出会いました。患者さんとの出会い一つひとつがかけがえのない財産であると思っています。

最近のエピソードをひとつご紹介します。病院のある集まりの際に、若い看護師さんに「先生、私のことを覚えていますか?」と聞かれました。話を聞くと、彼女は昔、私の患者だったというのです。良性の脳腫瘍で治療を受け、その治療がきっかけで看護師を志したと話してくれました。

驚くと同時に、非常に感動したことを覚えています。医師としての自分の行動や姿勢が、患者さんの人生に影響を与えたことを知り、胸が熱くなりました。

よりたくさんの患者さんを助けるために

どんな仕事にも大変な面があると思います。それは医師も例外ではありません。実際に、医師を続けることには、エネルギーがかかると実感する日々です。しかし、私は医師を選んでよかったと思っていますし、大きなやりがいを感じています。

私たちが関わる患者さんたちは、基本的になんらかの病気を抱える方たちです。病気という困難を抱える方たちを、治療によって直接助けられるところにやりがいを感じながら医師を続けてきました。

今後は、後進の育成に努めながら、約40年間の医師人生で築いてきたネットワークを利用して、診療体制の構築などにも貢献していきたいと思っています。これからも、困っている人を助けるために精一杯の努力を惜しまず、医師人生に邁進していくつもりです。

この記事を見て受診される場合、

是非メディカルノートを見たとお伝えください!

医師のストーリー医師には医師のドラマがある

道とは自ら切り拓くもの。明日の医療をつくり、支えたい

大阪大学医学部附属病院 心臓血管外...

澤 芳樹 先生

病気という“心配の種”を取り除き、人生に光を与えられる存在でありたい

横浜市立大学附属市民総合医療センター 脳神経外科 部長

坂田 勝巳 先生

日本のリハビリの質を向上させ、患者さんと社会に貢献したい

横浜市立大学附属市民総合医療センターリハビリテーション科 准教授

若林 秀隆 先生

医師と患者さんは、同じ目標を持つチーム同士

JAとりで総合医療センター 脳神経...

河野 能久 先生

他の医師を見る

同じ所属病院の医師

「受診について相談する」とは?

まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

  • <お客様がご相談される疾患について>、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
  • <受診の際には原則>、紹介状をご用意ください。