新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら
インタビュー

橋本病など甲状腺機能低下症の治療。レボチロキシン(チラーヂンS®)の内服

橋本病など甲状腺機能低下症の治療。レボチロキシン(チラーヂンS®)の内服
杉澤 千穂 先生

横浜労災病院 内分泌代謝・糖尿病内科

杉澤 千穂 先生

齋藤 淳 先生

横浜労災病院 内分泌代謝内科部長、 千葉大学医学部 臨床教授

齋藤 淳 先生

甲状腺機能低下症は女性に多い病気ですが、まったく症状を引き起こさないケースもあり、なかには治療が必要のないケースもあります。甲状腺機能低下症はどのようなときに治療をすべきなのでしょうか。すべきときにはどのように治療をするのでしょうか。甲状腺機能低下症の治療について、横浜労災病院の杉澤千穂先生にお話をお聞きしました。

レボチロキシン(チラーヂンS®)という薬は甲状腺ホルモン製剤です。不足した甲状腺ホルモンを内服することにより補充していきます。

1日1回内服します。最初は少量からスタートし、定期的に血液検査をしながら少しずつ内服量を増やしていきます。どれくらいの量を飲むべきかは人によって異なります。飲み始めてもすぐに効果を示す薬ではなく、安定した効果を得られるまでに時間がかかります。

レボチロキシン(チラーヂンS®)は非常に副作用の少ない薬です。薬のコーティング剤(薬を飲みやすくするため、糖類などの膜になるもので薬のまわりをコーティングしている物質)に対するアレルギーはありえますがそれすらも多くはありません。ただし、誤ってレボチロキシン(チラーヂンS®)を多く飲み続けてしまうと、逆に甲状腺機能亢進症の症状が出現することがあります。それでも、これもきちんと医師と相談しながら内服をしている人にはまず起きません。

甲状腺ホルモン製剤の過剰摂取でよくあるのは、外国から輸入されるような「やせ薬」の成分に入っていて、知らないうちに過剰摂取してしまうことです。甲状腺ホルモンが過剰になると代謝が上がってやせる作用があるため、海外のやせ薬には含まれていることがあります。これらのやせ薬を飲み過ぎて、それが原因となり不整脈で死んでしまうことすらあるので、注意しましょう。

飲み合わせについては注意が必要です。レボチロキシンの吸収を妨げる内服薬(マグネシウム製剤・アルミニウム製剤・鉄剤など)との飲み合わせには注意しましょう。これらの薬をどうしても併用しなければならない場合は、内服する時間をずらして飲むことが必要です。

甲状腺の機能が低下し、甲状腺ホルモンであるFT3やFT4が低下してくると、TSH(甲状腺刺激ホルモン)が脳から出て、甲状腺を刺激してなんとか甲状腺ホルモンを出そうとします。きちんとTSHが出て甲状腺機能低下が代償されている(補われている)状態では、治療の対象とならず、様子を見ることができる場合も多くあります。治療を開始する目安は、TSHが10を超えた場合です。TSHが一桁台であれば様子をみることが多いです。しかし自覚症状によっては、TSHが10未満であっても、治療を開始する場合があります。後述するように、甲状腺の機能は低下していてもTSHが代償している状態を潜在性甲状腺機能低下症といいます。

きちんと薬を飲めば甲状腺ホルモンは十分にコントロールできます。「薬を完全にやめられるのか?」という点については完全に経過は人それぞれです。甲状腺ホルモン製剤の内服をやめられる方もいますが、経過によってはやめられない方もいます。

甲状腺機能低下を放置しても何も身体に悪影響がない患者さんがいます。一方で、流産や早産が増えるデータもあります(参照:「橋本病など甲状腺機能低下症と妊娠、日常生活の注意点」)。患者さんが置かれている状況によって対応は異なり、一概に「放っておくとこうなる」ということはできないのが現状です。

甲状腺機能が低下することで全身の代謝が低下し、疲労感や体重増加、むくみや冷えなど、心身に様々な症状が現れる「甲状腺機能低下症」。甲状腺機能低下症と診断された場合は、甲状腺ホルモン製剤による治療を行うこととなります。

この記事の目次

  1. 潜在性甲状腺機能低下症とは、その定義-血液検査でわかるTSH、FT4の値
  2. 潜在性甲状腺機能低下症の頻度
  3. 潜在性甲状腺機能低下症の原因とは
  4. 潜在性甲状腺機能低下症と鑑別が必要な病態
  5. 潜在性甲状腺機能低下症の症状、放置すると生じうる病気や健康問題
  6. 軽度の脂質代謝異常
  7. 動脈硬化や心筋梗塞などの心血管疾患
  8. 潜在性甲状腺機能低下症の身体・精神症状
  9. 潜在性甲状腺機能低下症の妊娠・出産への影響
  10. お母さんの潜在性甲状腺機能低下症が赤ちゃんの精神発達遅延と関連している可能性
  11. 潜在性甲状腺機能低下症が顕性甲状腺機能低下症へ進展することもある
  12. 潜在性甲状腺機能低下症の生命予後
  13. 潜在性甲状腺機能低下症の治療を行うデメリット
  14. どのような人であれば、治療を積極的に行うべきか?

やせとは、栄養不足などがおもな理由で、肥満度がマイナス20%以下のものを指します。栄養摂取不足によるものがほとんどですが、見逃せない病気が隠れている場合もあります。

この記事の目次

  1. やせ
  2. 糖尿病(とうにょうびょう)
  3. 甲状腺機能低下症(こうじょうせんきのうていかしょう)・亢進症(こうしんしょう)
  4. ケトン性低血糖症(ていけっとうしょう)・アセトン血性嘔吐症(けっせいおうとしょう)
受診について相談する
  • 横浜労災病院 内分泌代謝・糖尿病内科

    杉澤 千穂 先生

  • 横浜労災病院 内分泌代謝内科部長、 千葉大学医学部 臨床教授

    齋藤 淳 先生

「メディカルノート受診相談サービス」とは、メディカルノートにご協力いただいている医師への受診をサポートするサービスです。
まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。
  • 受診予約の代行は含まれません。
  • 希望される医師の受診及び記事どおりの治療を保証するものではありません。

    関連の医療相談が22件あります

    ※医療相談は、月額432円(消費税込)で提供しておりますが、アプリからは初回のみ無料でご利用頂けます。初回利用後も、自動で課金される事はありません。

    「甲状腺機能低下症」を登録すると、新着の情報をお知らせします

    処理が完了できませんでした。時間を空けて再度お試しください

    「受診について相談する」とは?

    まずはメディカルノートよりお客様にご連絡します。
    現時点での診断・治療状況についてヒアリングし、ご希望の医師/病院の受診が可能かご回答いたします。

    • お客様がご相談される疾患について、クリニック/診療所など他の医療機関をすでに受診されていることを前提とします。
    • 受診の際には原則、紹介状をご用意ください。