インタビュー

妊娠高血圧症候群とは? 原因と予防法-血流が滞り胎児に影響がでる可能性も

妊娠高血圧症候群とは? 原因と予防法-血流が滞り胎児に影響がでる可能性も
成瀬 勝彦 先生

奈良県立医科大学 産婦人科学教室講師/産科医長

成瀬 勝彦 先生

妊娠高血圧症候群とは、妊婦さんに発症する高血圧症です。場合によっては蛋白尿を伴うこともあり、放っておくと胎児にも影響が出る可能性があるため、慎重な対応が必要となります。妊娠高血圧症候群の原因から予防、日常生活での注意点に至るまで、奈良県立医科大学 産婦人科学教室講師/産科医長の成瀬勝彦先生に詳しくご解説いただきました。

妊娠高血圧症候群とはどんな病気?

妊娠高血圧症候群の定義

日本産科婦人科学会によると、妊娠高血圧症候群は「妊娠20週以降に高血圧がみられ、分娩後12週までに改善する場合、または妊娠前からの高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつこれらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものでないもの」という定義がなされています。

妊娠高血圧症候群という病名が使われるようになったのは2005年から

かつて、妊娠中期以後の妊婦に①高血圧②蛋白尿③浮腫(むくみ)といった症状のうち2つ以上が現れた場合、「妊娠中毒症」と病名をつけていました。しかし医学研究が進んでいくにつれ、このなかの高血圧だけが特化して母体や胎児に悪影響を及ぼすことが判明してきました。ここから、高血圧と診断された妊婦の方はより慎重に容態を管理する必要があるとして、2005年4月に「妊娠高血圧症候群」という病名を使うことに決定しました。

高血圧の基準は収縮期血圧140mmHg以上、もしくは拡張期血圧90mmHg以上です。最近の高血圧学会で重視される家庭血圧については産科領域でも導入が考慮されていますが、基準を設定するには至っていません。

また、妊娠高血圧症候群は早発型・遅発型、軽症・重症など、発症時期や症状によって分類されています。

 

妊娠高血圧症候群の分類

発症時期

妊娠32週未満 早発型
妊娠32週以降 遅発型
症状

収縮期血圧160mmHg以上

もしくは拡張期血圧110mmHg以上

重症妊娠高血圧
それ以下 軽症妊娠高血圧
蛋白尿 300mg/日以上 妊娠高血圧腎症
2g/日以上 蛋白尿重症

 

妊娠高血圧症候群の原因。どうして妊娠高血圧症候群になるのか

有力な原因としては、胎盤の血管の形成異常および血管内皮の増殖、腎障害などが挙げられている

はっきりとした原因は不明です。しかし、日本人の妊娠高血圧症候群で最も有力な原因として考えられているものに、胎盤の血管の形成異常および血管内皮の増殖、腎障害、炎症性サイトカイン(サイトカインの詳細は『妊娠高血圧症候群と脂肪組織の関係』)による影響が挙げられています。

ヒトの胎盤は、形成過程で一度子宮側の血管(らせん動脈)を破壊して、より多くの血液が赤ちゃんに行き渡るよう、妊娠10~15週にかけて血管壁の構造を作り直すという特性があります。脳が発達しているヒトや高等猿類は、血流を十分に脳へ届ける必要があるからです。

ところが妊娠高血圧症候群のお母さんの体内では、この血管壁の再構成が不十分に終わってしまうのではないか、という可能性が示唆されています。その結果、胎盤を経由して赤ちゃんに到達する栄養素や酸素の授受が不完全になってしまいます。母体はそれを何とかしようと、お母さんの体を高血圧状態にまでして赤ちゃんに栄養素や酸素を流そうとします。これが現在考えられている妊娠高血圧症候群の原因のひとつです。

しかし、このほかにも考えられている原因はいくつか存在します。たとえば元来の子宮の環境が原因となる説、あるいは遺伝子の問題をとらえる説などがあります。

妊娠高血圧症候群になった際、お腹の赤ちゃんへの影響は?

血流が滞りがちになり、栄養不足や酸素不足になってしまう可能性も

妊娠高血圧症候群になってしまうと子宮や胎盤で血流が滞りがちになってしまうため、赤ちゃんが栄養不足や酸素不足になってしまう可能性があります。

低栄養状態になった赤ちゃんは胎児発育不全(FGR)となり、十分にお腹の中で成長しないまま生まれてきます(低出生体重児)。また、低酸素状態になると赤ちゃんが低酸素症になり、それが長期にわたると赤ちゃんの脳にも障害が及んでしまう恐れがあります。最悪の場合、子宮内胎児死亡(お腹のなかで赤ちゃんが死んでしまうこと)の可能性も否定できません。

妊娠高血圧症候群は食事内容と関係がある?

極端な食事制限は弊害のほうが多い

現在では、体重制限に対して否定的な見解が増えています。日本人はもともと、そこまで肥満の方は多くいらっしゃいません。むしろ近年は痩せ志向が強く、痩せ型の妊婦のほうが多い特徴があります。

食事制限で妊娠高血圧症候群が減少できるという根拠はなく、むしろ生まれてきた赤ちゃんが小さくなる可能性が高まります。さらには、お腹のなかで低栄養状態だった赤ちゃんが、加齢後に生活習慣病になるリスクが通常の赤ちゃんよりも高まるという仮説(胎児成人病仮説)も挙がっています。そのため、極端な食事制限は弊害のほうが多いと考えられるでしょう。食事面では、「食べない」のではなく「必要以上に食べない」ことを意識することが大切です。

体重増加の目安としては、BMI18.5~25.0の方であれば、7~12㎏程度の増加に収めることが望ましいとされます。

また、極端な塩分制限をしても妊娠高血圧症候群を予防する効果はありません。ただし、軽症の場合で妊娠前から塩分を過剰摂取していた妊婦さんであれば、若干の効果が期待できる可能性もあります。目安としては、1日7g~10gが適量です。

食事量・塩分量は、妊婦さんの体質や体格によって多少の差が生じますので、主治医や助産師、栄養士とよく相談することが大切です。

妊娠高血圧症候群を予防するにはどうすればいい?

睡眠や運動、リラックスも重要

妊娠高血圧症候群を確実に防ぐ効果的な予防法はまだ見つかっていません。

ただし一般的には、以下の3点は多少効果があるのではないかといわれています。

  • 休養と睡眠
  • 適度な運動
  • リラックス(精神安定)

基本的には、妊婦さんは安静にしてもらうことが一番だといわれています。体を動かす仕事に就いている場合は、できる限り早い段階で休職するほうが、妊娠高血圧症候群を予防するという面では無難です。体を横にしていると、赤ちゃんへ届く血流の量が増加します。赤ちゃんを大きくさせるためには、横になることが唯一の方法であり、胎児発育不全の予防にもつながります。

そして、産婦人科医のもとできちんと管理をしてもらうことも重要です。妊婦健診をきちんと受診し、しっかりと周産期管理を受けましょう。場合によってはアスピリンを服用するケースもあります。