インタビュー

橋本病など甲状腺機能低下症と妊娠、日常生活の注意点

橋本病など甲状腺機能低下症と妊娠、日常生活の注意点
杉澤 千穂 先生

横浜労災病院 内分泌代謝・糖尿病内科

杉澤 千穂 先生

齋藤 淳 先生

横浜労災病院内分泌代謝内科部長 千葉大学医学部臨床教授

齋藤 淳 先生

甲状腺機能低下症は女性に多い病気ですが、まったく症状を引き起こさないケースも、治療が必要のないケースもあります。しかし、甲状腺機能低下症では流産や早産が増えてしまうことがあります。甲状腺機能低下症と妊娠についての詳細なお話と日常生活における注意点について、横浜労災病院の杉澤千穂先生にお話をお聞きしました。

橋本病など甲状腺機能低下症と妊娠

たとえ甲状腺機能低下症の患者さんが妊娠中でも、甲状腺ホルモンをきちんと服用し、治療を継続していきます。甲状腺機能低下症に関しては、「妊娠中は薬を飲まない」という発想はありません。

さらに、本来は治療の対象としない「潜在性甲状腺機能低下症」が不妊治療中や妊娠中は治療の対象になります。「潜在性甲状腺機能低下症」とは甲状腺ホルモンは正常なものの、TSHが高いことをいいます(参照:橋本病など甲状腺機能低下症の治療。レボチロキシン(チラーヂンS®)の内服)。

(根源にあるのは、代表的な甲状腺昨機能低下症の原因である橋本病が必ずしも甲状腺機能低下症を来すわけではなく、橋本病と診断される方の多くは甲状腺機能は正常であるということです。。)

TSHは脳から出て甲状腺を刺激するホルモンです。つまり、甲状腺は少し弱っているものの、脳が甲状腺を刺激することにより代償している状態と理解することができます。

潜在性甲状腺機能低下症では流産・早産が増えるといわれています。つまり、甲状腺機能低下症は妊娠中や不妊治療中こそしっかり治療していかねばなりません。不妊治療中の人たちはスクリーニング検査(不妊治療を始める前にやる検査)で甲状腺機能について調べることが多いです。
また、前述したように潜在性甲状腺機能低下症では流産・早産が増えるといわれています。そのため、妊娠中は甲状腺ホルモンを補充する必要があります。

また、甲状腺ホルモンは成長を促していく働きもあります。そのため、赤ちゃんが成長するためも甲状腺ホルモンは必要です。赤ちゃんが自分で甲状腺ホルモンを作るようになるのは大体17週くらいで、それまではお母さんの甲状腺ホルモンを使って成長します。そのため、それまでは特に甲状腺ホルモンが十分にある状況の方が望ましいだろうと考えられています。

さきほど、TSHが10を上回ると治療の対象になることが多いと述べましたが、妊娠初期に関してはTSHが2.5を下回るように、妊娠後期はTSHが3を下回ることを目安にコントロールしていきます。TSHは甲状腺機能が低下しているとそれを補うために脳から出る「甲状腺刺激ホルモン」でした。つまり、TSHが高ければ高いほどからだが無理をしている状態です。TSHが下がったということはからだが無理をしていないことを意味します。

※ただし、不妊治療を一生懸命している方に潜在性甲状腺機能低下症が見つかり、甲状腺ホルモンを補充したとしてもそれで不妊が改善したかというエビデンス(科学的な確証)はまだとれていません。

橋本病など甲状腺機能低下症、日常生活の注意点

一般的に、ヨードを摂りすぎると甲状腺機能低下症になることがあることが知られています。しかし、ヨードを多く含む海藻(ワカメや昆布など)も普通に食べている分には甲状腺機能低下症にはなりません。

しかし、たとえば毎日大量のトロロ昆布を食べていたり、昆布エキスのサプリメントを大量に飲んでいたりする人は甲状腺機能低下症になってしまうことがあります。つまり、偏食・過食は避けなければいけません。
また、イソジンのうがい液はヨード含有量が多いです。イソジンにより何度も何度もうがいをすると甲状腺機能低下症を起こす危険があるため、注意が必要です。